2018年8月11日土曜日

人生相談(何をしてもうまくいかない)その10

その9はこちらです。
https://kimura-kouichi.blogspot.com/2017/06/9.html

今回は,何をしても人生がうまくいかない,という状況から抜け出すことを取り上げます。なお,ここで掲載する相談例は,実際にあったケースをもとにして創作した話です。


□原因を解消しても状況が変わらない場合
何をしても失敗したり揉め事が生じたりして,人生がうまくいかないようになった原因として,

このシリーズのその3
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2012/05/part3.html
では,マイナスの想いが染みついていることを取り上げました。

また,このシリーズのその4
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2012/05/part4.html
では,恨みの念を受けていることを取り上げました。

これらの理由では,相談者の潜在意識とつながってマイナスの想いを解放したり,お祓いで恨みの念を解消するといった対処を行います。

それで原因が早期に解消する場合もありますが,別の理由で状況の改善が思うように進まない場合もあります。


□長年の習慣が悪影響を及ぼしている
別の理由とは,何をしてもうまくいかない状態が長年続くことで,何かあるとすぐに萎縮してしまう,あるいは何かあると駄目だと思い込んで仕事を辞めたりする,という習慣が身についていることです。

何をしてもうまくいかない原因は解消されているのに,何かあると条件反射のように,うまくいかなくなる方向に考えたり,行動してしまうようになっているということです。

これでは,事態がすぐに改善しません。


□長期的には何もしなくても想い癖は改善する
ではこの長年の習慣を変えていくには,どうすればよいかということです。

長期的には,何もしなくてもいいです。原因を解消することで,「あれ,これまでと違ってやることがうまくいっているぞ」と感じることが増えていき,それで習慣が少しずつ変わっていきます。

ただ,萎縮する習慣や現実から逃げ出そうとする習慣は数か月,場合により数年かけて変わっていきます。

そのため,もっと早く変えられないのかということになります。


□悲観せずに気持ちを楽に持つこと
条件反射のように生じる長年の習慣(想い癖)を早期に解消するには,意識して気持ちを切り替える必要があります。

具体的にどうすればよいかですが,とにかく悲観せずに気持ちを楽に持つことです。

仕事で揉めるとすぐに辞めようとする習慣がある場合,退職を思いとどまることです。ただ思いとどまろうとするとストレスがかかる場合もありますが,その場合は退職はもっと後にしようと,先送りにすることが効果的です。


□霊的な力で後押しできる場合もある
長年の習慣を進んで変えていくには,状況が良くなっていると自覚することや,悲観せずに気持ちを楽に持つ心がけが必要です。

しかし,私が相談者の顕在意識とつながって,不安を解放することもできます。それは後押しとしての効果になりますが,必要に応じて行います。

相談期間中で,その必要を感じた場合は,相談内容に不安の解放を書き加えて依頼してください。もちろん,追加料金は不要です。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html