2019年9月24日火曜日

人生相談(気分が殺伐とする)

今回は,なぜか殺伐とした気持ちになってしまう,という相談を取り上げます。

なお,ここで取り上げている相談内容は,実際にあった相談をもとに創作したものです。

□殺伐とした気分の日々に嫌気がさしています
ある女性からの相談です。

自分でもわからないが,なぜか殺伐とした気分になってしまう,それで周囲の人と対立も生じており,何とかしてほしいという相談です。

配偶者や親や周囲の人に対しても,人を見ているだけでなぜか苛立ちを感じてしまうとのことです。

親切にしてくる人に対しても苛立ちを感じ,その人と喧嘩になったときのことをなぜか考えてしまうそうです。


□前世で理不尽に殺され,怒りと不安が消えない
この種の相談では,これまでの人生で周囲は敵ばかりという状況で生きてきたことがあり,その今生の記憶と習慣が影響しているのが原因,というケースがありました。

しかし霊視してみると,今生とは異なる原因でした。

相談者は前世は,中国の戦国時代で,武将の妻でした。

政略結婚で好きでもない相手と結婚し,武将の殺伐とした日々に付き添うことになり,そして戦で追われて逃げて,パニック状態のまま殺されました。

殺されたときの感情ですが,なぜ自分は意に沿わぬ結婚をして,そして夫のせいで追われて殺されるのか,といった理不尽な気持ちが強かったです。

また不安感や絶望感もあり,強いものでした。

それらの感情が,今生に影響を及ぼしていたのでした。


□前世の記憶に絡みつく感情を解放させる
これまで何度か説明してきましたが,魂に過去世の記憶が保存されており,そして記憶には,そのときの感情が絡みついています。

楽しい出来事には楽しい感情が,苦しい出来事には苦しい感情が絡みついています。

今回の相談では,理不尽や気持ちや不安感・絶望感が,殺されたときの記憶に絡みついていました。

その感情を解放することで,記憶は感情の絡みついていない単なる記憶となり,それにより苦しめられることがなくなります。

この感情の解放を一週間かけて行い,ほぼ解放させました。

相談者からは,不意に怒りがこみあげてくることがなくなり,一人のときに幸せだなと感じられるようになった,との報告がありました。

殺伐とした感情が,消えたということです。

配偶者や周囲の人との関係も,楽なものになったそうです。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年9月14日土曜日

人生相談(やる気がでない)

今回は,仕事や日常生活でどうにもやる気が出ない,という相談を取り上げます。

なお,ここで取り上げている相談内容は,実際にあった相談をもとに創作したものです。
また,取り上げている説明は,私個人の見解です。


□やる気が出ない原因
大きく,以下の二つに分かれます。
(1) 意識(顕在意識と潜在意識)に原因がある
(2) 霊的な力や過去世に原因がある

(1)ですが,主な副因として次のものが考えられます。
(1-a) 目的がない(例えば,進学する気がないので勉強する気が起きない)
(1-b) インセンティブがない(例えば,お金が得られないので取り組む気が起きない)
(1-c) 嫌なことが待っている(例えば,同級生と会いたくないので登校したくない)
(1-d) やる気を出す習慣がない(例えば,何かに熱中する人生を送ってこなかった)
(1-e) やる気を出す状況ではない(例えば,ショックからまだ立ち直れていない)

(1)の原因が当てはまらない場合,(2)の原因が考えられます。(2)の原因もいくつかあります。


□恨みの想い(念)を受けている
関係のある人から継続的に恨まれている場合,その恨みの想いがある境界線を超えると,自発的に行動するようになります。

自発的に行動するといっても昆虫レベルですが,これを生き霊(いきりょう)とよびます。

この生き霊が,恋愛関係の恨みの念でできたものであれば,その人の恋愛や婚活を邪魔しようとします。

そしてこの生き霊が,活躍している人を恨んでできたものであれば,その人の活躍を邪魔します。つまり,やる気を抑えつけようとします。

このような生き霊でやる気を抑えつけられた場合,その人は押さえつけられたような感触がしたり,どこかに閉じ込められたような感触を味わうことが多いです。

生き霊は,恨みの想いを送る人が恨むことをやめた場合,何もしなくても数か月で消えていきます。

ケースバイケースですが,多くの場合,数日間のお祓いで生き霊が消えていって解決する場合もあります。


□過去世の自分が邪魔をする
このブログで何度も説明していますが,人間の魂は大根のような構造になっています。

前世や前々世など過去世の自分は,今生の自分と別人格です。生まれ変わった回数だけ,大根の葉のように別人格として存在しており,それらは白い根(魂の本体)でつながっています。

そして今生の自分に,過去世の自分がときどき影響を及ぼすことがあります。

この影響ですが,過去世の自分が怠惰な人生を送っていた場合,今生の自分に「一生懸命に取り組まなくていい」といった想いを発することがあります。

その影響により,やる気が出ないというものです。

この原因の場合,私が相談者の過去世の人格とつながり,過去世の人格が発している様々な想いを感じ取っていきます。

それにより,影響が減り,やる気が出るようになります。

この想いを感じ取っていく作業ですが,早ければ一晩で終わる場合があります。その場合,相談者は翌朝目が覚めたら,心の中で邪魔するものがなくなっている,と感じることもあるそうです。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年9月2日月曜日

人生相談(法事と供養)その6

その5はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2017/03/4.html


その6では,供養に関する相談について取り上げます。
なお,ここで取り上げている相談内容は,実際にあった相談をもとに創作したものです。
また,書かれている回答は,私個人の見解です。


□今はご仏壇やお墓がないのですが,作ったほうがいいですか?
ご先祖の供養で最も大切なのは,供養する人の気持ちです。
ですから個人の成仏を願う気持ちがあれば,それで供養はできますし,供養の効果も十分にあります。

ただし,故人の写真や位牌などを置いたご仏壇があったほうが,供養に集中できますし,供養を続けやすいです。

同様に,お墓もあったほうが供養を続けやすいです。その点から,仏壇もお墓も先人の経験と知恵が反映されているといえます。

結論をいえば,ご仏壇やお墓がなくても供養はできますが,あった方が供養を続けやすいです。


□何をお供えすればいいですか?
このことでは昔,冝保愛子さんという高い霊視能力を持っておられた女性が,テレビで供養を説明していた番組がありました。

そのときの説明では,
・線香とお水を供える。お水はコップに入れたらよいし,線香立てがなければ湯呑みに磨き粉を入れたものに線香を立ててもよい
・故人の好きな食べ物や飲み物を供える。その気持ちが故人に伝わる。
・水難事故で亡くなった人は暖かい飲み物,火事で亡くなった人には火傷の薬を供えるのもよい。
ということでした。私も同意見です。


□供養する人の想いが故人に伝わる
付け加えると,供養する人の想いが故人に伝わるので,故人が求めていた(であろう)想いが生じるようにすればいいです。

例えば喉が渇いた状態で亡くなられた場合,水を供えます。供養する人が水を見て,喉がうるおされる気持ちになり,その気持ちが故人に伝わって,故人が癒されます。

故人が火事で亡くなられた場合に火傷の薬を供えると,供養する人が薬を塗って火傷が落ち着く気持ちになり,それが故人に伝わって癒されます。

故人が生前好きだった飲み物や食べ物を供えるのも,供養する人がそれを飲食した気持ちになることで,その気持ちが故人に伝わって故人が満足感を味わえます。

そしてお供えした物は,しばらくしたら片づけたらいいですし,食べ物でしたら供養後に食べてもいいです。食べることで,その触感や満足感が,さらに故人に伝わることでしょう。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html