2016年12月22日木曜日

人生相談(開運について)その11

その10はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/12/10.html


今回はその10の続きとして,人生がうまくいくようになる(開運する)ために必要な,潜在意識に蓄積された葛藤や苦しみを解放する別の方法について取り上げます。


□潜在意識にある苦しみや葛藤を解放する方法
私の知る限り,3つの方法があります。

(1) 心理療法や瞑想による解放
(2) 別の想いで満たすことによる解放
(3) 霊的な力による解放

今回は(2)の,別の想いで満たすことによる解放を取り上げます。


□別の想いで満たすことによる解放
この説明の前に,習慣的な発言(口ぐせ)の意識に与える影響の大きさを,まず認識する必要があります。

口ぐせは自己暗示の効果をもたらし,物事の考え方や普段抱く感情が固定化するからです。

そして固定化した感情は,長期的には顕在意識から潜在意識へと下りていきます。

ですから悲観的な内容の口ぐせを続けていれば,悲観的な感情が潜在意識へと下りていき,苦しみや葛藤となって蓄積されます。反対に,楽観的な内容の口ぐせを続けていれば,その感情が蓄積されます。

そして蓄積されたそれらが,その人が物事を判断するときの考えにまで影響を及ぼします。つまり,人生の方向までも決定しているといえます。

このことから,言葉には霊的な力があると信じられており,言葉に宿る霊的な力を,言霊(ことだま)といいます。霊的な力というと理解しにくいですが,自己暗示といえば理解しやすいでしょう。

今回の別の想いで満たすことによる解放とは,この自己暗示(言霊)の力を利用する方法です。

前向きな内容の口ぐせを続けることで,長期的に前向きな(プラスの)想いが潜在意識へと下りていき,その想いで満たされることにより,それまでに蓄積されてきた苦しみや葛藤が置き換わっていきます。

前向きな想いですが,愛情,感謝の気持ち,夢が実現した感情,などがあります。
この方法を体系化した手法として,ホ・オポノポノがあります。


□ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノとは,ハワイの伝統的な考え方や問題解決法です。

ホ・オポノポノでは,「ありがとう」,「ごめんなさい」,「許して下さい」,「愛しています」,の4つの言葉を繰り返し言うことで,潜在意識にあるマイナスの想いの解放をはかります。

この潜在意識からの解放を,ホ・オポノポノでは記憶のクリーニングと表現しています。
たとえば,「ありがとう」の言葉を繰り返し言うことで,感謝する暖かい想いが長期的に潜在意識に下りていき,感謝する暖かい想いが潜在意識に満ちていくことで,冷たいマイナスの想いを置き換えていきます。

この方法はお金がかかりませんが,顕在意識から潜在意識へと下りていき,さらに置き換わるのに時間がかかることから,効果が現れるのに数か月はかかる傾向があります。

なお,他の方法でも多少は当てはまることですが,4つの言葉を繰り返し言うだけでなく,この4つの言葉が当てはまるように日頃の想いも変えないと,効果が高まらない可能性があるようです。

逆に,日頃の想いも変えると相乗効果が出るはずです。

※その12を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/12/12.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html