2019年1月26日土曜日

人生相談(いじめと引きこもり)その6

その5はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2016/01/5.html

その6では,いじめや引きこもりへの対処で,経験上感じていることを取り上げます。

なお,私の対処は医療行為ではなく,霊的な方法で解決に取り組んでいるものです。そのため,結果も客観的に測定したものではなく,私の感触として説明しています。


□お子さんへの対処は数日かかります
これまでに受けた,いじめや引きこもりに関する相談は,母親からが最も多いです。

そのためここでは,いじめに遭った当事者をお子さんと呼びます。男のお子さんも,女のお子さんもおられます。

お子さんと霊的につながると,お子さんの心(意識といってもいいです)の底に,いじめられた辛い記憶やショックが溜まっているのを感じます。

その辛い記憶やショックを,私が毎日少しずつ解放していきます。
そしてだいたい5日目あたりで,その辛い記憶やショックが,ほぼなくなったのを感じるます。

それを相談者に報告すると,3日目あたりからが多いですが,外出するようになった,勉強や宿題に取り組むようになった,という状況を私に話してくださいます。

そしてそのときに,子供がいじめに遭う前の状態に戻ったのか,聞かれることがあります。


□目安として,心の70%は戻っているように感じます
あくまでも私の感触ですが,数日かけて辛い記憶やショックを解放した後のお子さんの心は,目安として70%がいじめに遭う前の状態に戻ったと感じます。

戻ったというのは,心で歪みを感じていた部分が,歪みを感じない状態になったということです。

では,残りの30%はどうかというと,心で歪んだまま戻っていない部分といえます。

その残りの30%ですが,一生戻らないかというとそうでもなく,何年もかけてですが,戻っていく可能性があります。

何年もかけて歪んだ心の部分は,元に戻るのにも同じ年数か,それ以上の年数がかかるということです。

なお,心の70%が元に戻れば,私の人生相談の経験上ですが,どうにか通常に暮らしていけるようになったといえます。

あとは無理せず,少しずつ慣らしていくようにお子さんの生活を変えていけばいいでしょう。

そのサポートが,お子さんのご家族が今後取り組むことになります。

※その7を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/05/7.html
□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html