2019年12月24日火曜日

年末年始も人生相談を行っています

年末となりましたので,年末年始の対応について説明します。

霊的(及び心理的)な問題で困っている人には,有償でですが,いつでも対処する方針としています。

そのため年末年始も,通常通り人生相談を行っています。

メール相談を行っている相談者様は,年末年始に関係なく相談のメールをお送りください。

新規のメール相談や面談の申し込みも,年末年始でも受け付けます。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年12月16日月曜日

人生相談(安産に関する依頼)

妊娠・出産に関する相談では,安産となるようエネルギーを送ってほしい,という依頼も時々あります。

今回は,それに関する状況を説明します。
まず,出産を霊視した状況から説明します。


□出産は先祖が助けることが多い
出産中の妊婦さんを離れたとこから霊視すると,妊婦さんの周りを先祖(父方か母方かはケースバイケースでわかれます)が取り囲み,見守ったり無事に生まれるようエネルギーを送っていることが多いです。

先祖は子孫繁栄を願っており,この世に生まれ出る出産は,重要な出来事といえます。そのため出産時は,先祖が集まって成り行きを見守ったり助けたりします。

そして私が妊婦や胎児にエネルギーを送ろうとすると,「手出し無用」と毎回さえぎられます。



つまりこれまでの経験上,私は出産時に安産に関することは行えないということです。

あと,陣痛は急に起こります。陣痛が始まってから私にメールをお送りくださっても,私が本業の仕事中であったり睡眠中であった場合など,すぐに応じられない場合があります。

その点からも,出産時の安産に関する依頼は,承るには無理があります。


□出産後の母親の回復なら承れます
しかし,出産後の母親のケアなら取り組めます。

「生きる意欲がなくなった」
https://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/10/blog-post.html

で取り上げましたが,産後の不安定な状態にエネルギーを送ったり,なかなか取れない痛みを吸い取るように減らすことは,依頼があれば行います。

希望される場合,その旨をお申込み時にお伝え下さい。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年12月3日火曜日

人生相談(意外な理由で結婚できた)

私が受けている人生相談では,結婚に関する相談が過半数を占めます。多くはアラフォーやアラフィフの女性です。

これまで何人もの男性と交際してきたものの,毎回不可解な理由で別れたり,気に入った男性とはうまくいかず気に入らない男性からは言い寄られるというすれ違いをなぜか繰り返してきて,霊的な理由で結婚できないのではないかということに気づいたケースばかりです。

誰もが,霊的以外の原因はないことを悟った上で,私に相談を申し込まれています。そのため私が霊視すると,誰もが霊的な原因を抱えていることがわかります。

霊的な原因として,以下のものがあります。
(1) 過去世で配偶者をいじめたなどで負のカルマが生じている
(2) 今生で,母親が配偶者か姑を恨み,その恨みの想いが子に流れている
(3) 今生で,過去の交際相手から恨まれている
(4) 先祖で誰かから恨みをかったものがおり,その恨みの想いが家系を絶やす力となって降りかかっている。それとは別にご家庭内で恨みが生じており,その2つの想いが影響している。


□私が解消できない場合もある
そしてお祓いなどで,その霊的な原因を解消します。解消までの日数はまちまちで,数日で解消する場合もあれば,数か月かかる場合もあります。

たいていは解消して,数か月後には結婚報告のメールを受け取りますが,10人の相談者のうち1人か2人は,解消しない場合があります。

それは,負のカルマへの償いが終わっておらずカルマが解消していないケースと,恨みの想念が継続して相談者に送られているケースです。ここでは後者を取り上げます。

後者は,私がお祓いで恨みの想念をなくしても,しばらくしたら元の状態にもどってしまうケースです。

草取りに例えたら,私が草取りをして雑草をなくしても,すぐに雑草が生えてきて元の状態になってしまうケースといえます。



□意外な理由で結婚できる場合もある
ではそういうケースでは,恨みの想いを送ってくる人が恨むことを止めるまでは,問題が解消せずに結婚できないのかということです。

基本的にはそうなのですが,人生相談を長く続けていると,別の理由で結婚が実現する場合があります。

その別の理由もいくつかありますが,今回はそのうちの一つを取り上げます。


□恨みの想いを跳ね返す男性と出会った
恨みの想いが結婚を邪魔するプロセスですが,相談者の女性に何らかの経路で,結婚を邪魔して家系を絶やそうとする恨みの想いが送られてきます。

その恨みの想いが,相談者が結婚したいと思う男性に作用して,相談者を好きになれないようにします。

ところが,心が純粋で精神的境地の高い男性や,守護霊の力がとても強い男性は,生体エネルギーの放射であるオーラが強いです。



オーラは防御バリアの役目を持っており,オーラが強いと恨みの想いが送られてきても跳ね返してしまい,結婚の邪魔ができません。

そのような男性には恨みの想いが邪魔できないため,お互いに気に入ったら,交際を続けて結婚に至ることができます。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年11月24日日曜日

ブログの過去の記事にイラストを追加しています

2012年から続けてきたスピリチュアル人生相談(2012年までは,口コミで受け付けていました)ですが,運営方針を一部軌道修正していきます。
なおこれ以降,スピリチュアル人生相談を,人生相談と略します。


□従来の人生相談の状況
(1) 本業(コンピュータ専門学校の教員としての仕事)の合間に行っていました。
(2) (1)の関係で,面談を土日か平日の夜に行ってきました。
(3) 本業と人生相談優先で,人生相談の申し込みが混み合うと,一時的に新規受付を停止していました。
(4) 本業と人生相談優先で,ブログはイラストなしの文章のみの記事で,忙しいときは更新も滞りがちでした。
(5) (1)から(4)の理由から,料金は相場より安くしていました。


本業では定年を迎え,2019年春より嘱託として,引き続き教員勤務を続けていますが,時間的余裕ができました。

そのため今春(2019年4月)より,ブログを定期的に更新(記事を月2回以上追加)しています。


また本日より,ブログの過去の記事に,イラストを順次追加します。

ブログの記事は文章だけよりも,簡単なものでいいからイラスト入りにすると,気分的にも読みやすいものになります。

イラストは,プログラミングで用いるUML(Unified Modeling Language)調のものですが,それは本業との関係ということでご容赦ください。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年11月14日木曜日

人生相談(霊視できる距離)

人生相談を受けていると,ときどき出てくる質問があります。
今回は,そのうちの一つを取り上げます。


□霊視できる距離はどれくらいですか?
私が写真(画像)をもとに相談者を霊視する場合,私と相談者の物理的距離はどれくらいまで離れていても霊視できるのか,という質問です。

結論から言えば,物理的な距離は関係ありません。



ここで三次元や四次元の話はしませんが,
霊視もお祓いも,物理的な距離は関係なく行えます。

これまでの人生相談で,アメリカやシンガポール,あるいはその他の国に住んでおられる日本人の相談者からの相談を受けてきました。その他の国というのは,送金に関するやりとりで海外に住んでいることはわかりますが,国名を聞いていないということです。


□お写真の解像度が,霊視には影響する
メール相談では,メールに添付してお送りいただいたお写真(画像ファイル)をもとに霊視します。
相談者との距離は霊視には関係ありませんが,お写真の解像度は関係します。

紙の写真を携帯で撮影した画像ファイルをお送りいただいても霊視できますが,霊視での正確さや詳しさは,本人を直接撮影した画像ファイルに比べたら劣ります。

霊視やお祓いの世界はアナログであり,例えて言えば,雑音に埋もれたラジオ放送を聞くようなものです。お写真の解像度が低いと,雑音が大きくなるようなものです。


□携帯の自撮り画像で十分です
では,どれくらいの解像度のお写真(画像ファイル)で十分かということになります。

逆光で影になっているとか写真の端に小さく写っているということがなければ,最近の携帯電話でしたら,最小サイズで自撮りした画像で十分です。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年11月2日土曜日

人生相談(探し求めていた記事)

このブログの記事の数ですが,390を超えました。

それらの記事の中には,人に言えない悩みをずっと抱えてきた人にとって,探し求めていたことへの答えとなっている記事もあります。

人生相談を受けていて,探し求めていた答えがブログで見つかりましたので相談しました,という反響を受けることもあります。

私としても,人知れない悩みを抱えている人への答えや関連情報を提供できたことで,掲載して良かった,人生相談を続けてきて良かったと感じています。

今回はそのような反響のあったシリーズで,相談者にとって切実度が高かったのではないかと思われるものを,2件選んで取り上げます。


□一人だけを愛せない
その1 http://kimura-kouichi.blogspot.com/2012/07/blog-post_14.html

もちろん,その2以降の記事も該当します。

多くの男性に幅広く愛情を注ぐことを,今生の目的の一つとして生まれてきた女性が,おられます。



正確な割合は統計がないのでわかりませんが,100人の女性のうちせいぜい1人いるかどうかでしょう。

霊視するとその女性の守護霊が,多くの男性に愛情を注ぐよう導いていることが見えるので,そういう女性であることがわかります。

そのような女性が複数の男性へ同時に愛情を注いでいると,相手や親からは浮気性と罵られ,傷つきます。

でも愛情を注ぐことはやめられないし,いったい自分はどうなっているのだろうと,人知れず悩む人もいます。

そのような女性にとって,探し求めていた記事となっているようです。


□結婚できない理由(その4,その7)
その4 http://kimura-kouichi.blogspot.com/2012/04/part4.html
その7 http://kimura-kouichi.blogspot.com/2013/09/part7.html


「結婚できない理由」のシリーズ全般が探し求めていた記事になっていますが,特にこの2つの記事がベストであるようです。

なぜか結婚がまとまらず,人知れず悩んでおられる人がおられます。
結婚がまとまらない理由ですが,性格や考え方などスピリチュアル以外の理由の人と,スピリチュアルな理由の人がおられます。

スピリチュアルな理由の場合,
(1) 交際しても,相手が訳の分からない理由(会っていると頭が痛くなる,など)で断られることが繰り返されている。
(2) 好きでもない人から言い寄られ,好きな人からは相手にされない,すれ違いが続いている。
といった現象が生じます。



それを周囲に話しても,そんな馬鹿なと相手にされないことが多いです。

そしてネットでこのシリーズの記事を見つけて,やっと求めていた情報にたどり着けた,という話を聞きます。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年10月20日日曜日

人生相談(冬対策)

私の人生相談では,メールのやりとりで相談を受けて回答するメール相談と,実際に会って話し合う面談とがあります。

面談は私の都合から,土日と水曜日,平日の夜に行わせていただいています。

冬はインフルエンザや風邪(感冒)が流行しますので,面談に影響しないよう,日頃から対策を実施しています。

今回は人生相談の内容と関係ありませんが,この対策について説明します。


□インフルエンザ予防接種を受けました
例年この時期になると,インフルエンザの予防接種が始まります。

私の近所の内科医院では,10月15日より開始でしたので,予約して受けてきました。

成人は1回の接種で,半月後から血中の抗体の量が増え始め,1か月後にピークに達して,5か月後あたりから低下するそうです。

2回接種も可能ですが,医者の説明ですと,成人は1回の接種で十分だそうです。インフルエンザ予防接種を説明したWebサイトでも,13歳以上は1回接種と掲載しているところは多いです。

またウィルスが侵入してくると,免疫系が反応して抗体の量が増える効果もあるようです。


□風邪の予防を工夫しています
風邪は,現在の医療技術をもってしても,直接的な治療法は存在しないそうです。そのため,日ごろからの摂生や予防が重要です。

風邪のウイルスは,ドアノブなどから接触感染するそうですが,空気中に飛んだウイルスから飛沫感染する場合もあるそうです。

基本的な対策として,運動して体力と体調を保つ,栄養のあるものを摂る,睡眠を十分にとる,があります。また,喉を洗い流すうがい,鼻の中を洗い流す鼻うがい,も有効だそうです。

ここまでは珍しくない話ですが,それ以外に私が効果があると感じて実施している対策を紹介します。

(1) ドアはノブをハンカチで包んで開ける
帰宅後の手洗いも大切ですが,これだけで接触感染を防げます。スムーズに行なえば,変に見られることもありません。普段からフェイスタオルを2枚,バッグに入れています。

(2) 外出前や帰宅後に歯を磨く
以前は1シーズンに2~3回,風邪をひきかけて,用心して悪化をくいとめる,ということがありました。風邪をひきかけで終わらせることがときどきあったということです。

しかし,この歯磨きと後述の紅茶を飲む2つの習慣を取り入れてから,ひきかけにもならなくなりました。あくまでも個人の感想ですが,劇的に変わったと感じました。

歯磨きで口の中の雑菌を消毒することが,こんなにも有効だったのかと実感しました。

普段は1日3回程度磨いていますが,いつでも歯磨きができるよう,バッグに歯磨きのトラベルセットを入れています。

ヨード系の含漱剤(がんそうざい)や洗口液(いわゆるマウス・ウオッシュ)の使用も有効です。ただ,ヨード系の含漱剤ほどの殺菌効果は望んでいません。歯磨き後に洗口液を併用する場合もありますが,水でのうがいをこまめにすることを基本方針としています。

(3) 紅茶を飲む
紅茶に含まれるカテキンやテアフラビンという成分に,殺菌作用があるそうです。

緑茶にも殺菌作用がありますが,紅茶のほうが発酵が進んでいるため,緑茶以上の殺菌作用があるそうです。

抗生物質は控えて,紅茶で全身を殺菌したほうが望ましいでしょう。

カフェイン入りと,カフェインなしのティーバッグを揃えて,冬は常飲するようにしています。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年10月4日金曜日

人生相談(生きる意欲がなくなった)

これまでにあった相談を取り上げます。

なお取り上げている内容は,実際にあった相談をもとに創作したものです。


□原因不明で体調が悪化している
ある男性からの,母親に関する相談です。

母親と二人で暮らしていたが,半年前に母親の足の調子が悪くなり,その後も悪化して現在は寝たきりになってしまったとのことです。

入院して診てもらっているものの原因不明で,治療ができていないとのことです。

霊的に何か問題はないだろうか,という相談内容でした。


□生きる意欲がなくなっていったのが原因
お写真をもとに,相談者の母親を霊視しました。

亡くなった人の霊が周囲にいるということもなく,他人が送ってきた想いの塊(生き霊)が取り囲んでいることもないと感じました。

そのほかの面も霊視して,霊的な原因はないと感じました。

ところがそれらとは別に,もうだめだという嘆きのような想いが,本人から強く出ているのを感じました。

結論として,生きる意欲がなくなっていった(減っていった)のが原因と感じました。


□エネルギーを送ることで改善
相談者の母親と霊的につながり,私からエネルギーを送りました。母親からは,気持ちよさそうな感触が伝わってきました。


相談者に霊視した結果と対処を伝えたところ,翌日,相談者からメールが来ました。

相談者が病院に行ってみると,母親の顔つきが生気のあるものに変わっていたそうです。驚いて感激しました!という内容でした。


□自力で回復するきっかけになれば
私から相談者に,母親のお体にエネルギーが行き渡るまで,数回にわたってエネルギーを送ることを説明しました。

そして,将来的にはエネルギーを送らなくても良くなっていくように,母親に次の2点を伝えるようメールを送りました。

(1) 良い方向に変わっていることを実感して下さい。
(2) 生きる意欲を持てば,エネルギーを送らなくても自力で回復していきます。

数日後,私からのエネルギーが十分に行き渡ったと感じた時点で対処を終了しました。

その後相談者からメールがあり,母がまたやってほしいと言っているが,自力で回復してほしいので,そのままにしているとのことでした。

私から,あとは自力で回復すべきなのでそれがいいでしょう,もし自力での回復が困難で悪化した場合は再度相談下さい,と回答のメールを送りました。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年9月24日火曜日

人生相談(気分が殺伐とする)

今回は,なぜか殺伐とした気持ちになってしまう,という相談を取り上げます。

なお,ここで取り上げている相談内容は,実際にあった相談をもとに創作したものです。

□殺伐とした気分の日々に嫌気がさしています
ある女性からの相談です。

自分でもわからないが,なぜか殺伐とした気分になってしまう,それで周囲の人と対立も生じており,何とかしてほしいという相談です。

配偶者や親や周囲の人に対しても,人を見ているだけでなぜか苛立ちを感じてしまうとのことです。

親切にしてくる人に対しても苛立ちを感じ,その人と喧嘩になったときのことをなぜか考えてしまうそうです。


□前世で理不尽に殺され,怒りと不安が消えない
この種の相談では,これまでの人生で周囲は敵ばかりという状況で生きてきたことがあり,その今生の記憶と習慣が影響しているのが原因,というケースがありました。

しかし霊視してみると,今生とは異なる原因でした。

相談者は前世は,中国の戦国時代で,武将の妻でした。

政略結婚で好きでもない相手と結婚し,武将の殺伐とした日々に付き添うことになり,そして戦で追われて逃げて,パニック状態のまま殺されました。

殺されたときの感情ですが,なぜ自分は意に沿わぬ結婚をして,そして夫のせいで追われて殺されるのか,といった理不尽な気持ちが強かったです。

また不安感や絶望感もあり,強いものでした。

それらの感情が,今生に影響を及ぼしていたのでした。


□前世の記憶に絡みつく感情を解放させる
これまで何度か説明してきましたが,魂に過去世の記憶が保存されており,そして記憶には,そのときの感情が絡みついています。

楽しい出来事には楽しい感情が,苦しい出来事には苦しい感情が絡みついています。

今回の相談では,理不尽や気持ちや不安感・絶望感が,殺されたときの記憶に絡みついていました。

その感情を解放することで,記憶は感情の絡みついていない単なる記憶となり,それにより苦しめられることがなくなります。

この感情の解放を一週間かけて行い,ほぼ解放させました。

相談者からは,不意に怒りがこみあげてくることがなくなり,一人のときに幸せだなと感じられるようになった,との報告がありました。

殺伐とした感情が,消えたということです。

配偶者や周囲の人との関係も,楽なものになったそうです。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年9月14日土曜日

人生相談(やる気がでない)

今回は,仕事や日常生活でどうにもやる気が出ない,という相談を取り上げます。

なお,ここで取り上げている相談内容は,実際にあった相談をもとに創作したものです。
また,取り上げている説明は,私個人の見解です。


□やる気が出ない原因
大きく,以下の二つに分かれます。
(1) 意識(顕在意識と潜在意識)に原因がある
(2) 霊的な力や過去世に原因がある

(1)ですが,主な副因として次のものが考えられます。
(1-a) 目的がない(例えば,進学する気がないので勉強する気が起きない)
(1-b) インセンティブがない(例えば,お金が得られないので取り組む気が起きない)
(1-c) 嫌なことが待っている(例えば,同級生と会いたくないので登校したくない)
(1-d) やる気を出す習慣がない(例えば,何かに熱中する人生を送ってこなかった)
(1-e) やる気を出す状況ではない(例えば,ショックからまだ立ち直れていない)

(1)の原因が当てはまらない場合,(2)の原因が考えられます。(2)の原因もいくつかあります。


□恨みの想い(念)を受けている
関係のある人から継続的に恨まれている場合,その恨みの想いがある境界線を超えると,自発的に行動するようになります。

自発的に行動するといっても昆虫レベルですが,これを生き霊(いきりょう)とよびます。

この生き霊が,恋愛関係の恨みの念でできたものであれば,その人の恋愛や婚活を邪魔しようとします。

そしてこの生き霊が,活躍している人を恨んでできたものであれば,その人の活躍を邪魔します。つまり,やる気を抑えつけようとします。

このような生き霊でやる気を抑えつけられた場合,その人は押さえつけられたような感触がしたり,どこかに閉じ込められたような感触を味わうことが多いです。

生き霊は,恨みの想いを送る人が恨むことをやめた場合,何もしなくても数か月で消えていきます。

ケースバイケースですが,多くの場合,数日間のお祓いで生き霊が消えていって解決する場合もあります。


□過去世の自分が邪魔をする
このブログで何度も説明していますが,人間の魂は大根のような構造になっています。

前世や前々世など過去世の自分は,今生の自分と別人格です。生まれ変わった回数だけ,大根の葉のように別人格として存在しており,それらは白い根(魂の本体)でつながっています。

そして今生の自分に,過去世の自分がときどき影響を及ぼすことがあります。

この影響ですが,過去世の自分が怠惰な人生を送っていた場合,今生の自分に「一生懸命に取り組まなくていい」といった想いを発することがあります。

その影響により,やる気が出ないというものです。

この原因の場合,私が相談者の過去世の人格とつながり,過去世の人格が発している様々な想いを感じ取っていきます。

それにより,影響が減り,やる気が出るようになります。

この想いを感じ取っていく作業ですが,早ければ一晩で終わる場合があります。その場合,相談者は翌朝目が覚めたら,心の中で邪魔するものがなくなっている,と感じることもあるそうです。


□ブログ記事の索引
https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年9月2日月曜日

人生相談(法事と供養)その6

その5はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2017/03/4.html


その6では,供養に関する相談について取り上げます。
なお,ここで取り上げている相談内容は,実際にあった相談をもとに創作したものです。
また,書かれている回答は,私個人の見解です。


□今はご仏壇やお墓がないのですが,作ったほうがいいですか?
ご先祖の供養で最も大切なのは,供養する人の気持ちです。
ですから個人の成仏を願う気持ちがあれば,それで供養はできますし,供養の効果も十分にあります。

ただし,故人の写真や位牌などを置いたご仏壇があったほうが,供養に集中できますし,供養を続けやすいです。

同様に,お墓もあったほうが供養を続けやすいです。その点から,仏壇もお墓も先人の経験と知恵が反映されているといえます。

結論をいえば,ご仏壇やお墓がなくても供養はできますが,あった方が供養を続けやすいです。


□何をお供えすればいいですか?
このことでは昔,冝保愛子さんという高い霊視能力を持っておられた女性が,テレビで供養を説明していた番組がありました。

そのときの説明では,
・線香とお水を供える。お水はコップに入れたらよいし,線香立てがなければ湯呑みに磨き粉を入れたものに線香を立ててもよい
・故人の好きな食べ物や飲み物を供える。その気持ちが故人に伝わる。
・水難事故で亡くなった人は暖かい飲み物,火事で亡くなった人には火傷の薬を供えるのもよい。
ということでした。私も同意見です。


□供養する人の想いが故人に伝わる
付け加えると,供養する人の想いが故人に伝わるので,故人が求めていた(であろう)想いが生じるようにすればいいです。

例えば喉が渇いた状態で亡くなられた場合,水を供えます。供養する人が水を見て,喉がうるおされる気持ちになり,その気持ちが故人に伝わって,故人が癒されます。

故人が火事で亡くなられた場合に火傷の薬を供えると,供養する人が薬を塗って火傷が落ち着く気持ちになり,それが故人に伝わって癒されます。

故人が生前好きだった飲み物や食べ物を供えるのも,供養する人がそれを飲食した気持ちになることで,その気持ちが故人に伝わって故人が満足感を味わえます。

そしてお供えした物は,しばらくしたら片づけたらいいですし,食べ物でしたら供養後に食べてもいいです。食べることで,その触感や満足感が,さらに故人に伝わることでしょう。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年8月14日水曜日

人生相談(結婚できない理由)その17

その16はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2018/08/16.html


これまで,結婚を邪魔する霊的な理由とその対処を,説明してきました。

結婚を邪魔する霊的な理由も,多岐にわたることがご理解いただけたかと思います。

今回はそれ以外で,ご結婚の実現に向けて,私が取り組めることについて取り上げます。

なお,取り上げているケースは,実際にあった相談をもとに創作したものです。


□彼の心を読むことはできますか?
彼のお写真(画像ファイル)をメールに添付してお送りください。
お写真で彼を霊視して,わかる範囲で説明します。
(どこまでわかるかはケースバイケースです)

相談者以外の霊視では,倫理規定を設けているため,
彼のプライバシーに配慮した上で説明するようにしています。

とはいっても実際には,彼の守護霊が差しさわりのないことだけを私に見せるようにしており,霊視でわかったことをそのまま伝えることが多いです。


□どう結婚にもっていけばいいのでしょうか?
交際中の彼が,なかなかプロポーズしないという相談です。

男性の性格もまちまちで,プロポーズが言い出せない(結婚に踏み出す勇気が不足している)男性もいます。

それは男として意気地なしということではなく,男の立場からいえば,プロポーズは勇気のいる行為です。何のためらいもなく女性に結婚を切り出せる男性は,少数派と思います。

その場合,彼が勇気を振り絞らなくてもプロポーズして,スムーズに入籍へともっていけるように,私がストーリーを作って提案します。

彼のお写真(画像ファイル)をお送りいただくとともに,彼とのやりとり,彼の親御さんの性格や生活状況,をお知らせください。

それをもとに,最適なストーリーを考えて提案します。

ストーリーでは,相談者の親御さんの意向をどうするか,彼の実家に挨拶に行ったときは何を話せばよいか,などを時間軸にそって説明します。

私から提案する内容は,私が相談者の親や彼の親に近い世代なので,その立場からこれまでの人生経験をからめて提案するのが特徴といえます。

不安が強い相談者もおられますので,必要に応じて,婚姻届けをどこまで書いて準備したらよいか,彼の実家に挨拶するときはどういう身なりで,手土産は何が良いかといったことも,要望があればアドバイスしています。

※その18を掲載しました。

2019年8月4日日曜日

人生相談(赤い糸)その5

その4はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/07/blog-post.html

今回は,過去世で出会ったことのある,縁のある人に感じることについて取り上げます。

なお,取り上げているケースは,実際にあった相談をもとに創作した内容です。


□心がすっと馴染むような感触がある
過去世での家族であった人や,家族ではないものの身近であった人と出会った場合,どこかで出会ったような感触が生じる場合がよくあります。

どこかで出会ったような感触ですが,言い換えると,心がすっと馴染むような感触ともいえます。

心がすっと馴染むような感触を掘り下げていくと,その人の性格や考えていることが手に取るように伝わってきて,すぐに親しくなれるような(親しさが続くような)感触になります。

また,家族ではないものの身近であった人ですが,過去世での上司や部下,近所で親しくしていた人,長く続いた友人,漫才師の相方のような仲間,が該当します。


□共通の関心事がいくつかある
縁のある人と出会って話をしていくと,最初に,心がすっと馴染むような感触が生じる場合があります。

その次に生じる傾向として多いのが,関心をもっている事で,共通のものが次第に見つかっていき,話の内容が広がっていくというものです。

ですから話題に事欠かないというか,新たに見つかった共通の話題で何を話すかが楽しみになることもあります。

そして,共通の関心をもっている事を話し合うことで,お互いに何かを得たり参考になることが生じる,という展開が続きます。これが,今生で出会った目的である場合もあります。


□結婚相手で馴染む感触がない場合も多い
前に説明しましたが,人は生まれてくる前に,結婚相手を決めて生まれてくる場合と,決めずに生まれてくる場合があります。

結婚相手を決めて生まれてくる場合,その結婚相手が,過去世での結婚相手(殿様と側室のような関係も含む)である場合もあり,また過去世で出会わなかった相手である場合もあります。

なお,結婚相手を決めずに生まれてきた場合でも,守護霊が結婚相手を選んで引き合わせてくれる場合があります。

結婚も人生経験の一つですから,過去世で出会った相手とばかり結婚していたのでは,新しい経験が積めないからです。

その場合は,出会ったときにビビビと感じるかどうかは別として,心が馴染む感触はないことが多く,共通の関心事もない場合があります。

つまり,相手との関係を一から築き上げていく必要があるということです。

当たり前のような結論になりますが婚活では,思い込みや決めつけをしないよう客観的に相手を見ながら,結婚相手として適しているかどうかを判断していくことが大切です。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年7月20日土曜日

人生相談(赤い糸)その4

その3はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2017/05/blog-post_10.html

なぜか気になる人が周囲にいる,気になる理由がわかれば教えてほしいという相談も,ときどきあります。

また,気になる人を忘れようとするとその人の名前が周囲で偶然表示される,その人と離れようとしても偶然出会ってしまう,という偶然が生じることもあります。

今回は,それに関するケースを取り上げます。

なお,取り上げているケースは,実際にあった相談をもとに創作した内容です。


□過去世で部下だった
ある男性からの相談です。

仕事で取引先の男性がいるのだが,なぜかその人に発注したいという気持ちが湧いてきて,多めの発注を続けている。なぜなのか理由を知りたいというものです。

霊視したら,相談してきた男性は2代前で武将であり,取引先の男性はそのときの部下であった関係が見えました。

2代前の過去世では部下の生活に配慮していましたが,今生でもその記憶が魂にあり,つい生活を助けようと考えてしまうということでした。

その相談者に霊視の結果を話し,今後も無理のない範囲で発注を行ったらどうかと提案しました。


□過去世で娘だった
ある男性からの相談です。既婚者で子供もいるとのことです。


職場に年下の女性がいて,相性もよく,ときどき話し込むことがあるそうです。そしてあるとき,その女性から「あなたが結婚していなかったら,付き合いたかった」という意味合いのことを言われたそうです。

別に妻や子供を捨てる気はないが,その女性に魅かれる面もあり,どうにも気になって相談してきたということです。

霊視したらその年下の女性は,前世で相談者の娘でした。

そして前世で育ててくれた親に,今生でもしばらくの間でいいから出会いたいと,生まれる前に願ったようです。

相談者にその事情を説明し,親としての気持ちを持って接したらと提案しました。


□異性の場合,結婚相手と思いこまないこと
なぜか気になる人とは,過去世で出会っていたという可能性があります。

そのような縁ですので,過去世でひいきにしていた店の人だった,あるいは過去世で近所の親しくしていた人だった,という関係もあります。

ですから,なぜか気になる異性が,赤い糸でつながった結婚相手とは限りません。この点は思いこまないようにすべきです。

むしろ,私の人生相談の経験上,気になる異性は過去世で縁があったものの,今生での結婚相手という関係でないことの方が多いです。

※その5を掲載しました
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/08/5.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年7月12日金曜日

人生相談(厄介な人)その3

※その2はこちらです。
https://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/06/2.html

その3では,生まれつきの泥棒を取り上げます。
生まれつきの泥棒の定義ですが,盗もうとする衝動を抑えられずに盗みを繰り返してきた人,とします。

なお,ここでは生まれつきの泥棒を,「その人」と表記します。
今回は生まれつきの泥棒が対象ですが,会社の乗っ取り犯などの犯罪者も該当するところがあります。


□守護霊も元泥棒
守護霊は,生きている人を導いたり守ったりします。ではどのような霊が守護するのかというと,守護する人に近い精神的境地の霊が,守護霊になります。

つまり精神的境地の高い人には,それにふさわしい精神的境地の守護霊がつきます。反対に,精神的境地の低い人には,その人に合わせたレベルの守護霊がつきます。

前世で泥棒をしていて,今生は泥棒をしない人生を望んだものに,安易に泥棒に走ってしまった人がいたとします。その守護霊は,生きていたときに泥棒をしていた霊がなる場合があります。

あの世で守護霊になるには選ばれるプロセスがあるのですが,「この男の守護霊を経験してみろよ」といった理由で守護霊になることもあります。守護霊として導いたり守ったりするのも,修行だからです。

そして守護霊が,守護している人の精神的境地を高めようと導きます。守護している人の精神的境地が高まると,その守護霊の精神的境地も反映されて高まります。

反対に,守護している人の精神的境地が低くなると,守護霊もその影響を受けます。つまり,お互いに影響を与え合っているといえます。


□守護霊が私の霊視を遮ろうとする
守護霊は,その人が人の道からそれた行いをしていても,その人を導き,守り続けます。
例えていえば,犯罪者の弁護士のような立場です。

そのため,私が相談を受けてその人を霊視しようとすると,しばらくはつながって意識の中を霊視できますが,そこまでになることが多いです。

守護霊が,「(霊視は)それくらいにしておけ」と私に伝えて,霊視をブロックするためです。

それ以降は,例えていえば内側が霊視できず,外側からだけ霊視することになります。


□最後は報いを受ける
こうして守護霊の導きを受けて盗みが成功したり,うまく逃げ延びることができたりしますが,最後は報いを受けます。

どのような報いかというと,
(1) 逮捕され,これまでの盗みで得たお金も没収されてしまった。
(2) 逮捕されずに逃げきれたが,子供が早死にして,盗みで得たお金を渡す相手がいなくなった。
(3) 逮捕されずに逃げきれたが,仲間に裏切られてお金を持ち逃げされた。
(4) 家族に知られずに盗みを繰り返していたが,家族に知れて一家離散になった。
といったことです。

世の中では犯罪が繰り返し起き,犯罪者が逃げ切って悠悠と暮らしているように見えることもあります。

しかし,内実はわかりまん。
盗みで稼いだものの意外なことが起きて,その後の人生が意味のないものになった,という結末になることが結構あるようです。

そこで自分の人生を振り返ることが,人生の学びです。それとともに,その人を導いてきた守護霊にとっての学びにもなります。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年6月25日火曜日

人生相談(厄介な人)その2

※タイトルを「悪人について」から「厄介な人」に改題しました。
その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/06/1.html

その2では,やたら他人を批判する人を取り上げます。

他人を批判する人といっても,やたら批判する原因はいくつもあります。

今回はその原因の一つを取り上げます。


□霊視で見える特徴
人生相談で,やたら批判してくる人に関する悩みが,少なからずあります。

私がその人を霊視すると,二つの特徴を感じます。

(1) 精神を霊視すると,理性が抜け落ちたような状態に見える
なぜそうなったのかまではわかりませんが,理性が空っぽに近い状態で,感情で言動を動かしているように感じます。
ですからその人とやりとりすると,発言内容や主張が首尾一貫しなかったり,想像での発言や決めつけが多かったりします。

(2) その人の上半身の周りに,その人が発した想いが,雲のように漂っている。
その人は,理性が感情を抑えない状態になっていますので,その人が発した想いが強いものとなっています。それにより,周囲に漂う想いの雲も,厚いものになっています。
その厚い雲のような想いに取り囲まれていると,温室効果のように,自分の感情が増大していきます。

今回は,この二つの特徴を持つ人を対象として説明していきます。
なお,この二つの特徴を持つ人を,「この種の人」と表記します。


□論破されたら悲壮感を持って奮い立つ
この種の人を,論破することは比較的たやすいです。
しかしこの種の人は論破されると,自分は悪い人に攻撃されたんだと思い,悪に立ち向かう健気な自分という悲壮感をもちます。

そして悲壮感で自分を奮い立たせて,仕返しを始めます

ですから,この種の人を論破しても無駄ですし,むしろ関係が悪化する傾向になりやすいので,論破すべきではないと感じます。

では,この種の人にどう対処すればよいのかというと,まず深く関わらないのが原則です。

その上で,あなたは頑張って生きていると,褒める(称賛する)ことを言えばいいでしょう。


□霊的な力で対処できる場合がある
この種の人の周囲に漂っている想いの雲を,お祓いしてなくすことで,批判する行動を減らせる場合があります。

想いの雲をなくすことで,温室効果が減るように,増幅された批判する感情が減っていくからです。

※その3を掲載しました。
https://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/07/3.html

□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年6月13日木曜日

人生相談(開運について)その13

その12はこちらです。
https://kimura-kouichi.blogspot.com/2016/12/12.html

今回は開運に関する説について,私としての見解を述べます。


□トイレ掃除で成功
北野武さん話の一つに,「俺の成功はトイレ掃除かもしれない」というものがあります。成功の理由として一つだけ思い当たるものは,若い頃に師匠に「トイレを綺麗に掃除しろ」と言われてそれを実践してきたということです。

風水でも,トイレ掃除は開運とつながっているという説を見かけます。

これについて,私見を述べます。


□現実は意識の反映
「現実は意識の反映」という説があります。自分の意識が,自分を取り巻く現実を作っているという考えです。

これは,100%反映しているとまではいえないものの,当てはまると私も思います。

類は友を呼ぶということわざがあるように,自分と波長の合う人が,自分のまわりに集まってきます。

人に限らず,人生の展開そのものも,自分の意識(波長を含めた)に合ったものになることを,経験上感じます。

つまり,自分を取り囲む現実は,自分の意識が反映されたものということです。


□意識は現実の反映
この反対に,現実の状況が意識にも反映されていると感じます。

争いごとが絶えない環境にいると,自分の顔つきも,きついものになります。

部屋を整理整頓すると,心もすっきりとした感触になります。

トイレ掃除をすると,綺麗になったという目から入ってくる情報,綺麗にしたという気持ちが,自分の意識に反映するように感じます。

つまりトイレ掃除によって,意識(心)が掃除されるということです。

とりわけ一般的な掃除に比べ,トイレ掃除は意識の中で,触れたくない部分や放置していた部分が,清められるのではないかと感じます。

意識の状態は,無垢が本来あるべき状態であり,汚れていくと思い通りにならない人生へと変わっていきます。反対に,意識を掃除することで意識が無垢に近づき,思い通りになる人生へと変わっていきます。

これが私の見解です。


□意識に葛藤や苦しみを溜め込んでいる場合
しかし,トイレ掃除で心が清められた感じにならない人と感想を述べるもいます。

その感想を述べる人を霊視すると,多くの場合,意識に葛藤や苦しみを溜め込んでいるのを感じます。

何をしてもうまくいかない人生を送ってきた人を霊視すると,意識の下層部分(潜在意識)に,大量の葛藤や苦しみが溜め込まれているのを感じます。

つまり,トイレ掃除で生じた想いくらいでは,解消されない汚れがあるということです。

私の人生相談では,これらの葛藤や苦しみの解放に取り組みます。


□成果は目にみえないため,無料オプション
しかし,意識の中にある葛藤や苦しみを解放するということは,実感は生じるものの,客観的に証明できないことです。

そのため私の人生相談では,意識の中にある葛藤や苦しみの解放は,無料オプションの扱いにして,行うようにしています。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年6月9日日曜日

人生相談(厄介な人)その1

今回は世の中にいる人で,極端なケースを取り上げます。
いわゆる,小悪魔とよばれている女性です。


□実在する小悪魔
小悪魔の定義ですが,関係する人を困らせたり,関係する人の人生を狂わせることを楽しみに生きている女性,とします。

例えば友達のご夫婦の家に行き,奥さんの目の前で旦那さんを誘惑する,あるいはその家で大切にしている品物を黙って持って帰る,など相手をひっかきまわすことをします。

あるいは,宴会でみんながびっくりするような話(作り話)をして参加者を慌てさせる,友人の披露宴で花嫁より目立つ衣装を着てくる,といったことをする場合もあります。

関係する人を慌てさせたり,困らせたり,うまくいっている関係を狂わせることが,とにかく楽しくてやめられないのです。

相手を困らせるのが目的でなく,金品を盗むのが目的になる人は大悪魔になります。そういう人も世間にいますが,今回の記事の対象外になります。


□小悪魔を霊視すると
そういう人は,周囲から何度も総スカンにあうわけですが,孤立には慣れていて何とも思いません。

友達の家の物を勝手に持ち帰ることは窃盗ですし,落書きをすれば器物損壊であり,犯罪になります。しかし,騒動になって持ち帰ったものを返して事態が収拾することが多く,警察の取り調べを受けることもなく世間で暮らしています。

そういう人を霊視すると,小悪魔といえる霊が守護霊となっているのを感じます。

守護霊が悪さをするよう導き,騒動が起きた後もうまく収拾して今後も世の中で生活していけるように手配します。


□小悪魔のご主人
そして,そういう小悪魔といえる女性は,普通に結婚している場合が多いです。

霊視すると,ご主人が奥さんの妖気に影響されているのを感じます。そのため,奥さんが毎回騒動を起こしても,離婚はせずに結婚生活を続けます。

そういうご主人を周囲の人が見ると,奥さんに洗脳されているように見えるそうです。


□毅然とした対応を
そういう小悪魔への対処ですが,言うまでもなく関わらないのが一番です。

どうしても宴会で同席するなどの機会がある場合,問題がなければ普通に接して,何か騒動を起こそうとすると,毅然とした対応をとるべきです。

相手を困らせるのが嬉しい人ですから,困った顔を見せるとさらに付け込むからです。

※その2を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/06/2.html
□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年5月26日日曜日

Webサイトを一部更新しました

今回はお知らせです。

人生相談の内容説明や申込みのサイトである「大阪のスピリチュアル人生相談」
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html
を一部更新しました。


□メールは1日以内に返事を出します
お申込みや相談のメールには,1日以内に返事を出しています。

場合により,回答の一部を1日以内に送り,残りを後日お送りすることがあります。

ですから1日以内に私から返事が来なければ,メールの不着が考えられますので,お問い合わせ下さい。

従来からそのようにしてきましたが,
「相談内容に関するQ&A」のページ
https://www.kimura-kouichi.com/c/q_and_a.html
にそれを明記しました。


□フォームメールを追加しました
人生相談のお申込みで,お申込みメールを送っていただきます。

従来から,宛先メールアドレスや本文での項目を掲載し,それをパソコンやスマートフォンのメールアプリで入力していただいて送信する方法を採用してきました。

それに加えて,フォームメールによるお申込みメールの送信もできるようにしました。

「相談のお申込み:のページ
https://www.kimura-kouichi.com/c/apply.html

従来からの方法は,お申込みメールの送信が単純明快にわかり,ご自分のメールアドレスを入力する必要がない点にメリットがあります。

フォームメールは,メールを送信したら,メール送信を受け付けたという自動応答のメールが返ってくるのがメリットです。また通販サイトと同じく,入力された内容は暗号化されて,こちらのサーバに届きます。

どちらでも,自分に合った方法をお選びいただけます。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年5月23日木曜日

人生相談(人に言えない悩み)その18

その17はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2017/04/17.html

今回は霊視してわかる傾向について取り上げます。


□便秘がひどい
言うまでもなく,男性よりも女性に多い症状です。

人生相談では,メインの相談ではないですが,不随して出る相談としてときどきあります。

便秘の原因に,霊的なものは関係していないだろうか,ということです。


□霊視すると緊張状態が続く人に多い
相談を受けて霊視すると,共通して感じる傾向があります。

それは緊張状態が強い,あるいは緊張状態が長く続いているということです。

腸は脳とは相関関係があります。

例えば強いストレスを感じると,お腹が痛くなって下しやすくなります。

そして腸にある神経細胞は,脳に次いで多いそうで,腸内の管理を綿密に行っています。しかしバランスを崩しやすく,便秘もその一つといえます。


□何もしない休日を過ごす
便秘には,食物繊維や乳酸菌の摂取など,栄養面での対処があります。

それとともに,緊張状態が強かったり長く続く人にとって有効なのが,精神を弛緩させることです。

具体的には,休日は何もせずに,精神が緩む状態を作ることが効果的です。それだけで,個人差はあれ解消していきます。

また,何もかも忘れてのんびり過ごす状態は,体調を整えたり,精神的な休養という面でも有効です。

若いと,ついエネルギーにまかせて頑張ってしまいます。

頑張るのはいいですが,ときどきは体も心も休ませる必要があります。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年5月15日水曜日

人生相談(いじめと引きこもり)その7

その6はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/01/6.html

その7では,引きこもりの相談で,これまでに感じたことを取り上げます。

なお,取り上げているケースは,実際にあった相談をもとに創作したものです。


□幼少期のアニメがトラウマになった
引きこもりの中高生のお子さんがいる,母親からの相談です。

相談を受けてお子さんを霊視していると,幼少時に,テレビのアニメで恐怖を感じた記憶を感じました。

その恐怖がトラウマとなって意識の底に残り,外界との関わりを持つのが怖く感じるようになったようでした。

そして思春期になって別の原因も生じたことにより,引きこもるようになったと感じました。

そのため,そのお子さんの意識の底に残っているトラウマと何度かつながり,トラウマを解放させました。

ただし,引きこもりの原因はなくなったものの,長年の習慣が残っていて,すぐに外界と関われるようになるかというと,そうもいきません。

いわゆるリハビリが必要で,少しずつ家庭外の人との接触を増やしていくように説明しました。


□自然界にないものに恐怖を感じる
相談者である母親に,アニメの恐怖を説明したところ,お子さんからその話を聞いたことがあるということでした。

お子さんが言うには,大きな丸い物が,空を飛ぶさまが怖くて泣いたそうです。

それを含めて,自然界にないものに恐怖を感じる傾向があったそうです。

テレビのアニメは,てんかんを起こさないように点滅が抑えられていますが,創作性を追求して,自然界にないものを作り出して描いています。


□コミュニケーションのスピードについていけない
別の引きこもりのお子さんの相談を受けて霊視すると,意識の中に,同級生との交友関係についていけない想いを感じることがあります。

現代は,SNSで仲間内での情報がすぐに拡散したり,仲間内での情報共有が進んでいます。

これについていけず,もっとのんびりした交友を望む人もいます。

SNSを利用しなければよいのですが,多くの同級生が利用していると,そうもいきません。

昭和の時代に生まれたらよかった,という中高生もいます。

SNSと引きこもりとの因果関係は明言できません。そのため言えることは,「引きこもりになる人には,SNSでの交流についていけない人もいる」ということです。

※その8を掲載しました
https://kimura-kouichi.blogspot.com/2020/03/8.html

□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年4月22日月曜日

連休中の対応とサーバ移転

今回はお知らせです。


□連休中も通常通り応対します
面談やメール相談は,10連休(4/27~5/6)期間も,通常期間と同じように受け付けています。


□サーバを移転します
世の中の多くのホームページ(Webページ)は,個人情報を入力するページなどを除いて,従来は通信が暗号化されていませんでした。

しかし最近は,常時SSL(すべてのページで暗号化通信を採用)が一般的になってきています。

暗号化通信では,Webサーバ(Webページを送信するコンピュータ)の電子証明書を使うため,暗号化通信を採用すると,発信元がどこであるかが証明されるためです。

そのため私のWebページでも,常時SSLを採用するため,サーバ移転を行います。

〇このブログ(Google Blogger):従来通り
〇人生相談の案内・申込みページ(kimura-kouichi.com):サーバ移転

このブログをご覧になられている皆様は,何も変更することはなく,従来通り人生相談の案内・申込みページにアクセスできます。

※4/24サーバ移転は終了しました。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年4月10日水曜日

人生相談(生き霊について)その5

その4はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/04/blog-post.html

今回も生き霊の作用について取り上げます。
今回は深刻な内容ですので,気分を害しやすい人は,ここから先は読まないことをお勧めします。

また,該当する人にとっては探していた記事に出会った気持ちになるでしょうが,生き霊とは関係ない一般の人にとっては,「そんな馬鹿な」と感じる内容であることを、あらかじめ断っておきます。


□結婚を邪魔する生き霊
妻が夫を憎む,あるいは嫁が姑を憎む,という状況を続けていると,夫や姑に生き霊が送られます。

ところがその生き霊は,夫や姑に取り憑くだけでなく,一部はその子孫へと流れて,子にとりつく場合があります。

私の人生相談の経験からいえば,子が男であれ,女であれ関係なく取り憑きます。ただし長男/長女と,次男/次女では,長男/長女に取り憑く傾向はあります。

まさに,「親の因果が子に報い」です。



そして憑りついた生き霊は,子の人生の邪魔を始めます。

どのような邪魔かというと,子孫を絶やす方向で邪魔します。つまり,仕事関係や趣味関係の邪魔はしませんが,子孫ができないよう結婚(やその前段階である交際)を邪魔することを行います。

この,生き霊が交際や結婚をどう邪魔するかについて説明します。


□子ではなく,交際相手に作用する場合もある
結婚の邪魔ですが,子に作用する場合があれば,子の交際相手に作用する場合もあります。

例をあげて説明します。恋愛やお見合いで,お互いに相手を気に入り交際が始まったとします。

生き霊は子もしくは交際相手のどちらかに,相手を好きになれないようにエネルギーを送って邪魔します。

そうすると,交際相手をどうしても好きになれなくなり,無理して付き合っているような感じになります。

お見合いですと,この段階で相手側から「無理して付き合っているようだ」という返事とともに断ってくる場合があります。

それがなく,結婚へと無理矢理交際を続けようとすると,頭が締め付けられるように感じたり,エネルギーを消耗して「疲れている,デートを中止しよう」と交際相手に言い出すことが生じたりします。

あるいは,生き霊から「別れろ,別れろ」というエネルギーを受けて,理性では結婚へと持っていこうと考えているのに,無意識のうちに別れる方法を考えるようになります。

「自分が何を考えているのかわからないのよ」と相手が言い出すケースもあります。

こうして,自分が相手を気に入った場合は相手に生き霊が作用して別れる,相手が気に入られた場合は自分がどうしても相手を好きになれずに別れる,というすれ違いが続きます。


□生き霊の作用である特徴
結婚がまとまらない霊的な原因はいくつかあり,この生き霊の場合のほかに,自分が前世で結婚相手を苦しめて負のカルマが生じた,自分の先祖が戦争などで人を殺して殺された者が恨んで自分の家系に憑りついている,という原因もあります。

いずれも結婚を邪魔して,前記のすれ違いが続くところは共通です。

生き霊が原因である場合の特徴として,交際の段階は問題なく進むが結婚を考え始めた途端に毎回なぜか破談になる,というケースが生じる場合があります。

ただ,前記の他の原因でも結婚を考え始めた途端になぜか破談になるケースも,少数ながら起こる場合があり,明確には区分できないこともあります。

では,原因がどれでありどう対処したらよいかですが,原因は霊視して判断することになります。対処ですが,私から霊的なエネルギーを送ることは共通ですが,生き霊の場合はお祓いを行う点が,他の原因と異なります。

そして対処で必ず解消できるかというと,これもケースバイケースです。

きつい言い方になりますが,私のお祓いでは追い付かず,恨んでいる親か恨まれている相手のどちらかが亡くなって解決する場合も,まれにあります。

また,一週間くらいのお祓いで解消し,2~3か月後に結婚が決まったという報告のメールをいただく場合もあります。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年4月1日月曜日

人生相談(生き霊について)その4

その3はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/03/blog-post.html

今回も生き霊の作用について取り上げます。


□頭痛の原因
仕事で,あるいは日々の生活でのいざこざで送られてきた怒りや恨みは,強くなると相手の額のあたりに憑りつく(とりつく)傾向があると話しました。

この場合の影響として,頭痛があります。

自分は体質的に頭痛とは縁がないのに,なぜか頭痛に悩まされる場合,霊視すると額やその周辺に,生き霊が槍のように何本も突き刺さっているのが見えることがあります。

前述のように何もしなくても,数か月程度で消えていきますので,そう神経質になることもありません。

またお祓いをすれば,長くても数日で生き霊を消すこともできます。

□仕事関係の生き霊なら防御も可能
また,愛憎関係ですと難しいですが,仕事関係で送られてくる生き霊は,場合により未然に防ぐこともできます。

これはお祓いの応用で,相談者の周りをお祓いのエネルギーで囲むようにする方法があります。

数日で相談者の周囲を囲むエネルギーは消えていって元に戻りますが,その間は周囲から送られてくる生き霊や,怒りや憎しみの想いから相談者を防御できる場合があります。

詳細は,私にご相談ください。

※その5を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/04/blog-post_10.html 


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年3月14日木曜日

人生相談(生き霊について)その3

その2はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/02/blog-post_26.html

今回は生き霊の作用について取り上げます。


□仕事や生活関係の生き霊
仕事で,あるいは日々の生活でのいざこざとして,例えば次のケースがあります。
・仕事で取引先から値切られたり,無理な条件をつけられた
・自動車の運転で,スピード違反や駐車違反でつかまった
これらのケースで,相手に恨みを継続的にもった場合に,生き霊が発生します。

この場合の生き霊は,弱いと相手の周りに漂いますが,強くなると相手の額のあたりに憑りつく(とりつく)傾向があります。

そして,仕事などに集中しようとするのを邪魔するようになります。取りつかれた人が女性の場合,妊娠を邪魔する場合もあります。



□愛憎関係の生き霊
ご主人が不倫して,妻が不倫相手を恨む,といったケースです。女性から女性に恨みの想いを送ることが一般的です。

この場合の生き霊は,強くなると相手の女性の子宮のあたりに憑りついたり,あるいは相手の女性の頭上に漂います。

そして恋愛や結婚,妊娠の邪魔を中心に,相手の女性の人生の様々なことを邪魔しようとします。

しかも憎しみが強い場合,相手の女性だけでなく,相手の女性の姉妹や子供にまで,生き霊が憑りつくケースがあります。

結婚できないことの相談で,霊視してわかったことと相談内容とを突き合わせると,相談者の姉妹や母親が不倫相手から恨まれていて,そのとばっちりを受けていた場合があります。


□やっかいなのは,愛憎関係の生き霊
仕事や生活関係で生じた生き霊は,あまり強くないことが多く,また消えやすい傾向があります。スピード違反で反則切符を切られたことを何か月も恨む人は,そうはいないからです。

やっかいなのは愛憎関係の生き霊で,恨みのパワーが強いため生き霊の影響力が強く,またなかなか消えない(恨むのを止めないため)傾向があります。

仕事や生活関係の生き霊は,目安として,お祓いで一週間以内になくなります。
しかし愛憎関係は,一週間ほどのお祓いでとりあえず消えますが,憎しみの想いが継続して送られてくるので,しばらく(数か月)したら元に戻ることがあります。

そのようなケースでは私も,抜いても抜いてもすぐに生えてくる,雑草の草むしりをしているような気持ちになります。

この世で多くの人と関わって生きている以上,誰からもまったく恨まれない人生を送ることはできません。

ただ,配慮するにもきりがない面はあるし,時には相手と対立して戦う必要もあるでしょうが,人から恨まれないように配慮する必要はあります。

※その4を掲載しました
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/04/blog-post.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2019年2月26日火曜日

人生相談(生き霊について)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/02/blog-post.html

今回は生き霊の成り立ちについて取り上げます。


□どのような想いが生き霊を生むか
それは対人関係で,相手に向けて継続的に発する感情です。
そのため,怒り,憎しみ,妬み,といったマイナスの感情が多いです。

ではプラスの感情はないかというと,アイドルにファンが送る愛情の想いや,祖父・祖母が孫に向けて発する溺愛の想いがあります。

今回は,この溺愛の想いを取り上げます。


□溺愛の想いは保護作用もある
溺愛の想いが塊となると,それが中程度の強さであれば,相手の周囲に雲のように漂い,数か月経ったら消えていきます。

しかしもっと強くなると,相手の周囲を取り囲むようになり,消えていくにも何年もかかるようになります。

以前,20代の女性からの相談で霊視したところ,土星の環か浮き輪のように,体の周囲を囲んでいる,環状の溺愛の想いの塊が見えたことがありました。

その想いの環とつながると,祖父か祖母の発した想いであることを感じ,どちらかといえば祖父であるように感じました。

そのことを話すと,その女性はおじいちゃん子であったことを話しました。

では,溺愛の想いの塊はどのような作用をするのかというと,まず,周囲の人から悪意を遮断する効果を持っています。

つまり,溺愛の想いの塊は,保護作用があるといえます。


□強すぎると過保護な状況を作り出す
その一方で,新しいことに挑戦しようとしたり,恋愛しようとすると,多少ですが足を引っ張る場合もあります。

「問題になるかもしれないから,やめておけ」といった作用が生じるということです。

これらをまとめると,本人にとって過保護な状態を作り出しているといえます。

結婚がなかなかまとまらない人からの相談は多く,原因は多岐にわたります。相談者の前世や過去世で生じたカルマが原因の場合と,相談者の先祖が人を殺して殺された人の恨みが相談者の家系に憑りついた原因が,人生相談の経験上ですが最も多いです。

それらの原因では,異性との交際で相手が突然怒り出したり,不可解な理由で交際相手と別れたりするのが特徴です。

それに比べて,溺愛の想いの塊も結婚を邪魔する場合がありますが,あまり多くないです。邪魔する力としては弱いからです。

では溺愛の想いの塊が原因の場合,交際相手が今一歩結婚に乗り気になれずにそのうち別れてしまう,といったなんとなく別れてしまう状況が繰り返される傾向があります。

邪魔する力としては弱いので,お祓いで早期に(数日程度で)解消されることが多いです。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html