2016年10月29日土曜日

人生相談(人に言えない悩み)その16

その15はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/10/15.html

その16では,その15の続きとして,感覚が間接的にしか伝わらない感じがすることの,別の原因を取り上げます。


□負のカルマの影響を受けている
自分のしたことが自分に返ってくる仕組みが,カルマ(業)です。良い行いであれ,悪い行いであれ,それが今生や来世で,何らかの形で返ってきます。

今生の行いであれば思い当たるので,相談内容は前世やそれ以前の過去世(合わせて過去世とよびます)で生じた,負のカルマになります。

つまり,過去世で良くない行いをして負のカルマが生じ,今生でその影響が,感覚が間接的にしか伝わらない感じがするという症状として及んでいるということです。


□色情因縁のカルマが多い傾向がある
負のカルマの影響ですが,たとえば人を殺したり自殺すると,今生では命の大切さを経験する人生を送るように,カルマの影響が及びます。

では,感覚が間接的にしか伝わらない感じがするという症状の,原因となる行いですが,色情因縁が関係しているケースを多く見かけます。

つまり過去世で,愛欲関係で罪深いことをしたために,この症状が現れているというケースを多く見かけるということです。

それ以外に,人の感覚を狂わすようなことをした場合にも,そのカルマが来世で自分に返ってきて,感覚が間接的にしか伝わらないような症状を作り出します。


□カルマの精算時期を早められる可能性はある
では,過去世のカルマを精算して,感覚が直接伝わるような状態になることは可能かということですが,望みはあります。

自分のしたことが自分に返ってくることで,何世にもわたって魂の修行をさせられています。つまりカルマは,魂を高めるための修行の仕組みといえます。

そのため,本件に関する修行が終われば,それに関する過去世のカルマは精算されますので,悩んでいた症状はなくなり,感覚が直接伝わってくるようになります。

修行を経験することは必須ですが,過去世でどのようなことがあったのか,どのような修行をさせられているのかを知り,自分はどのような意識をもつべきか,を理解することで,修行の終わりが早まる可能性はあります。

ところが,過去世の記憶は思い出せないため(意識の底の,魂の記憶にはあります),なぜこうなっているのかがわからず,彷徨うように生きている状態となりがちです。


□原因と現状を知り,そして意識を変える
そのため私の人生相談では,前世と現状を霊視し,わかったことを説明します。そしてどのような方向の意識をもつべきかを,相談内容を伺いながら結論を求めていきます。

前世と現状の霊視では,お写真(携帯の自撮りで十分です)が必要です。ただし,生年月日やお住まいに関する情報は不要です。

霊的な能力は人により異なり,霊視で必要な手がかりも異なります。私の場合はお写真と名前で十分で,それ以外の個人情報は不要です。

※その17を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2017/04/17.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html