2018年7月12日木曜日

人生相談(ヒーリングの能力)その4

その3はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2018/06/blog-post_13.html

今回は前回に続き,霊的能力の一つである,人の精神に働きかける能力について説明します。そして人の精神に働きかけることを,ヒーリングとよぶことにします。


□ヒーリングの能力の分類(私の場合)
ヒーリングの能力ですが,あくまでも私の説ですが,次の4種類に分けられます。

(1) 体が弱って寝込んでいる人にエネルギーを補給し,状態を向上する
(2) 心をストレスから解放する
(3) 潜在意識に蓄積された,過去のトラウマを解放する
(4) 過去世(前世やそれより前の人生)で生じたトラウマを解放する
 (過去世の記憶にまとわりついている苦しみや後悔の感情を解放する)

(1)から(4)に向かって,難易度があがります。
今回は,(4)について説明します。


□取り組む内容
相談者の意識(心)とつながり,そして意識の下層へと下り,さらに下っていくと前世の記憶にたどり着きます。そして前世の下層にある,2代前の過去世や3代前の過去世にたどり着くこともあります。

たどりつくと,そのときの情景や主な出来事を見るように感じ取れます。

過去世(前世やそれより前の人生)で生じたトラウマとは,その過去世で経験した出来事に,苦しみなどの感情が絡みついています。記憶と苦しみなどの感情が,セットで保存されているといってよいでしょう。

その苦しみなどの感情が,ときどき痛みのようにうずいて,今生の自分を苦しめています。

対処ですが,その記憶とつながり,それに絡みついている感情を私が感じ取ることで,その感情が解放されてなくなっていきます。そして記憶は,苦しみなどの感情が絡みつかない,単なる記憶に変わります。

過去にも書きましたが,私はこれを「記憶の無害化」とよんでいます。

(4)のヒーリングとは,その感情の解放に取り組むものです。

回数ですが数回の範囲で,記憶に絡みついている感情が,なくなったと感じるまで行います。


□求められるケース
過去の出来事でトラウマが生じ,現在の人生に支障が出ている人です。

支障の内容はさまざまですが,自分でもわからないが怒りっぽくなって対人関係を壊してしまう,あるいは後悔の気持ちがなぜか湧いてくる,といったものです。

そしてどの相談者にも共通していえることは,生きづらい状態にあるということです。


□どう変わりますが?
これまでに相談者から聞いた話を総合すると,目の前の風景が違って見える,これまでどうしても湧いてくる感情が湧いてこなくなった,という変化を感じるそうです。

ヒーリングの期間ですが,ほとんどの場合は一週間以内に終わります。なお重いトラウマの場合,しばらく(数か月)間を置いてから再度相談を申し込んでいただく場合もあります。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


□メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html