2016年7月30日土曜日

人生相談(相談内容のダイジェスト)その2

その1はこちらです
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/07/1_27.html

2012年から始まったこのブログは4年を経過し,記事が多くなってきました。
そのため,相談内容と回答のダイジェストを,何回かに分けて掲載します。

そしてダイジェストでは,これまでのいろいろな相談を振り返って,回答をまとめ直しています。

なお相談内容は,プライバシー保護の関係から,実際にあったものをもとに創作したものを掲載しています。


□結婚がまとまらない,不可解な理由で毎回破談になってしまう
結婚がまとまらない原因は人により異なり,全員に共通して当てはまる原因もありません。

ただし,私のところに相談にこられる人は,次の原因が多い傾向が見られます。

(1) 先祖が戦争などで人を殺し,殺された者の恨みが家系に取り憑いて子孫に影響を及ぼしている(子孫を滅ぼすように影響している)。
(2) 母親が父親を憎むなど,近親者で憎悪の感情を長年抱いている者がいる(親の因果が子に影響している)。
(3) 略奪愛で,相手の女性から恨まれている。

つまり,お祓いが必要なケースが多いということです。スピリチュアルな能力はいろいろと分かれており,人により専門分野が異なります。私の場合,お祓いが専門分野の一つということでしょう。

そして,複数の原因が重なって,結婚がまとまらない状態になっている場合も多いです。これは,たとえば(1)だけの原因で結婚がまとまらなければ,先祖の代で家系が途絶えているはずで,相談者だけに影響している別の原因があるということです。

そして相談を進めると,相談者はほかの霊的な能力を持つ人に過去に相談していて,前記の(1)~(3)の原因をすでに知っておられる場合があります。

ところが原因はわかっても,お祓いできる人でないと解決できないと言われたそうで,お祓いできる人を探して,私にたどり着いたようです。

その場合,最初は私の能力を確認するため,過去に言われた内容は伏せて私に相談内容を話し,私が状況を説明してお祓いが必要と回答します。そしてお祓いが始まると,それ以降のやりとりで,過去に言われたことを話されるという展開になります。

□お祓いについて
お祓いですが,客観的に効能を証明できないので,本人の実感と,結婚できたという結果で評価していただくしかありません。

本人の実感ですが,お申し込み時に1回目の回答(その1)をお送りして,併せて数回行うお祓いの1回目を,お試しとして行います。それにより,料金を払って相談を続けるかどうか,判断していただきます。

この1回目ですが,お祓いを行った時刻に急に眠たくなり,眠って目が覚めたらこれまでにないすっきりした感触があり,次第に元に戻ったという感想がよく寄せられます。また,家系でつながっている相談者の親も,その時刻に急に眠たくなる場合もあるようです。

これは,お祓いで状況が「三歩進んで二歩下がる」ように少し改善したからです。お祓いを繰り返すことで改善が進みますが,1回目はその変化が特に感じられる傾向があります。


今回の内容の相談でも,メールによる相談の場合(面談でも事前に),お写真をお送り下さい(携帯の自撮りで十分です)。あとは,ヒーリング/お祓いを希望する指定でお申し込み下さい。

※その3を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/08/3.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


□メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2016年7月27日水曜日

人生相談(相談内容のダイジェスト)その1

2012年から始まったこのブログは4年を経過し,記事が多くなってきました。
そのため,相談内容と回答のダイジェストを,何回かに分けて掲載します。

なお相談内容は,プライバシー保護の関係から,実際にあったものをもとに創作したものを掲載しています。

同じ種類の相談でもそれぞれ事情が異なり,回答も異なっています。
ここでは,これまでのいろいろな相談を振り返って,まとめ直したものを掲載しています。


□これまでの人生は何をしてもうまくいかなかった
メールでの相談で,多い内容です。
相談者は30代以降の傾向がありますが,男性・女性のどちらもあります。同じ職場に長年勤めている人,転職を繰り返す人,会社を畳んだ人など,状況もさまざまです。

原因も多岐にわたりますが,主なものを挙げます。
(1) 前世やそれより前の過去世で,マイナスのカルマが生じることをした。
(2) 修行のために,生まれる前にそのような人生を望んだ
(3) 今生でいろいろなことがあり,潜在意識に葛藤が溜め込まれている
(4) 先祖から引き継がれた因縁で,マイナスの因縁がある。

そして原因は一つではなく,メインの原因とサブの原因というように,複数の原因が積み重なっている場合が多いです。その原因の積み重ねにより,何をしてもうまくいかなくなるボーダーラインを超えているようです。

対処も原因により異なり,まさにケースバイケースです。


□何かと騒動に巻き込まれる,話していて相手が突然怒り出す
これも,何をしてもうまくいかない相談に次いで多いです。

相談者も,最初は単に自分の性格や話し方の問題だろうとして,言い方を直すなどの工夫をします。しかし事態は改善せず,また相手が急に関係のないことを言って怒り出すなど,不自然なことが起きます。

そして,何か霊的な原因があるのではないだろうか,ということで相談を申し込まれます。

そして私が霊視すると,霊的な原因が見えてきます。
その原因として,主なものを挙げます。
(1) 相談者が過去世で人を殺して,殺された霊が恨んで邪魔している。
(2) 過去世や今生の出来事で,相談者の潜在意識に敵意が蓄積され,それがときどき雷のように周囲に影響を及ぼしている。

この場合の対処はいくつかあります。何をしてもうまくいかない場合の相談もそうですが,メールによる相談の場合(面談でも事前に),お写真をお送り下さい(携帯の自撮りで十分です)。あとは,ヒーリング/お祓いを希望する指定でお申し込み下さい。

※その2を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/07/2_30.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


□メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2016年7月16日土曜日

人生相談(人を批判してしまう)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/07/1.html


今回は対人関係での悩みのうち,無意識のうちに人を批判してしまうことに関する悩みで,それにスピリチュアルな原因がある場合の説明です。

なお,取り上げている例は,実際にあった相談をベースに創作したものです。


□原因は「対人関係のもめ事+人付き合いが苦手」
ある女性からの相談です。

人が言うことを素直に受け取れない,人が言うことについ反論してしまう,という悩みです。そのため職場での評価も,低いものになっているとのことです。また異性との交際も,結婚までは望んではいないものの,毎回同じパターンで別れてしまうとのことです。

霊視するとその人の前世は女性で,ヨーロッパのとある国の国境近くの農家で暮らしていました。戦争の手前となる争いごとが絶えず,また作物を奪い取ろうとする人もいました。家族はおらず,自分の身を守るのは自分しかいない状態で,相手の言いなりになるということは陥落したことになる状況でした。

そして,前世の前の過去世も同じく農家で,周囲と対立しながら生きていました。

その前世の感情が魂のレベルの記憶にあり,それが今生での仕事で,衝動となって出てきているというものです。


□根本的な解決は魂の記憶からの感情の解放
この場合も,前回の記事で説明したように,魂に蓄積されている感情を解放することで,魂の記憶は感情が絡みつかない,単なる記憶に変わります。

その取り組みにより衝動が減り,職場での対人関係が改善したとのことです。

しかし,職場での対人関係で対立はほぼなくなりましたが,学生のときから人付き合いが苦手なので,同僚との付き合いはどうにもならないとのことでした。

つまり,職場で対立する原因はほぼ解消したものの,相談者の素の状態が人付き合いが苦手なので,そのことから周囲と仲良くできないということです。


□職場で周囲と仲良くなる必要はない
人生相談としての面から,職場での対人関係について留意しておくことがあります。

職場は仕事をする場であり,民間企業の場合は売上げを出す場所です。組織として団体行動をとるために協調性は求められますが,友達を作る場ではありません。

何が言いたいのかというと,同僚と協調して仕事をする必要はありますが,仲良くなる必要はないということです。そのため,同僚と無理に付き合わなくてもいいということです。

休憩時間は一人で休んでいても,家族と連絡を取り合う時間として過ごしてもおかしくないし,子供がいる母親は定時になるとすぐに帰ります。独身女性だからといって,無理に周囲と話を合わせたり,定時を過ぎてから一緒に行動する必要はありません。

ただ,この種の相談をされる人には,仕事に関して共通して見られる傾向がありますので,それへの対処を説明して,相談を終えました。

それから約半年後,その人からメールがありました。周囲との関係は変わっていませんが,仕事がスムーズに進むようになり,上司から好評価に関することを言われたそうです。そしてそれだけではなく,男性との交際で過去のパターンから脱して,別れずに交際が続いているとのことでした。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2016年7月11日月曜日

人生相談(人を批判してしまう)その1

今回は対人関係での悩みのうち,無意識のうちに人を批判してしまうことに関する悩みで,それにスピリチュアルな原因がある場合の説明です。

なお,取り上げている例は,実際にあった相談をベースに創作したものです。


□無意識のうちに人を批判してしまう
ある男性からの相談です。

人を批判することをつい言ってしまう,無意識のうちに人と揉めてしまう,人と仲良くできずどこでも浮いてしまう,という悩みです。

この悩みのため,職場に居られなくなって職を転々と変え,友達も恋人もできない状態が続いているとのことです。

その男性を霊視しました。意識の下の魂の記憶のレベルで,「他人の言うことに反論する」という衝動が渦巻いているのを感じました。その衝動に突き動かされて,無意識のうちに反論するようです。


□過去世で政治家をしていた
その男性の前世ですが,ある地方で政治家をしていました。現在の日本でいえば,市会議員に相当します。

選挙期間中はライバル候補者との互いの罵りや足の引っ張り合い,当選後は議会で反対派が多く,自分の意見は通りにくく,また事実無根のスキャンダルをしかけられて反論することもありました。

そのため,人のいうことには言い返そうとする衝動が身につき,それが習慣となっていました。


□魂の記憶から感情を解放すれば解消する
魂には,生きていたときの出来事の記憶と,場合によりその出来事にまつわる感情がセットで保存されています。

そのため,その出来事が思い出される機会(今生で人と話す機会)があると,そのときの感情もよみがえり,疼くように言動に影響を及ぼします。

この問題の解決ですが,魂に保存されている感情を解放することで,出来事の記憶は感情が絡みつかない,単なる記憶に変わります。

私はこれを,記憶の無害化と呼んでいます。

では,感情を解放させ,記憶を無害化するにはどうすれば良いかですが,それはケースバイケースであり,私との相談事項になります。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2016年7月3日日曜日

人生相談(開運について)その9

その8はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/06/8.html

このブログは,人生がうまくいかない理由や表立って言えない霊的な悩みなどに関する人生相談をメインとし,開運やパワーストーンに関する話は番外編として掲載する方針です。

今回は,その7で取り上げた,「焦りや不安は,エネルギーの流れを妨げる」の説明の続きとなる内容です。


□意識の中を下から上にエネルギーが通り抜けている
まず,その7の説明の再掲です。
人の意識の中を,エネルギーが下から上に通り抜けているように感じます。つまり,下から上に,エネルギーが放射されているように感じます。

このエネルギーの放射を妨げないようにするのが,開運のポイントです。そして,焦りや不安,怒りや憎しみの感情があると,妨げられやすいです。

つまり,マイナスの感情(焦りや不安,怒りや憎しみ)があると,開運から遠ざかるということです。


□マイナスの感情ほどではないが,プラスの感情も妨げる
では,喜びや満足感といった,プラスの感情はどうでしょうか。
これは私の経験上ということで説明しますが,マイナスの感情ほどは妨げにはなりませんが,より上を目指すならプラスの感情ももたない方がいいです。

つまり,感情の種類で妨げの度合いが違いますが,プラスの感情もエネルギーの放射の妨げに,多少はなるというということです。


□無(ゼロ)の境地が理想
ですから,開運が実現する理想の境地とは,マイナスの感情もプラスの感情もないというか,実際には生じてもすぐに消えていく境地になります。

アメリカのSF映画「スタートレック」には,感情に左右されることが少ない架空の異星人という設定のバルカン人が登場します。バルカン人が追い求める精神的な境地で,一切の感情から解放されたコリナーという境地が取りざたされます。コリナーの境地には,「純粋な論理の世界」という形容もありますが,無(ゼロ)の境地もそれに近いかもしれません。


□開運を望む気持ちを捨てることが開運につながる
無(ゼロ)の境地が理想とすると,開運を望む気持ちを捨てることで,無(ゼロ)の境地に,より近づけることになります。

開運を望んでいろいろと取り組むのは,適切な方向であれば結構なことと思います。しかし最後は,その開運を望む気持ちを捨てることで目標が究極的に達成できる,というパラドックスがあるようです。

※その10を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/12/10.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html