2017年8月18日金曜日

人生相談(人生相談を利用するスタンス)

今回は,人生相談の利用するときのスタンスについて,思うところを書きます。
ケース別に説明します。


□自分の霊的な状況を説明してほしい
これが多くの人の,人生相談を利用するスタンスです。

自分の霊的な状況や守護霊からのメッセージなど,自分では知りえない,霊的な面を説明をしてほしいという依頼内容になります。

それをもとに,今後どうするかを自分が判断されます。


□占いや霊視をたくさん利用してきました
これまでに,多くの占いや霊視を利用されてきた人々です。

こういう人々からの相談を受けることもあります。全員女性です。

では,占いや霊視に依存しているのかというと,そうともいえません。次々と答えを探し求めているということは,一つの占いや霊視にとらわれていないということです。

労力や料金がもったいないので望ましい利用方法とはいえませんが,それぞれの占いや霊視の結果を一つの意見にとどめている点に関しては,適切な利用をされているといえます。

余談ですが,前世を霊視していて,過去に霊視してもらったことがあるかは,わかる場合があります。

前世の情景が入っているところを部屋に例えると,初めて前世を霊視してもらう人の部屋は,ほこりをかぶっているようです。過去に前世を霊視してもらったことがある人の部屋は,ほこりをかぶっておらず,人の出入りがあった痕跡があるように感じるからです。


□セカンドオピニオンとして利用すべき
人生相談に限らず,どのようなものでも盲目的に信用すべきではありません。

それは,自分の人生は自分で決めるべきであるということと,この世に「絶対」はないからです。

では,人生相談をどのように利用すべきかということですが,セカンドオピニオンとしての利用が望ましいと考えています。

セカンドオピニオンとは物事の判断に関する,当事者以外の第三者からの意見です。この場合の第三者は,専門家であったり,意見の内容に関する識見を持っている者であることが多いです。

自分のことは自分が一番良く知っていますが,自分が知りえない霊的な面からの状況を,セカンドオピニオンとして取り入れることで,よりよい判断を下す一助になると思います。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html