2017年5月30日火曜日

面談に関するQ&Aを追加しました

私が行っているスピリチュアル人生相談(以下,人生相談)では,メールによる人生相談(以下,メール相談)と,面談による人生相談(以下,面談)を,サービス内容としています。


□サービス内容の説明と相談のお申し込みのWebサイト
以下のアドレスです。


メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

※パソコン向けのページと,スマートフォン向けのページがあり,自動で切り替わります。


そのサイト内で,Q&A形式によるサービス内容の説明のページがあります。

http://www.kimura-kouichi.com/c/q_and_a.html (パソコン向けのページ)
http://www.kimura-kouichi.com/b/q_and_a.html (スマートフォン向けのページ)

※説明内容は共通です。


□今回の更新箇所
面談は,相談者と私とのやりとりを想定していますが,付き添いの人も来られる場合があります。

相談者と付き添いの人の2名で面談することも承っていますが,それに関するQ&Aを,今回追加しました。


□2名で来られるケース
次のケースがあります。

(1) 子供の相談で母親が申込み,母親が付き添うケース
(2) お嬢様が申込み,母親が付き添うケース
(3) 母親が申込み,お嬢様が付き添うケース

友達が付き添うケース,というのは無いです。

(2)と(3)は,相談相手(私)がどのような人かご家族が心配なため,付き添って確認しておきたいということでしょう。

もちろん,チェックされるのは自由ですから,付き添いもOKしています。また未成年の相談の場合,保護者が付き添うのは必要なことです。


□ご留意いただきたいこと
相談者に関する私の説明を,ご家族が横で聞きますから,プライバシーが守れないことはご留意下さい。

喫茶室のお茶代は2名様までこちらが負担します。

相談者の相談内容がメインになりますが,付き添いの人を霊視して,付き添いの人の相談に回答することはできます。ただし面談時間の関係から,付き添いの人の説明は,簡単なものか断片的なものになることをご了承下さい。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


□メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2017年5月18日木曜日

人生相談(未来はどこまで分かる?)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/06/blog-post_07.html

今回は,その1で説明したことの例外を取り上げます。


□未来予知に関する私の見解
その1の内容をまとめて箇条書きにすると,次のようになります。

(1) 詳細な未来が分かってしまうと,試練の場である人生で,試練に取り組まなくなり,逆に未来がそうならなくなる。

(2) 私には詳細な未来は知らされない。ただし,あの世で手配している今後の計画や方向性といった,現状のまま生きていけば将来はこうなる,といった大まかなことが知らされる場合がある(その知らせを未来予知とする考え方もある)。

(3) どうしても未来を知りたい場合,今後の計画や方向性だけを知ってあとは自分次第,という気持ちで物事に取り組んでいけば,良い結果に結びつく。


□未来が詳しく知らされる場合
何事にも例外があるように,その1で説明した内容にも例外があります。今回はそれを取り上げます。

なお,取り上げるケースは,実際にあった相談をもとに創作したものです。


ある女性からの相談です。
毎日仕事が終わってから近所にある実家に行き,一人暮らししている母親の世話をしているそうで,母親の今後が知りたいとのことでした。

私が霊視すると,春の夜,家の前に救急車やパトカーが停まって,騒々しい雰囲気になっているシーンが伝わってきました。母親の最期のシーンのようでした。

私はそれをまとめて伝え,最期はそうなる可能性があると説明しました。


それから数か月後,その女性から再度の相談がありました。

4月上旬のある日に,いつも通り仕事が終わって実家に行ったら,母親が意識不明で倒れていたそうです。すぐに救急車をよび,事件性の有無の確認のためにパトカーも来て,自宅周りは騒然とした雰囲気になったそうです。

その後搬送先の病院で死亡が確認され,葬儀が終わって一息ついたところで相談してきたそうです。

相談内容ですが,前日に母親を風呂に入れたときに,寒い思いをさせたそうです。それが原因で死なせたのだろうかと気になっていて,亡くなった母親に聞きたいということでした。

私からは,前回の相談で説明した,亡くなられるシーンの通りになったでしょう。それはあなたの不手際で死なせたわけではなく,何らかの理由があってこの時期に亡くなられるのは決まっていたためです。だからあの世から私に知らされたのだと思います,と説明しました。

それとともに,亡くなられた母親からのメッセージも伝えました。

私の経験上,亡くなられる場面が事前に知られる場合,亡くなられたことに関してご遺族が自分を責めるタイプの人であることが多いです。

断定はできませんが,未来が知らされる場合,それは何らかの配慮のために行われるようです。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2017年5月10日水曜日

人生相談(赤い糸)その3

その2はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2017/05/blog-post.html

その3ではその2の続きとして,赤い糸でつながれた二人はどのような関係なのかについて取り上げます。

なおここで取り上げる例は,これまでの相談で霊視で見えた関係をもとに,創作したものです。


□ケース3:前世で尊敬していた人とのつながりだった
ある女性からの相談です。好きでもない男性だったが,なぜか話がとんとん拍子に進んで,その男性と結婚してしまいました。この謎を知りたいということが,相談内容の一つにありました。

霊視するとその女性の前世は日本で,近所に尊敬する女性がいました。優しくて気遣いができて一緒にいると心地よい女性だったので,その女性の家にことあるごとに通っていました。

そしてあの世で,次に生まれるときはあなたの家族になりたい,と尊敬する女性(の霊)に話しました。しかし,尊敬する女性の子供として生まれる人は決まっており,その子供の妻として家族に入ることはできるため,そうすることにしました。

つまり相談者にとって,ご主人と赤い糸で結ばれていましたが,ご主人の母親であるお姑さんとの縁のほうが深いということでした。

※その4を掲載しました
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/07/blog-post.html

 
□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2017年5月1日月曜日

人生相談(赤い糸)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/06/blog-post.html

その2では,赤い糸でつながれた二人はどのような関係なのかについて取り上げます。
なおここで取り上げる例は,これまでの相談で霊視で見えた関係をもとに,創作したものです。


□ケース1:前世で顔を合わせる間柄だった
ある女性からの相談です。好きでもない相手となぜか結婚してしまい,この謎を知りたいということが,相談内容の一つにありました。

霊視するとその女性の前世は日本で,夫に先立たれ,子供と農業をして生計を立てていました。そのときに,その地域で農作物を買い取る業者であった男性が,今生でのご主人でした。

ご主人は前世で,その女性に魅かれていましたが,交際することもなく人生が終わりました。そしてあの世で,相談者の女性に,一緒に暮らして苦楽を共にしたいと頼み込み,夫婦になる約束をしてこの世に生まれることにしました。


□ケース2:前世で殺した相手だった
ある男性からの相談です。妻がときどきヒステリーを起こす,何とかならないかという相談内容でした。

霊視すると,その男性は前世では武士で,戦で人を殺しました。そのときに殺した相手の娘がそばにおり,この先一人で生きていくのは辛いだろう,一緒に天国にいくべきだと判断して,一緒に殺しました。

そして戦が終わり,お寺に通っては殺した相手を弔うことをしていましたが,どうしても殺した娘だけは忘れられませんでした。

そして亡くなり,あの世で殺された娘と再会しました。申し訳ないことをした,次の人生ではあなたの面倒を見たいと申し出ました。

そして今生で出会い,結婚しました。しかしその女性の魂では,夫に前世で殺された記憶が魂にあり,それがときどき何かの拍子に呼び覚まされて,ヒステリーのような症状を起こしていたのでした。

この相談の解決策ですが,その記憶に絡みついている感情が問題を起こしています。そのため,その記憶に絡みついた感情を解放するよう,祈祷を行いました。

※その3を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2017/05/blog-post_10.html

□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html