2016年6月14日火曜日

人生相談(開運について)その8

その7はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/06/7.html

このブログは,人生がうまくいかない理由や表立って言えない霊的な悩みなどに関する人生相談をメインとし,開運やパワーストーンに関する話は番外編として掲載する方針です。

今回は前回の続きとして,開運の状態に近づけるにはどうすべきかを取り上げます。


□意識の中を下から上に通り抜けるエネルギー
前回の記事で説明しましたように,人の意識の中を,エネルギーが下から上に通り抜けているように感じます。つまり,下から上に,エネルギーが放射されているように感じます。

このエネルギーの放射を妨げないようにするのが,開運のポイントです。そして,焦りや不安,怒りや憎しみの感情があると,妨げられやすいです。


□エネルギーの放射を妨げないようにする心の状態
それは仕事や日常生活で,仕事や家事に頑張るが,心は平静を保っている状態といえます。「人事を尽くして天命を待つ」の境地といってもいいでしょう。

その平静さですが,エネルギーの放射に対し,心が柳のようにしなりながらも通過させていくイメージが適切といえるでしょう。

心が平静を保った状態の極致として,明鏡止水(曇りがなく,動きのない水)の境地があります。明鏡止水の定義にもよりますが,エネルギーの放射を妨げないようにするには,そのような静的な境地ではなく,エネルギーの放射にたなびく,いわば動的な境地が当てはまるように感じます。

この動的な境地とは,言い換えれば,肩の力を抜いて流れに身を任せるような境地といえます。

※その9を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/07/9.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html