2021年10月3日日曜日

人生相談(ワクチン接種への不安)

□新型コロナワクチンの接種率

令和3年10月1日に,新型コロナワクチン接種(以下,ワクチン接種と省略)率が,1回以上接種者は70.4%,2回接種完了者は59.8%であるとの統計が,首相官邸サイトで発表されました。


私への人生相談でも,ワクチン接種に関する相談はあります。


メインの人生相談は別の内容ですがサブ的な相談として,ワクチン接種に関して私(木村)はどう判断しているか,あるいはワクチン接種に向けて背中を押してほしい,といった内容の相談です。


どの相談も,ワクチン接種の副作用が心配だという理由は共通しています。



□私の見解と回答

私は医療従事者ではなく,ましてやワクチン接種の専門家ではありません。そのため,この点に関する適切な回答は専門家の説明になります。


そのため私としては,この相談に関して私の立場でも示せることを,証拠をまとめて回答しています。


今回は,その回答の一部をベースとして作った話を取り上げます。あくまでも専門家の説明ではなく,単なる娯楽ネタとしてお読みください。



□ワクチン接種すると人間の遺伝子が書き換えられる?

メッセンジャーRNAワクチンを注射すると,注射された人間の遺伝子が書き換えられるのではないかという不安です。


人は誰でも,これまでに蚊や蜂や蛇などの生き物に刺されたり噛まれたりして,毒のほかに遺伝子の入った体液を注入されてきているはずです。私もそうです。


ワクチンのメッセンジャーRNAで人間の遺伝子が書き換わるなら,昔から刺したり噛んできた生き物の遺伝子で,人間の遺伝子が書き換えられてきているはずです。つまり人類は大昔から,蜂男や蛇男になっているはずだということです。


しかし,虫に刺された部分が腫れる,あるいは蜂や蛇の毒でアナフィラキシーショックを起こすことはあっても,そのような現象は見たことも聞いたこともありません。


人間に他の遺伝子を注入したら影響を受けるのであれば,人類誕生のときから影響を受けているということです。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html