2017年9月23日土曜日

人生相談(過去世の影響)その3

その2はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2017/09/2.html


現在の自分の人生(今生の人生)では,前世やそれより前の過去世の影響を受けていることがあります。

今回も,過去世の影響を受けている例を取り上げます。

なお,取り上げている例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。


□夫以外の男性と交際してしまう
ある既婚女性からの相談です。

結婚生活は問題がないものの,夫以外の男性にどうしても興味をもってしまい,交際を続けてしまうそうです。

ただし,交際が楽しいかというとそうでもなく,苦しい思いをしながら,なぜ自分は苦しい思いをしながら夫以外の男性と交際しているのだろうかと悩まれるそうです。

そして交際中は,不安もつきまとうそうです。その不安とは,相手から捨てられるのではないか,自分は都合のいい相手とみなされているのだろうか,という不安です。


□子供のときに過去世の本音が出やすい
その女性を霊視しました。

前世でも結婚していましたが,夫が外に女性を作り,その女性に入り浸っていた情景が浮かびました。他の女性に入れ込んでいることを知っていたので,裏切られたような思いを味わっていました。

また,夫にとって自分は家庭を守らせるための,都合のいい女であるのかもしれない,という気持ちも味わっていました。

ただし夫は離婚はせず,生活費も十分な額を渡していました。妻に対する責任は果たしているのだから好きなようにしたいという夫の理屈はわがままですが,生活自体は安定して続きました。

前世が終わって生まれる前に,別の女性に走ることについて,いろいろと経験して結論を出したいことを望みました。

つまり,結婚して他の男性と交際する気持ちが抑えられないのは,自分が前世とは逆の立場で,それを実感してみたいというものでした。


□子供のときは過去世の感情が出やすい
霊視した結果を説明し,相談内容を掘り下げていきました。

そうすると相談者が,自分が幼稚園児のときに,結婚生活はみんな嫌々していると思っていた,ということを話しました。

そしてお父さんとお母さんに対して,どうして結婚したの,嫌なこといっぱいあるでしょう,といったことを話したことがあったそうです。

前にも説明していますが,人間の魂には,過去世の自分が別人格として存在しています。普段は今生の人格が表に出ていますが,前世やそれより前の過去世の人格が,ときどき表に出ることがあります。

そして,幼稚園児あたりの時期は,今生の人格がまだ確立されていないので,前世の記憶や感情が表に出やすいです。

相談者が幼稚園児のときに感じたことや話したことは,相談者の前世の感情が表に出たものでした。


□前世の苦しい感情を吸い取る
対処として,相談者と霊的につながり,前世の記憶へと下っていきます。

そして,そのときの感情を私が感じ取ることで,前世の感情を解放していきます。

前世の感情の解放が済み,相談を終えるときに,夫以外の男性と交際する気持ちを,隅々まで味わってください,それで結論が出たら,今生で為すべきことの一つを成し遂げたことになります,と説明しました。

※その4を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2017/10/4.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html