2017年4月1日土曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その28

その27はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/11/27.html

今回は霊的な能力のうち,お祓いの手法について説明します。
なお,文中で「即効性」や「効く」という表現を用いていますが,これはあくまでも私の感触(手応え)です。


□お祓いの方法は人によりまちまち
ここではお祓いを,人の周囲に漂っている想念をなくすこと,あるいは人に取り憑いている霊(守護霊ではなく悪意のある霊)を追い出すこと,と定義します。

お祓いの進め方ですが,これは人により異なるようです。

私の場合,相談者とまず霊的につながります。そして状況を把握して,感触というか手応えが伝わってくるようになるまで意識を集中します。

そして,取り憑いている霊や,周囲に漂っている想いに対し,お祓いを行います。


□力を加える方法と想いで満たす方法がある
このときのお祓いですが,遠隔操作のように力を加えていく方法と,相談相手やその周囲に想いを送り込む方法があります。

どちらを用いるかは,状況により使い分けます。


□力を加えていく方法
これは霊的な力で,遠隔操作のように取り憑いた霊を押し出したり,周囲に漂っている想念を雲散霧消させようとするものです。

この方法は,重くない(あるいは長期化していない)憑依である場合や,周囲に漂っている想念が少ない場合に用います。


□想いを送り込む方法
これは暖かい想いを,取り憑いている霊の周りに送り込んだり,周囲に漂っている想念の周りに送り込むものです。

この方法は,重い(あるいは長期化した)憑依である場合や,周囲に漂っている想念が多い場合に用います。

力を加えていく方法は,即効性がありますが,重い憑依では効果がない(元に戻ってしまう)場合があります。

これに対し想いを送り込む方法は,即効性はなく,体質改善するようにじわじわと効いていきます。その代わり,万能的に効きます。


□どちらにしてもエネルギーを消費する
どちらの方法にしても私のエネルギーを消費し,終わると眠たくなります。

そのため急がない場合は,就寝前にお祓いを行い,終わるとそのまま眠りにつくようにしています。

※その29を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2017/04/29.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html