2017年4月18日火曜日

人生相談(人に言えない悩み)その17

その16はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/10/16.html

その17では,尖端恐怖症(先端恐怖症)を取り上げます。


□細くとがった物を見ると失神しそうになる
尖端恐怖症とは包丁やナイフに限らず,鉛筆など先端が尖(とが)った物が視界に入ると,強い恐怖感を感じる症状です。

誰でも,尖端の尖(とが)ったものが自分に向けられていると,刺されるんじゃないかという不安が生じて,落ち着かないものです。

そのため,ビジネスマナーとして人を指ささないようにしていますし,料理のマナーとしてお箸は食べる人から見て横向きに置くようにしています。

ところが,不安が生じて落ち着かないレベルではなく,日常生活に支障をきたすレベルで,失神しそうになるほどの恐怖感を感じるのが尖端恐怖症です。


□過去世の出来事や今生の出来事
この相談で相談者を霊視すると,過去世で刺し殺された情景が見えます。私が受けた相談の範囲内ですが,全員が過去世で刺し殺された記憶があります。

それが魂の記憶に残っており,そしてその記憶に強い恐怖感が絡みついています。そのため生まれ変わっても,魂の記憶を思い出すことがあった場合,それに絡みついている強い恐怖感も蘇ってくるというものです。

刺された出来事が今生である場合も同じです。魂の記憶ばかりではなく,知覚できる顕在意識にも恐怖感が残っており,より深刻な症状をもたらします。


□魂の記憶にある恐怖感を解放させる
対処ですが,この記憶に絡みついている恐怖感を解放することです。それにより,記憶は恐怖感を伴わないものになります。他の記事でも書いていますが,私はこれを記憶の無害化と呼んでいます。

この恐怖感の解放には,何らかの手段を使って自分で刺し殺された情景を思い出す方法と,霊的な力で感情を解放させる方法があります。

何らかの手段を使って自分で刺し殺された情景を思い出す方法ですが,前世療法とよばれる療法があります。

私の人生相談では,霊的な力で感情を解放させる方法を用いています。

どちらの方法にしても,対処の成果は客観的に証明できるものではありません。また,過去の実績(成功率)を示すこともできません。

説明内容や費用で検討いただくことになりますが,私としても相談者に,過去世の情景などを詳しく説明をするよう心がけています。

※その18を掲載しました
http://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/05/18.html

□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html