2021年8月28日土曜日

人生相談(人生のステージ)その9

その8はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2020/09/blog-post.html


今回は、(人生のステージ)その4

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2013/10/part4.html

で出た、次のステージに進むための条件を掘り下げます。


なお記事中で取り上げている相談例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。



□次のステージに進むための条件

人生の次のステージに進むには条件を付けられている場合があり,その条件として,


(1)精神を鍛える

(2)自分の人生観や生き方を確立する

(3)現在の環境を抜け出す決心をする


があると説明しました。


しかし人生相談を続けていると,(1)を掘り下げた内容がさらにいろいろとあることがわかってきました。


そして,そのいろいろとある内容の共通点は,「精神的境地を高める」であることもわかってきました。


つまり,精神的境地を高めることで,次のステージに進めるというものです。

逆に言えば,精神的境地を高めないと,次のステージに進めないというものでもあります。



□どのような精神的境地になればよいのか

これは人により異なりますが,主に次の3つを見かけます。


(1) 「何が来てもどんとこい」という心境になる

現在のステージで,同じパターンの試練が何度もやってきます。最初は逃げていましたが,そのうち逃げずに取り組むようになり,最後はどんとこいで取り組むようになると,現在のステージが終了して次のステージに進むというものです。


(2) 自分だけでなく周囲への配慮ができるようになる

簡単にいえば,自分のことしか考えないわがままな気持ちから,周囲の人のことも考えられるようになるというものです。


(3) 抱えている悩みが吹っ切れる

現在の抱えている課題について吹っ切れる,これまでためらっていたことがためらわずにできるようになる,というものです。



□相談例

ある40代の女性からの相談です。


勤め先が廃業となり,次の仕事を探している最中だそうです。


自分にふさわしい次の仕事をどうすれば得られるのか,またこの機会に自分の前世や守護霊からのメッセージを知りたい,という相談内容でした。


相談者を霊視すると,次の仕事については,相談者の守護霊から以下のイメージが届きました。


「相談者の目の前に,大きく活躍する世界があります。


しかし今の状態では,相談者が出す波長とその世界の波長とが合わず,その世界に入ることができません。


相談者の精神的境地が,あと一歩高くなると相談者が出す波長が変わり,大きく活躍する世界と波長が合って,その世界に入っていけます。」


というイメージです。



□相手を尊重することで境地が上がる

霊視した結果を話して状況を伺うと,その女性は恵まれた境遇で育ち,人に頭を下げることが少ない仕事をしてきたことがわかってきました。また,人を尊重しない(見下してもいませんが)傾向も感じました。


そして霊視した結果を合わせると精神的境地を高めるには,人に頭を下げる境地,人を尊重する境地を身に付けることがわかってきました。


そのため面談で,

「何もあなたが仕事で,下に出る必要は今後もないです。相手が何かをしてくれたらそれには礼儀としてお礼を言う,そしてどのような人であろうとも礼儀として相手を尊重した応対をする,そういう習慣を身に付けるということです。その習慣を身に付けることで,次の仕事の世界に入れるようになります。」

といった内容の説明を行いました。


それから1か月半ほど経ったある日,その女性からメールが届きました。


知り合いを介してある会社の経営者と会う機会ができ,その経営者と話していたら,「あなたを気に入った,うちに来ないか」と誘われたそうです。


経営者から,受け答えがしっかりしているし相手を尊重するところも見える,と言われ私を思い出したそうです。


私から,それが大きく活躍する世界のようですが,念のためその経営者や会社を調べておいてください,必要ならその経営者を霊視します,と返事しました。


その後その女性から新規にメール相談の申し込みがあり,その経営者を霊視した結果を説明し,さらにいろいろな相談事項にメールで回答しました。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2021年8月15日日曜日

人生相談(物に宿った想念)その7

その6はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2018/01/6.html


今回は中古品に関する質問を取り上げます。


なお,質問内容を理解する上で,その6やそれ以前の記事をあらかじめ読まれることをお勧めします。



□中古品には使っていた人の想いがこもっていますか?

例外的なものを除いて,想いはこもっていないか,あっても少なく問題のないレベルです。


物に宿った想念ですが,

(1) 前の所有者がどういう気持ちで手放したか

(2) 手放した後もその物に未練をもっているか

がポイントということです。


前の所有者が,要らなくなった物を処分しようという気持ちで手放したなら問題ないということです。

処分する気持ちで手放したなら,その物に未練は持たないからです。


ですから中古品を買っても,物に宿った想念に関する問題は,次に取り上げる例外を除いてありません。



□例外となる場合

例外は,カードゲームのレアカードや人形など思い入れの強い品物で,なおかつ盗品や拾ってきた品物である場合です。


これは,盗まれた人の恨みや未練の想いがこもっている可能性があり,それを所有すると物に宿った想念(生き霊)に取り憑かれます。


対策としては,怪しい店や売主からは購入しないことです。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年8月7日土曜日

人生相談(勉強しても頭に入らない)その4

その3はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/07/blog-post_22.html


勉強しても頭に入らない原因ですが,

(1) 学習方法や教材が関係する原因

(2) 心理的な理由が関係する原因

(3) 霊的な理由が関係する原因

に分けられます。


(1)は,私に相談を申し込まれる前に,すでに取り組まれています。


前回は(3)に関する原因の一つを取り上げました。今回も(3)に関する原因の一つを取り上げます。


なお取り上げた事例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。

できるだけ自然な内容となるように創作しましたが,あくまでも創作した話としてお読みください。



□霊的な理由(その2)

これは他人が発した想いが蓄積されて生き霊になり,その生き霊が頭を霊的に締め付けようとして邪魔しているというものです。


事例をもとに詳細を説明します。


ある男子高校生の母親からの相談です。


子供が高校3年になってから,頭が締め付けるような感触があって勉強に身が入らないという相談内容です。勉強したことも,頭に入らないそうです。


医者に診てもらいましたが何も原因がわからないこと,そしてその締め付ける感触がこの世のものではないような気がすると,お子さんが話したそうです。


その話をもとに,私に相談することにしたそうです。



□友達の母親が発した想いらしい

お子さんの男子高校生を霊視しました。


霊視してすぐに,頭の周りを蛇のような生き霊が取り囲んでいるのが見えました。


相談者の母親に状況を説明して,お祓いを始めました。


お祓いを始めると,その蛇のような生き霊は私に,「うちの子にとって邪魔なの」というメッセージを発してきました。


ここからは多分に想像が入りましが,どうも男子高校生の友達の母親が発した想いが蓄積され,それが生き霊となったようでした。


その母親の子と相談者のお子さんの男子高校生とが,おそらく大学推薦の枠か何かで競合する関係になっていて,それを知った母親が妬みのような想いを発したのではないか,と仮説を立てました。


しかしその仮説を相談者の母親に話すと,無用な対立が生じます。


そのため相談者の母親に,お子さんは誰かから妬まれていて,その妬みの想いが生き霊になったようです。誰かまでは特定できませんが,お祓いで生き霊は無くせますので,お子さんは気にせずに友達付き合いを続けたらいいです,という説明を付け加えました。



□通常よりお祓いの手間がかかった

男子高校生の頭部の周囲にエネルギーを送り,生き霊が雲散霧消するようにお祓いを行いました。


最初は,生き霊があがく反応を見せましたが,次第に弱くなっていきました。


通常よりもお祓いの日数がかかりましたが,存在を感じなくなりました。


それとともにお祓いのエネルギーが,生き霊を発した人(おそらく友達の母親)にまで逆流するように届いて,その人を多少清めた感触がありました。


生き霊を発した人を多少でも清められた場合,その人がしばらくの間想いを発することをやめる効果が期待できます。


つまり,生き霊が再びできることを防ぐ,再発防止の効果が期待できます。


何か月もしたら,清めの効果はなくなり元に戻るでしょう。しかしそのときは,高校卒業時の大学入試も終わっているでしょうから,もう関係者の気持ちも変わって妬むこともないはずです。


私から相談者の母親に,お祓いが終わったことを報告しました。


相談者の母親からは,お子さんが頭の重たさが取れた感触があると話したことを知らせてくれました。それとともに母親から見て,お子さんは以前の快活な状態に戻ったそうです。


※その5を掲載しました

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/09/5.html



□ブログ記事の索引

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html