2016年4月30日土曜日

人生相談(求めていた答えが出たときの感触)

私の人生相談では,メールによる相談と,面談による相談(以後,面談),を行っています。

面談では,進め方のパターンがあります。


□面談の進め方
最初に,相談者の前世や守護霊,生まれてきた目的などを,一通り説明します。

その後,お申込みメールに書かれていた相談事項に関して詳しくお話を伺い,その問題を掘り下げていきます。その間も相談者への霊視を続け,守護霊からのメッセージや,霊視して新たに分かったことがないか,情報を収集します。

そうすると,どうすればよいかの答えが,だいたい絞れてきます。それを中心にして,解決策をいくつか考えて相談者に提示して,答えを探っていきます。

なぜいくつか提示するのかというと,相談者への説明では,解決に向けていくつかの選択肢を示し,その中から選んでいくことで,より納得していただけるからです。


□突然,特有の感触が生じる
この解決策を提示しているときに,相談者の心に特有の感触が生じることがあります。どのような感触か,例示します。

・(解決策を聞いたら)腑に落ちる感触があった。
・(解決策を聞いたら)心の中の悩みが,崩れていく感触があった。
・(解決策を聞いたら)その案がスーッと心に入り込む感触があった。

これらは,求めていた答えにたどり着いたことを示す,相談者の魂が出したサインといえます。そして,この感触があったと話されるのを聞くことで,私も相談の答えにたどり着いた手応えを感じます。

これらの感触は,答えを探し求める内容の相談で,よく生じます。ですから,相談内容によっては,これらの感触がない場合もあります。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html