2019年6月25日火曜日

人生相談(厄介な人)その2

※タイトルを「悪人について」から「厄介な人」に改題しました。
その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/06/1.html

その2では,やたら他人を批判する人を取り上げます。

他人を批判する人といっても,やたら批判する原因はいくつもあります。

今回はその原因の一つを取り上げます。


□霊視で見える特徴
人生相談で,やたら批判してくる人に関する悩みが,少なからずあります。

私がその人を霊視すると,二つの特徴を感じます。

(1) 精神を霊視すると,理性が抜け落ちたような状態に見える
なぜそうなったのかまではわかりませんが,理性が空っぽに近い状態で,感情で言動を動かしているように感じます。
ですからその人とやりとりすると,発言内容や主張が首尾一貫しなかったり,想像での発言や決めつけが多かったりします。

(2) その人の上半身の周りに,その人が発した想いが,雲のように漂っている。
その人は,理性が感情を抑えない状態になっていますので,その人が発した想いが強いものとなっています。それにより,周囲に漂う想いの雲も,厚いものになっています。
その厚い雲のような想いに取り囲まれていると,温室効果のように,自分の感情が増大していきます。

今回は,この二つの特徴を持つ人を対象として説明していきます。
なお,この二つの特徴を持つ人を,「この種の人」と表記します。


□論破されたら悲壮感を持って奮い立つ
この種の人を,論破することは比較的たやすいです。
しかしこの種の人は論破されると,自分は悪い人に攻撃されたんだと思い,悪に立ち向かう健気な自分という悲壮感をもちます。

そして悲壮感で自分を奮い立たせて,仕返しを始めます

ですから,この種の人を論破しても無駄ですし,むしろ関係が悪化する傾向になりやすいので,論破すべきではないと感じます。

では,この種の人にどう対処すればよいのかというと,まず深く関わらないのが原則です。

その上で,あなたは頑張って生きていると,褒める(称賛する)ことを言えばいいでしょう。


□霊的な力で対処できる場合がある
この種の人の周囲に漂っている想いの雲を,お祓いしてなくすことで,批判する行動を減らせる場合があります。

想いの雲をなくすことで,温室効果が減るように,増幅された批判する感情が減っていくからです。

※その3を掲載しました。
https://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/07/3.html

□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年6月13日木曜日

人生相談(開運について)その13

その12はこちらです。
https://kimura-kouichi.blogspot.com/2016/12/12.html

今回は開運に関する説について,私としての見解を述べます。


□トイレ掃除で成功
北野武さん話の一つに,「俺の成功はトイレ掃除かもしれない」というものがあります。成功の理由として一つだけ思い当たるものは,若い頃に師匠に「トイレを綺麗に掃除しろ」と言われてそれを実践してきたということです。

風水でも,トイレ掃除は開運とつながっているという説を見かけます。

これについて,私見を述べます。


□現実は意識の反映
「現実は意識の反映」という説があります。自分の意識が,自分を取り巻く現実を作っているという考えです。

これは,100%反映しているとまではいえないものの,当てはまると私も思います。

類は友を呼ぶということわざがあるように,自分と波長の合う人が,自分のまわりに集まってきます。

人に限らず,人生の展開そのものも,自分の意識(波長を含めた)に合ったものになることを,経験上感じます。

つまり,自分を取り囲む現実は,自分の意識が反映されたものということです。


□意識は現実の反映
この反対に,現実の状況が意識にも反映されていると感じます。

争いごとが絶えない環境にいると,自分の顔つきも,きついものになります。

部屋を整理整頓すると,心もすっきりとした感触になります。

トイレ掃除をすると,綺麗になったという目から入ってくる情報,綺麗にしたという気持ちが,自分の意識に反映するように感じます。

つまりトイレ掃除によって,意識(心)が掃除されるということです。

とりわけ一般的な掃除に比べ,トイレ掃除は意識の中で,触れたくない部分や放置していた部分が,清められるのではないかと感じます。

意識の状態は,無垢が本来あるべき状態であり,汚れていくと思い通りにならない人生へと変わっていきます。反対に,意識を掃除することで意識が無垢に近づき,思い通りになる人生へと変わっていきます。

これが私の見解です。


□意識に葛藤や苦しみを溜め込んでいる場合
しかし,トイレ掃除で心が清められた感じにならない人と感想を述べるもいます。

その感想を述べる人を霊視すると,多くの場合,意識に葛藤や苦しみを溜め込んでいるのを感じます。

何をしてもうまくいかない人生を送ってきた人を霊視すると,意識の下層部分(潜在意識)に,大量の葛藤や苦しみが溜め込まれているのを感じます。

つまり,トイレ掃除で生じた想いくらいでは,解消されない汚れがあるということです。

私の人生相談では,これらの葛藤や苦しみの解放に取り組みます。


□成果は目にみえないため,無料オプション
しかし,意識の中にある葛藤や苦しみを解放するということは,実感は生じるものの,客観的に証明できないことです。

そのため私の人生相談では,意識の中にある葛藤や苦しみの解放は,無料オプションの扱いにして,行うようにしています。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年6月9日日曜日

人生相談(厄介な人)その1

今回は世の中にいる人で,極端なケースを取り上げます。
いわゆる,小悪魔とよばれている女性です。


□実在する小悪魔
小悪魔の定義ですが,関係する人を困らせたり,関係する人の人生を狂わせることを楽しみに生きている女性,とします。

例えば友達のご夫婦の家に行き,奥さんの目の前で旦那さんを誘惑する,あるいはその家で大切にしている品物を黙って持って帰る,など相手をひっかきまわすことをします。

あるいは,宴会でみんながびっくりするような話(作り話)をして参加者を慌てさせる,友人の披露宴で花嫁より目立つ衣装を着てくる,といったことをする場合もあります。

関係する人を慌てさせたり,困らせたり,うまくいっている関係を狂わせることが,とにかく楽しくてやめられないのです。

相手を困らせるのが目的でなく,金品を盗むのが目的になる人は大悪魔になります。そういう人も世間にいますが,今回の記事の対象外になります。


□小悪魔を霊視すると
そういう人は,周囲から何度も総スカンにあうわけですが,孤立には慣れていて何とも思いません。

友達の家の物を勝手に持ち帰ることは窃盗ですし,落書きをすれば器物損壊であり,犯罪になります。しかし,騒動になって持ち帰ったものを返して事態が収拾することが多く,警察の取り調べを受けることもなく世間で暮らしています。

そういう人を霊視すると,小悪魔といえる霊が守護霊となっているのを感じます。

守護霊が悪さをするよう導き,騒動が起きた後もうまく収拾して今後も世の中で生活していけるように手配します。


□小悪魔のご主人
そして,そういう小悪魔といえる女性は,普通に結婚している場合が多いです。

霊視すると,ご主人が奥さんの妖気に影響されているのを感じます。そのため,奥さんが毎回騒動を起こしても,離婚はせずに結婚生活を続けます。

そういうご主人を周囲の人が見ると,奥さんに洗脳されているように見えるそうです。


□毅然とした対応を
そういう小悪魔への対処ですが,言うまでもなく関わらないのが一番です。

どうしても宴会で同席するなどの機会がある場合,問題がなければ普通に接して,何か騒動を起こそうとすると,毅然とした対応をとるべきです。

相手を困らせるのが嬉しい人ですから,困った顔を見せるとさらに付け込むからです。

※その2を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/06/2.html
□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html