2016年11月6日日曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その26

その25はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/03/25.html

今回は,霊視で人の健康状態がどのように見えるのかについて説明します。

なお,記事の内容は医療行為ではなく,健康状態で顔色がどう変わるかという話や,苦痛軽減のために体をさするのと,同じ種類のことです。

また,ここで取り上げる事例は,経験をもとに創作した架空のものです。


□お体の総合的な状態は,色で感じる
私の霊視では,お体の状態を色で感じます。
色ですが,以下のように感じます。

(1) ピンク:健康な状態
(2) ピンク+だるい感触:疲労している状態
(3) グレー(正確には白黒が反転したような色):疲労が蓄積されるなど,抵抗力が低下している状態
(4) 浅い黒:生命力が低下している状態
(5) 深い黒:機能停止している状態


□亡くなられる寸前の人を霊視した場合
いろいろな人生相談を受けていると,ご家族に関する相談で,この機会がときどきあります。

霊視すると(6)の状況ですが,深い黒の部分が体中に広がっていく感触です。

この状況をひっくり返して好転させることはできませんので,亡くなられる人の意識と霊的につながり,お気持ちを相談者に伝えたり,エネルギーを送って苦痛軽減に取り組みます。


□胎児が亡くなられる場合
これは特有で,(3)から(6)へと一気に進むような感触です。

胎児を宿していたお母さんが,胎児が苦しんで亡くなったのではないかと気になるケースがありますが,感覚が未発達で,胎児は苦痛を感じていないようです。

ただ亡くなられる寸前に,胎児の魂が,「だめだったか」という想いをもつことがあります。そのため,その状況を説明するようにしています。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html