2020年1月10日金曜日

人生相談(箱庭療法)その1

人生相談を申し込まれる人の中には,過去に心理カウンセリングを受けた人もときどきおられます。

心理カウンセリングで用いられる療法の一つとして,箱庭療法があります。

この箱庭療法と,霊的な人生相談との接点について取り上げます。

なお取り上げている事例は,実際にあったいくつかの相談をもとに創作したものです。


□箱庭療法とは
ウィキペディアのWebサイトでは箱庭療法を,

「箱庭療法は、心理療法の一種で、箱の中にクライエントが、セラピストが見守る中で自由に部屋にあるおもちゃを入れていく手法。表現療法に位置づけられるが、作られた作品は言語化されるときもある。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%B1%E5%BA%AD%E7%99%82%E6%B3%95

と説明しています。

私は大学の心理学科で心理学を学びましたが,この箱庭療法も実習しました。

サイズは特に規定はありませんが,だいたい小さな机くらいの枠のある箱庭と,砂と,様々な人や動植物,家や家具などのミニチュアを揃えます(セットが売られています)。

その砂やミニチュアを使って,心の赴くままに風景を作りますが,できあがった箱庭は意識の状況(情景)を反映しており,心理カウンセラーと自分とでその箱庭を分析するというものです。



私に人生相談を申し込まれる人で,過去にこの箱庭療法を受けた人も,ときどきおられます。

そして霊視して見えてきた前世の情景を説明すると,その情景と箱庭療法で作った箱庭がほぼ一致する,と話す相談者さんもおられます。


□作った箱庭が過去世の情景という場合もある
この箱庭療法でつくられた箱庭ですが,顕在意識の情景が反映されている場合もあれば,顕在意識の下層にある潜在意識の情景,あるいは過去世の記憶にある情景が反映されている場合もあります。

その情景が,強烈な出来事が起きたものであればあるほど,箱庭で再現される可能性が高いという傾向を感じます。

この再現性とは,情景に含まれるいくつかのポイントが,箱庭で再現されている度合いということです。


□相談の事例
ある女性(以後,相談者)からの相談です。
自己卑下や罪悪感が強いという悩みがあるそうです。

転職やスキルアップ,自分の精神的境地の向上を目指しても,「自分なんかが・・・」という気持ちが強くて挫折を繰り返している,という相談内容でした。

その相談者の前世を霊視すると,家が燃えた後の残がいのそばで,茫然と立ちすくしている情景が入ってきました。不注意から,自分がその家を燃やしてしまったようです。

次に,相談者のそばを霊視すると,別の女性が立っていました。やりとりすると,相談者の前世での母親でした。

前世の母親は火事で亡くなっていたのでした。

そして霊視を続けると,それ以来,自責の気持ちや罪悪感が強くなり,その感情は自己卑下の気持ちへと変化し,その感情が魂の記憶(潜在意識といってもいいです)にとどまって,今生でも疼くように出ているという状況がわかりました。

その前世の情景と前世の母親の説明を,1回目の回答として送りました。

すると相談者からすぐに,2回目の質問(相談)がありました。

まず前世の情景と,以前受けた箱庭療法で作った箱庭が一致する,という感想がありました。

私への相談の前に,心療内科を訪れ,箱庭療法を行ったそうです。

作った箱庭は,家が燃えて廃墟となった場所に自分が立っているものであり,後ろの隅で年配の女性が自分を見ている,というものでした。

箱庭を見た心理カウンセラーから,その年配の女性は誰かと聞かれ,母親だと思うと答えたそうです。


□隅で母親が見ている意味
霊視を続けると,相談者のそばにいる前世の母親は相談者に対して,「恨んではいない,もう過去は忘れて生きていってほしい。」というメッセージを送っているのがわかりました。

それを,2回目の回答のメールで伝えました。

その後,3回目の質問(相談)のメールに書いてありましたが,相談者はその2回目の回答を読んで泣き出したそうです。


□カウンセリングと人生相談の違い
そして,箱庭の意味がわかり驚いたことと,後ろの隅で母親が自分を見ている意味合いについて,3回目の質問(相談)として聞かれました。

私からの3回目の回答で,「これはいくつかの解釈ができますが,亡くなった前世の母親があの世から見ていることを表しているのではないか。あるいは,自分の隠された感情(罪悪感)を表しているのかもしれない。」と回答しました。

心理カウンセリングでは,母親の意味について,カウンセラーがコーチングしながら,クライアントが自分で答えを探し当てるように導きます。

前世を霊視して説明する霊的な人生相談では,思い込みや決めつけをしないように配慮しながらも,母親の意味について私の解釈を説明します。

質問と回答のやりとりと並行して,意識の底にある自責や罪悪感の感情を解放させて,相談を終えました。


□その2を掲載しました
https://kimura-kouichi.blogspot.com/2020/01/2.html



□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html