2017年3月22日水曜日

人生相談(法事と供養)その5

その4はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2017/03/4.html


その5では,供養の必要性について取り上げます。
なお,ここで書かれている内容は,私個人の見解です。


□お坊さんにお経をあげてもらうと成仏しやすいですか?
お坊さんに限らず,宗教で修行されている人は,想いの力が強いです。それは霊的な能力の高低に関係なく,毎日の修行で想いの力が高まります。

その想いの力が,成仏しやすさに影響しています。
ですからお坊さんに限らず,神道の神主や,キリスト教の神父や牧師(宣教師も)なども同様です。

ただし一般の人でも,毎日仏壇に向かって供養することも有効です。それは,「想いの力×供養の回数」で考えたらいいでしょう。想いの力は弱くても,供養の回数が多ければということです。


□亡くなった後の法要は何回忌までするべきなのでしょうか?
これもケースバイケースですが,成仏という観点から見れば7回忌あたりが目安になります。

もちろん遺族が望めば,23回忌などそれ以上も行えば良いのですが,一般的に没後7年あたりまでは,供養の力で霊が浄化される余地があるように感じます。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html