2018年12月12日水曜日

人生相談(瞑想について)その2

その1はこちらです。
https://kimura-kouichi.blogspot.com/2012/12/blog-post.html

その1を公開してから,瞑想は霊に憑依されやすいリスクがあることについて,面談で何人もの人から質問を受けました。

そのことについて,続きを書きます。


□お坊さんの瞑想は「仏と一体になる」瞑想
私は仏教の全ての宗派の教義を知っているわけではなく,ほんの一部ですが,お坊さんの瞑想は,「仏と一体になる」イメージの瞑想をしています。

心を無念無想の状態にする瞑想ではありません。

あくまでも,その宗派のご本尊との一体感をイメージする瞑想ですが,これだと憑依される心配はありません。

宗派により,ご本尊ではなく,他の何かに意識を集中する瞑想を行っていますが,これも同様で,憑依される心配はありません。


□何かに意識を集中する瞑想なら問題ない
その1で説明した,心を無念無想の状態にする瞑想は,心のドアを開ける行為であり,霊が入り込んで憑依するリスクがあります。

しかし,何かに意識を集中する瞑想ならそうではなく,問題ないということです。

何に意識を集中するかですが,自分より高次元の(高い精神的境地の)存在が望ましいです。神仏が適していますが,程度問題ですが自分より高い精神的境地の人でもいいでしょう。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html