2016年9月17日土曜日

人生相談(心霊現象)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/09/1.html

今回は心霊現象のうちの,気配を感じる相談について取り上げます。なお相談内容は,過去の相談をもとに創作したものです。


□家の近くで異様な気配を感じます
霊感は誰にでもあり,その程度が違うだけです。そして,霊は感じられなくても,ほかと違う気配は感じるという人もおられます。今回の相談者もそのような人で,家の中ではなく,家の近くで異様な気配を感じるということでした。

相談者のご自宅の周囲を霊視したところ,ご自宅の横の道に,自然霊が昔から棲んでおられるのを感じました。

その自然霊ですが,私の霊視では,秋田県の民俗行事であるなまはげ(悪事を諌め、災いを祓いにやってくる使者)のようなお顔に見えました。そのため気配も,人間にとっては異様と感じるものでした。

しかし,その自然霊は人間に対し,悪事を諫めたり災いを払う気持ちはなく,ただそこに存在しようとする意思を感じました。

つまり,人間に対してどうこうする気はなく,かといって敵対する気もなく,人間との共存を黙認して存在しておられました。


□自然霊を敬い,気にしない
私からその自然霊に,近くに住んでおられる人(相談者)があなた様の気配でびっくりしたので,私に相談がありました。私からあなた様の存在をその人に説明し敬うように話します,と伝えました。

その自然霊からは,「そうか,わかった」というニュアンスの意向が返ってきました。

そして相談者に,その自然霊の特徴を伝え,頭を下げたり手を合わせる必要はないが,軽く敬う気持ちをもってほしい。災いをもたらすことはないので,気にせずに暮らしたらいい,と説明しました。

その後その相談者から,異様な気配が減ったとの返事がありました。霊視したら,その自然霊は棲まわれる位置を,一定の範囲内でときどき移動されていますが,相談者の家から離れた位置で棲まわれることが多くなったようです。

私からその自然霊に,ありがとうございましたと感謝の気持ちを伝えました。


□この種の相談はどう依頼すればいい?
家の周囲を写したお写真(画像ファイル)があれば,遠隔で霊視できます。そのため,メールによる相談で対処できます。

自然霊の霊視とやりとりでお祓いと同等のエネルギーを使いますので,「ヒーリング/お祓いあり」で,お写真を添付してお申し込み下さい。

※その3を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/09/3.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html