2016年10月29日土曜日

人生相談(人に言えない悩み)その16

その15はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/10/15.html

その16では,その15の続きとして,感覚が間接的にしか伝わらない感じがすることの,別の原因を取り上げます。


□負のカルマの影響を受けている
自分のしたことが自分に返ってくる仕組みが,カルマ(業)です。良い行いであれ,悪い行いであれ,それが今生や来世で,何らかの形で返ってきます。

今生の行いであれば思い当たるので,相談内容は前世やそれ以前の過去世(合わせて過去世とよびます)で生じた,負のカルマになります。

つまり,過去世で良くない行いをして負のカルマが生じ,今生でその影響が,感覚が間接的にしか伝わらない感じがするという症状として及んでいるということです。


□色情因縁のカルマが多い傾向がある
負のカルマの影響ですが,たとえば人を殺したり自殺すると,今生では命の大切さを経験する人生を送るように,カルマの影響が及びます。

では,感覚が間接的にしか伝わらない感じがするという症状の,原因となる行いですが,色情因縁が関係しているケースを多く見かけます。

つまり過去世で,愛欲関係で罪深いことをしたために,この症状が現れているというケースを多く見かけるということです。

それ以外に,人の感覚を狂わすようなことをした場合にも,そのカルマが来世で自分に返ってきて,感覚が間接的にしか伝わらないような症状を作り出します。


□カルマの精算時期を早められる可能性はある
では,過去世のカルマを精算して,感覚が直接伝わるような状態になることは可能かということですが,望みはあります。

自分のしたことが自分に返ってくることで,何世にもわたって魂の修行をさせられています。つまりカルマは,魂を高めるための修行の仕組みといえます。

そのため,本件に関する修行が終われば,それに関する過去世のカルマは精算されますので,悩んでいた症状はなくなり,感覚が直接伝わってくるようになります。

修行を経験することは必須ですが,過去世でどのようなことがあったのか,どのような修行をさせられているのかを知り,自分はどのような意識をもつべきか,を理解することで,修行の終わりが早まる可能性はあります。

ところが,過去世の記憶は思い出せないため(意識の底の,魂の記憶にはあります),なぜこうなっているのかがわからず,彷徨うように生きている状態となりがちです。


□原因と現状を知り,そして意識を変える
そのため私の人生相談では,前世と現状を霊視し,わかったことを説明します。そしてどのような方向の意識をもつべきかを,相談内容を伺いながら結論を求めていきます。

前世と現状の霊視では,お写真(携帯の自撮りで十分です)が必要です。ただし,生年月日やお住まいに関する情報は不要です。

霊的な能力は人により異なり,霊視で必要な手がかりも異なります。私の場合はお写真と名前で十分で,それ以外の個人情報は不要です。

※その17を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2017/04/17.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2016年10月27日木曜日

11月1日よりサービス内容を一部変更します

私が行っているスピリチュアル人生相談(以下,人生相談)では,メールによる人生相談(以下,メール相談)と,面談による人生相談(以下,面談)を,サービス内容としています。

メール相談を10月11日より一部変更しましたが,さらに11月1日より一部変更します。


□変更内容
<現行>
メール相談(3回まで回答):8,000円(税込み)
面談(60分):10,000円(税込み,京阪神地域に限ります)

       ↓

<2016年11月1日より>
メール相談(3回まで回答):8,000円(税込み)
メール相談(1回回答):5,000円(税込み)
面談(60分):10,000円(税込み,京阪神地域に限ります)

つまり,「メール相談(1回回答):5,000円(税込み)」を追加します。他は変更ありません。


□「メール相談(1回回答)」について
霊的な問題がないか霊視してほしい,守護霊からのメッセージを聞きたい,といった1回の回答で済む相談もあります。それに応えるためのものです。

そして,お祓いやヒーリングは1日(1回)のみ行います。

「メール相談(1回回答)」では,1回の相談で3項目までの相談に回答します。
(3項目の例)
(1) 霊的な影響を感じるので自分を霊視してほしい。写真を添付します。
(2) 自分の守護霊からのメッセージがあれば聞きたい。
(3) ヒーリングを経験したい。

お申し込み後,私からお送りするお申し込み受付のメールで,そのうちの1つを回答(あるいは実施)します。それで判断していただいて送金されると,残り2つについて回答(実施)します。つまり,入金確認後の回答が1回であり,それとは別にお申し込み時に一部回答します。


「メール相談(3回まで回答)」では,お申し込みから1か月以内で,3回目の相談(質問)まで回答します。そのため相談項目数は常識的な範囲ということで(ケースバイケースなので線引きが難しいからです),特に制限は設けません。
お祓いやヒーリングは,状況に応じて一週間(7回)まで行います。


なお「メール相談(1回回答)」でも,必要に応じて差額3,000円を支払うことで,「メール相談(3回まで回答)」に変えることは可能です。

つまり,まず「メール相談(1回回答)」で様子を見てから,相談を続けるか判断することもできます。


□どちらを選べばいいですか
いろいろな人の人生相談を受け付けていますが,相談内容は多岐にわたっています。

異性との交際や対人関係で不可解な出来事に悩まされ続けてきた人,重い負のカルマの影響で悩んできた人,ご家族を含め精神的な原因で長年悩んできた人,などの相談内容が多い傾向があります。これらは,お祓いを続けたり,やりとりを重ねる必要がありますので,「メール相談(3回まで回答)」が適しています。

守護霊からのメッセージを聞きたい,前世を知りたい,といった相談であれば,「メール相談(1回回答)が適しています。


□以前は「メール相談(お祓い/ヒーリングなし):5000円」がありましたが?
それがなくなったことについて問い合わせがあり,サービス内容を見直して,同じ料金で復活させたということです。

サービス内容の変更は,告知期間をおいて実施しています。それでも後から問い合わせ(5,000円のメール相談がなくなっていますが,など)があります。

これは,人生相談をお申し込まれる人は,このブログや人生相談のWebサイトを読まれて,しばらく考えてからお申し込まれる傾向があるからです。

それは当然のことで,よく考えられ,検討されてからお申し込みいただければと思います。

以前と料金が同じサービスがあることに加え,私の人生相談でお祓いやヒーリングはほぼ必須であり,3回目まで回答する必要のないケースがあるため,このようにサービス内容を見直しました。


※混乱が生じるといけないので,前回のサービス内容変更の記事を削除しました。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


□メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2016年10月19日水曜日

人生相談(人に言えない悩み)その15

その14はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/10/14.html

その15では,その3の続きとして,感覚が間接的にしか伝わらない感じがすることの,別の原因を取り上げます。

その3はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/06/part3_29.html

感覚が間接的にしか伝わらないというのは,皮膚をさわっても,触感が直接伝わってこない感じがするということです。皮膚と神経との間に,ベールをはさんでいるような感触があると表現することもできます。

※今回の記事を書くにあたり,構成の関係からその3を更新しました。


□何らかの強い想念を継続的に受けている
他人が毎日,恨みや憎しみの想念を送ってきた場合,その想念が自分を取り囲み,感覚が直接伝わらないような現象を起こします。

霊視すると相談者の体の外側に,その想念が粘り着くように貼り付いています。それが,感触が直接伝わらないようにしているものと思われます。


□恨みや憎しみの想念はゆっくりと消滅する
相手が恨みや憎しみの想念を送るのをやめた場合,自分を取り囲んでいる想念は次第に消えていきます。つまり,元に戻っていきます。

ではどれくらいで消滅して元に戻るかということですが,恨みや憎しみの想念を送ってきた年数にもよりますが,だいたい2~3年で消滅する傾向があります。


□お祓いで早期に消滅できる場合がある
もっと早く消滅できないのかということですが,お祓いで早期に消滅できる場合があります。早期とはどれくらいかということですが,私の経験として数日,余裕をみて一週間ほどです。

そしてお祓いを始めてから消滅するまでの間,眠たくなったり,体が温まる感触が生じたります。


□相手が継続的に送ってきた場合
「早期に消滅できる場合がある」と断定的ではない説明になっているのは,世の中には完全はないことと,相談者の状況が個別に異なるからです。

相手が,恨みや憎しみの想念を送るのを継続している場合,お祓いで一時的に消滅できますが,しばらくしたらまた以前の状態に戻り始めます。つまり,相手が恨みや憎しみの想念を送ることをやめないと,再び悪化する場合があるということです。

言い換えれば,元を絶たないとだめだということです。

恨みや憎しみの想念を送るのをやめる場合ですが,三角関係などの愛憎問題では,相手が別の異性と交際を始めてたりして気持ちが切り替わり,自分を忘れるといった生活の変化があります。

そのため,どうすれば相手が気持ちを切り替えられるかも,相談内容になります。その場合,相談者の守護霊様からのメッセージを伝えることが多いです。


また本件に関して,関連する記事があります。

人生相談(何をやってもうまくいかない)その4 
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/05/part4.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2016年10月8日土曜日

人生相談(人に言えない悩み)その14

その13はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/04/13.html

その14では,家族への許せない気持ちが消えないことについて取り上げます。この悩みは少なからずありますが,原因がまちまちです。

なお,ここで取り上げる相談例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。


□両親への許せない気持ちがなくならない
働いている独身女性からの相談です(あくまでも創作です)。両親への許せない気持ちが根強く,消えないというものです。

お話を伺うと,両親から虐待されることもなく,普通に育てられたと感じるそうです。

ただ高校を卒業してから,都会の学校に進学して働きたいと願っていたものの,母親を中心に反対されて実現せず,地元の学校に入学して地元で働いているのが,これまでの人生で生じた大きな不満だそうです。

その不満が許せない気持ちに変わり,10年以上たっても変わらず,自分でも手を焼いているというものです。

そのことを,周囲の人に話したこともあるそうです。そんなことにいつまでもこだわっていても仕方がないでしょう,それよりも今後のことを考えるべきでしょう,と言われたそうです。

それは,自分としても十分に分かっていることですが,理性でそう思っていても,両親を許せない衝動は変わらずに現在に至っているそうです。


□生まれてきた目的の実現を邪魔された
その女性を霊視しました。もともと仕事に関する能力が高い女性でしたが,前世は田舎で暮らしており,その能力を発揮することなく終わりました。

そのため生まれる前に,都会に出て高度なことを学び,能力を活かした仕事に就きたいと願い,そして前世と縁のある家庭に生まれました。

その生まれてきた目的が反対されて実現できなかったため,とりわけ強い不満が生じました。そして許せない気持ちに隠れていますが,生まれてきた意味がないではないかという,後悔のような感情も生じていました。


□潜在意識に溜まっている不満を解放させる
両親への許せない気持ちが消えない状態は,恨みを向けられたご両親にとって良くない状態ですし,本人にとってもいつまでもその状態を抜け出せないため,人生が好転しにくい状態も作り出しています。

そのため潜在意識に蓄積されている,原因となった出来事への想いを,祈祷で解放させることにしました。祈祷の効果はケースバイケースで,以降は本件の場合ということでお読み下さい。

いざ始めてみると,その想いはかなり強固でした。何度か行い,半分くらい解放させたところで,意識全体の疲労が感じられたのでそこまでになりました。

相談者に,今回は半分くらい解放させたところまでになります,3か月以上意識(心)を休ませるとともに様子を見て,必要に応じて続きの相談を申し込んでください,と説明しました。

相談者からは,許せない気持ちは無くなってはいないものの以前より減った,これまで何をもってしても変わらなかったものが変わったので驚いている,という返事がありました。

それから半年後,その相談者から再度の申し込みがありました。祈祷で残り半分の解放を行い,ほぼ無くなった手応えを感じました。それとともに,相談者の守護霊から,しばらく先で相談者の人生が開けるメッセージがあり,終了時にそれも伝えました。


□過去にとらわれている状態では人生は進展しない
誰もが生まれる前に,今度の人生で経験することや実現することを決めます。それを生まれてきた目的と表現していますが,それはたいていは実現できます。

しかしあくまでも計画なので,周囲からの反対や不慮の事故や災害などの理由で,実現できずに終わる場合もあります。

不慮の事故や災害などでこの世を去った場合は別ですが,生きていて,そして問題解決に取り組んでいれば,何らかの形で生まれてきた目的を実現できる場合があります。

やむを得ない理由があったにせよ,いつまでも許せない気持ちにとらわれている状態は,その人の人生の進展を妨げます。どこかで引きずってきたものを解消していくことで,セカンドベストで人生が進展する可能性はあるといえます。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html