2017年7月24日月曜日

人生相談(リバウンド)その1

霊的な問題には,様々な原因があります。例えば,四六時中他人からの声に悩まされる,霊聴というケースがあります。これは,悪意のある霊が憑依することで起きます。

また自分の理性に反して,怒りの感情が収まらなくて対人関係がうまくいかない,揉め事を繰り返し起こして自分の人生が思い通りにいかない,などの悩みもあります。これの主な原因は,前世の自分が怒りを抱えたままで魂にいるため,それがときどき今生の自分に影響を及ぼしていることがあります。

これらの問題に対し,お祓いを行ったり,前世の自分の怒りを解放することで,改善できる場合があります。

ところが,一度は改善していったものの,ある程度元に戻ってしまう場合があります。

この,改善しつつあるものが元に戻ること,あるいは戻ろうとすることを,ここではリバウンド(rebound)とよびます。

リバウンド(rebound)はもともと,投げたボールが壁にあたって跳ね返ってくるような,跳ね返りを意味する英単語です。ダイエットでは,一度は痩せたものの,その後太った状態に戻る意味で用いられています。

今回はこの,リバウンドについて感じるところを書きます。


□リバウンドの例1
相談者の体内に悪意のある霊が入り込み(憑依して),相談者にしつこく話しかける霊聴という現象があります。

例えていえば,相談者の体をドアの鍵が施錠できない家とすると,憑依した霊はドアから家の中に入り込んだ浮浪者のようなものです。

一般の人は,ドアが施錠できる家ですので,家の中に入り込めません(憑依できません)。

ところが霊的に鍛えていない状態で,霊的な研究を続けたり神様とつながる試みを続けることなどをしていると,ドアの施錠がゆるくなり,そして施錠できなくなり,外部から霊が入り込むことができるようになります。

この問題に対して,憑依した霊を直接お祓いの力で追い出す方法と,相談者を霊的に憑依しにくい状態にして出ていかざるを得なくする間接的な方法があります。

ところが憑依した霊を直接お祓いの力で追い出す方法の場合,追い出すだけでは,元に戻ってしまうことが起きます。

これは,家から浮浪者を追い出しても,施錠できないドアからまた入ってくるということで,リバウンドが起きているということです。


□霊的なことをしないことでリバウンドが防げる
憑依した霊を直接お祓いの力で追い出す方法の場合,ドアが施錠できる状態にしなければ,家から追い出しても何度でも入ってきます(何度でも憑依します)。つまり,リバウンドが起きます。

この場合,霊的なことをしないことで,数か月,あるいは数年単位で,戻っていきます。つまり,家のドアが施錠できる状態に戻ります。

憑依した霊を直接お祓いの力で追い出す方法の場合,リバウンドを防ぐには,このドアが施錠できる状態に戻ることと並行して,憑依した霊を追い出していかなければなりません。

※その2を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2017/08/2.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html