2020年6月17日水曜日

人生相談(内観)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2020/04/1.html

内観にはいくつかの意味がありますが,ここでは自分の心の状態を知ることに意識を集中することとします。

その1で,内観で前世の情景が見えるケースについてとりあげました。

今回は,内観で守護霊からのメッセージが伝わってくるケースについて取り上げます。

なお掲載している相談例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。


□内観で守護霊からのメッセージが伝わってくる
ある女性からの相談です。

その女性は内観を行っており,守護霊か何かの存在からの働きかけやメッセージを感じることがあるそうです。

そして,人生の分かれ道での判断は,内観にしたがって行ってきたそうです。

私との人生相談で,私が相談者の守護霊から伝わってきたメッセージと説明すると,そのメッセージと内観で得られたメッセージが共通しているとのことです。

私が説明するメッセージは,ご自分の内観で得られたメッセージにはないものもあり,また内観で得られたメッセージを補完する内容のものもあることから,何回か相談を利用されています。

つまり,セカンドオピニオンとして,私の相談を利用されています。このような利用も,私の相談を繰り返し利用される人の中にはおられます。


□相談内容
今回の相談内容ですが,勤め先で人事異動があり,昨年度とは別の職場に配属されたとのことです。その異動した職場が,自分に合わないという相談内容です。

自分は研究職で入社したのに,研究開発部門から営業部門に異動になったため,力を発揮しにくいらしいです。

相談者が内観すると,異動に関してあの世からの力が働いているように感じるとのことで,その状況や理由について知りたいというものです。


□職場での自分の役割
まず一般論として,高い能力と見識をもった人は,
(1) 自分の能力を高める目的で,レベルの高い職場で活躍する
(2) 自分の能力で職場の業績を高めたり,同僚や上司の意識を高めるために活躍する
の2つの目的があり,天命によってどちらかの目的で活躍されることが多いです。

霊視したところ相談者の守護霊からは,(2)の目的で配属され,それは本人の今後の人生で役立つ経験にもなる,というメッセージが伝わってきました。

そのため,それを回答しました。

すると相談者から,内観で伝わってきたメッセージも同様であったが,そこまで詳しくはなかったので参考になった,との返事がありました。


□ブログ記事の索引
https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html