2016年3月26日土曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その25

その24はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/03/24.html

前回の続きとして,相談での依頼事項で,できることと,できないことについて説明します。
なお,ここで取り上げる事例は,経験をもとに創作した架空のものです。


□近所(職場)の人から嫌がらせを受けている
近所の人,あるいは職場で同僚や上司から嫌がらせを受けている,という相談です。

この場合の嫌がらせをする理由は,3通りが考えられます。
(1) 相談者がまいた種で相手が怒って,嫌がらせをしている。
(2) 相談者が知らないうちに相手を怒らせてしまい,それで相手が嫌がらせをしている。
(3) 相手が性格的にやっかいな人で,逆恨みやそれに類する理由から,嫌がらせをしている

(1)ですが,そういう理由が分かっている人は,そもそも人生相談を申し込むことは少ないです。(2)も近所の別の人や,職場の別の同僚から情報を収集して解決するので,人生相談を申し込むことは少ないです。なお,どちらにしても事態の解決方法で,人生相談を利用される場合はあります。

そのため,相談内容として(3)が多いです。相談者が色々と情報収集して原因を調べますが,どうにもわからない,あるいはどうにも解決できない,ということになります。何か霊的な理由があるのではないか,何か霊的な解決方法があるのではないか,の答えを得るために人生相談を申し込まれるということです。

そして,相談を受けて私が霊視すると,多くの場合,相手の人が自分のエゴや逆恨みから嫌がらせをしていることが伝わってくるケースが多いです。


□自分が発した恨みの想いが,自分を取り囲んでいる
人を恨むと,その恨みの想いが自分から発散されます。そしてそれが長く続くと,その発散された恨みの想いが自分の周りを取り囲むようになります。

そうなると,自分が発した恨みが,取り囲んだ恨みの想いの中で増え続け,恨んだ状態が増幅されるようになります。つまり,自分を取り囲んだ恨みの想いが断熱材のような役割となり,その中で発せられる恨みの想いが抜けていかず,温存され高まっていきます。

例えていえば,断熱材で取り囲んだ中を温めるようなもので,熱がこもって温度が上がっていくのと同じです。

何でこの人はこんなに人を恨み続けるのか,と感じさせる人がたまにいます。そういう人は思い込みや決めつけが激しいのですが,それにはこのような感情の温存状態ができているのが,理由の一つになっています。


□霊的な解決方法
このような対人関係の問題ですが,霊的な解決の方向性として,
(1) 相談者が変わる
(2) 相手が変わる
(3) 相談者と相手の間を変える
の3種類があります。このうち,(1)と(3)の方向性になります。

(2)ですが,本人に対して恨みを止めさせることはできませんし,倫理面からも本人に無断でエネルギーを送ることはできません(そのように倫理規定を設けて,相談にあたっています)。

では,この問題を解決できるのかということですが,根本的な解決は難しいです。

ただし,事態の緩和ならいくつかの方法があり,それらから選んだり,あるいはそれらを組み合わせて対処します。そこから先は,私との相談になります。

※その26を掲載しました
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/11/26.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2016年3月23日水曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その24

その23はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/03/23.html

前回の続きとして,相談での依頼事項で,できることと,できないことについて説明します。
なお,ここで取り上げる事例は,経験をもとに創作した架空のものです。


□もう,生きていけない...
この悩みをどう解決すればよいかの,方向は決まっています。

現在とは別の仕事や生活を選択すること(生きていく上で別の選択肢を選ぶこと)と,それに向けて気持ちを切り替えることです。

たとえば生活がやっていけない場合,それが経済的な理由なら,一時的でも生活保護を受ける方法があります。またDV(家庭内暴力)や争いごとなら,行政の相談窓口や民政委員と解決策を相談する方法があります。

問題があってうまくいかなくても、多くの場合には2番目や3番目の選択肢があります。その選択肢がないと思うか,あるいはその選択肢を実行できないと思うから,行き詰まった状態になります。


□私に幅広い知識や見識が求められる
この内容の相談の場合,たいていは,霊視すると相談者の守護霊から,解決の方向性がメッセージとして示されます。それを相談者に伝えるとともに,それの具体的な解決策を,相談者と一緒に考えます。

そのため,この相談は応じられますが,私に幅広い知識や見識が求められることを実感しています。そして内容により,具体的な解決策を手配できる,より適切な相談先を紹介する場合もあります。

※その25を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/03/25.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2016年3月12日土曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その23

その22はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/03/22.html

前回の続きとして,相談での依頼事項で,できることと,できないことについて説明します。
なお,ここで取り上げる事例は,経験をもとに創作した架空のものです。


□納骨もせず位牌もない状態で,亡くなった親がどう思っているか知りたい
その21で取り上げた,「亡くなったおばあさんがどうしているか知りたい」と同様の相談です(あくまでも創作した内容です)

相続の争いや仕事の慌ただしさで,親のお骨をお墓に納骨できていない状態は,ご遺族にとって気になるものです。

生前の病院訪問権や,死亡後の埋葬権(祭祀承継者としての権利)や相続権にまつわる問題は弁護士に任せるとして,私からは亡くなられた方と霊的につながり,伝えられたご意向を説明します。


□自分の未来がどうなるかを知りたい
未来は,私にもわかりません。未来は流動的で,刻々と変わるものと感じます。

ただ,人には守護霊がいて導きがあり,またあの世からの導きもあり,人生をこれからどう展開させていくかの計画はあるのを感じます。そして必ずしも計画通りにはいかず,災害や事故で急死する場合もありえます。

ただ,生きていて人生に取り組んでいたら,ある程度は計画を実行できている場合が多いです。

その計画には,人間には知らされないものと,人間に知らされるものがあり,人間に知らされるものを私が感じ取って,相談者に説明するようにしています。

つまり,未来は決まっていないが今後の計画はあり,計画の一部は知ることができるということです。

※その24を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/03/24.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2016年3月5日土曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その22

その21はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/02/21.html

前回の続きとして,相談での依頼事項で,できることと,できないことについて説明します。
なお,ここで取り上げる事例は,経験をもとに創作した架空のものです。


□昔,中絶をした子がどうなっているか知りたい
10代で妊娠して,中絶をしました。それから数年が経ちましたが,ときどき中絶した子が気になり,どうしているのだろうかという相談です(あくまでも創作した内容です)。

この内容の相談は意外にあり,霊視すると状況はまちまちです。

中絶した子が,自分の家系の子である場合もありますし,相手の家系の子である場合もありますし,どちらの家系とも縁のない子である場合もあります。

また,中絶する予定で生まれられないことを知っていて,命の大切さを学んでもらう目的のもとに,あの世から遣わされた子である場合もあります。

相談者にとって,何年も気になっていることで,罪悪感を感じている人もおられます。引きずってきた思いを清算できるよう,状況を詳しく説明して,これからどうすればよいかを説明するようにしています。


□自宅が建っている土地に,地縛霊がいるか霊視してほしい
ご自宅のお写真をお送りください。住所は不要です。

この内容の相談で,霊視した結果で多いのは,人の霊はいないものの,その土地に昔から自然霊(この世に生まれ出たことのない霊)が棲まわれておられることです。それが,相談内容の事象につながっています。

自然霊のお姿はまちまちで,小さな龍神様が棲まわれておられる場合もあります。

この場合,その土地に相談者のご家族が,一緒に住まわせていただくことをお願いするよう,引っ越してきた挨拶のような思いを,私からその自然霊に何度か送ります。

そして,年に数回で結構ですから,相談者もその土地に住むことへの感謝の気持ちを送るよう,説明しています。

※その23を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/03/23.html

□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html