2015年8月29日土曜日

人生相談(憑依について)その8

その7はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/01/part7.html

その8では,憑依や憑依によって生じる悪影響(霊障)についての質問を取り上げます。
なお,取り上げた質問は,実際にあったものをもとに創作したものです。


□昔から霊障で苦しんでいます。守護神や守護霊は,なぜ霊的な影響を防いでくれないのでしょうか?

前世で軍人をしていて,そのときに殺した人の一部が,生まれ変わった自分に取り憑いて,いやなイメージを送ってきたり,ののしるような話しかけをしており,長年それに悩まされている人からの相談です。


□守護霊は導く霊であって,守護はしない
守護霊は,「守護」が付いていますが,その人の人生を導くことが本来の役割です。

そのため,「人生を導く霊」,「人生を指導する霊」が適切な表記になります。

ですから悪意を持つ霊からの影響を防ぐことは,もともと守護霊の役割ではないのです。

例外もあって,霊障への防御までも行う場合もあります。たくさんの守護霊が,ある目的のもとに集まって導く,守護霊団がいる場合がそうです。

ただし,守護霊団は本人が何かを成し遂げるためにサポートしています。本人がそれを成し遂げたら,サポートを終えて離れていく場合があります。

話があまりそれてはいけないので,これについて詳しくは別の機会に説明します。


□人生を自動車のラリーにたとえると
守護霊の役割をたとえてみます。

自動車のレースの一種で,荒れ地や砂漠を何日も走って,目的地に早く着くのを競うラリーがあります。
人生を,ラリーにたとえます。

本人は自動車のドライバーであり,本人の体(霊体)は自動車であり,守護霊はナビゲーター(助手席で地図を見て進路を伝える者)にたとえられます。

霊障で苦しんでいる人は,自動車や自動車の前に,岩などの物が繰り返し投げられている(霊障を受けている)状態で,目的地をめざして走っている状態になります。

その場合、投げられた物で自動車がダメージを受けたり(修復しますが),自動車の前に投げられた岩を避けて走って元の進路に戻ったり,のようにして人生は展開します。

ナビゲーターは,投げられた物が当たらないように防ぐ役割はしていません。
ただ,投げられたもので進路が狂わないように,目的地に着けるように導いています。

守護霊の役割とは,このナビゲーターにたとえられます。

また守護神は,その人の人生の基本的な展開パターンなどを定めますが,守護霊と同様に防ぐことは,行いません。

(注)霊障をなくせないのか,減らせないのか,については別の記事で取り上げています。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2015年8月24日月曜日

人生相談(出産できない理由)その3

その2はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/08/blog-post.html

私が受ける人生相談では,出産が実現しないという相談もあります。

医療機関で夫婦ともに問題ないとの診断結果を受けているのに,なぜか妊娠できない,あるいは妊娠しても出産できない,という内容です。

霊視すると,さまざまな理由があり,相談者により異なります。
その理由のうち,霊的なものを取り上げています。


なお文中の相談例は,実際にあったいくつもの相談をもとに,創作したものです。

□あの世から条件がつけられている
妊娠・出産する前にやるべきこと(あるいは改めること)があり,それを成し遂げたら出産が実現するというものです。


この,条件がつけられた対象者は,出産を望む女性である場合が多いです。しかし,ご夫婦(ご家庭)である場合もあります。
つけられる条件の内容ですが,例として次のものがあります。

(1) 家庭内が殺伐としており,ご夫婦でそれを改める。
(2) 心のあり方を改める。


つまり,あの世からつけられる理由は,自分や他人に発する想い,あるいは心のあり方に関するものであって,入籍するとか引っ越しをするといったことではありません。

この条件ですが,霊視すると,私も納得のいくところがあります。
生まれてくる子は,親(生まれてくる家庭)を選ぶことができます。そして,親の状態をみています。

憎しみに満ちていたり,いらついた心の状態の母親に,胎児として宿りたいとは思わないからです。そのような状態は胎児にとってとげとげしい環境であり,程度によっては流産しやすい環境でもあるからです(流産の原因はこれだけでなく,他にいろいろな理由があります)。


□条件をつけられた相談例
ある女性からの相談です。結婚され,子供がほしいと望んでいるものの,出産が実現しないとのことです。病院での診察では,夫婦ともに問題はないそうです。


そしてその女性の話では,あるとき道を歩いていると,「お母さんが優しくならないから,僕はいつまで経っても世の中に出られない。」という,メッセージのようなものが伝わった気がしたというものです。

それ以来,そのメッセージのようなものが気になり,霊的な面で自分がどういう状況にあるのかを詳しく知りたい,ということで相談に来られたとのことでした。

私が霊視すると,その相談者は優秀で仕事ができましたが,自分にも他人にも完璧を期す習慣が身についていたため,知らず知らずのうちに人を許さない気質になっていたのが見えました。

そして,相談者の守護霊から,「自分と人を許しなさい」というメッセージが伝わってきました。

それを話すと,妊娠と出産のために自分が優しくなる必要は認識していた,とのことでした。ただ,どういう方向性で優しくなるべきかを知りたかった,とのことでした。

※その4を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2018/05/4.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2015年8月17日月曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その16

その15はこちらです。

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/06/part15.html

その16も,Q&A形式で説明します。なお,ここで取り上げているケースは,実際にあった事例をもとに創作したものです。


□メールによる相談では,距離は関係ありますか?
霊視などの霊的な行いに,物理的な距離は
関係しているのかということです。

結論からいえば,関係ありません。

どれだけ離れていようとも,霊視やお祓いやヒーリングは行えます。物理的な距離があるほど霊視などが弱くなる,といったこともなく,距離とは無関係です。

霊視やお祓いやヒーリングの効果で関係するのは,手がかりとなる写真(画像)の有無や鮮明さです。


□海外からのメールによる相談はありますか?
年に数件程度ですが,あります。


本文が日本語のメールをやりとりできる環境であれば,国内であろうが,海外であろうが,同様に相談を行えます。


□海外からの相談申し込みで気を付けることはありますか?
一つあります。それは,相談料の送金です。


私の口座(三井住友銀行,ゆうちょ振替)に,相談料が送金できることが条件になります。ペイパルやクレジットカードで送金したいといった話が出ますが,どちらも受け取りの口座を開設するのは,個人ではほぼ無理です。

よく聞く送金方法は,日本に残してある銀行の口座からネットバンキングで送金手続きを行う方法と,日本に在住している家族に依頼して送金してもらう方法です。

このような方法で送金できれば,日本国内に在住している場合と同様に,相談申し込みを受け付けて,相談を行えます。

※その17を掲載しました
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/01/17.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2015年8月9日日曜日

人生相談(出産できない理由)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/08/blog-post.html

私が受ける人生相談では,出産が実現しないという相談もあります。

医療機関で夫婦ともに問題ないとの診断結果を受けているのに,なぜか妊娠できない,あるいは妊娠しても出産できない,という内容です。

霊視すると,さまざまな理由があり,相談者により異なります。
その理由のうち,霊的なものを取り上げています。

なお文中の相談例は,実際にあったいくつもの相談をもとに,創作したものです。


□恨みの念を受けている
これは,過去の記事のうち,「人生相談(結婚できない理由)その4」
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/04/part4.html

と理由が共通で,関係のある人から強い恨みの念を受けているため,出産が実現しないというものです。

前出の結婚できない理由と異なるのは,結婚してから恨みの念を受けるようになったということです。

つまり,結婚前から恨みの念を受けた場合は結婚がまとまらず,結婚後より恨みの念を受けるようになった場合は妊娠や出産に影響を受けるというものです。


□結婚できなかったことで抱く恨み
この理由の相談例を取り上げます。ある女性からの相談です。結婚して3年が経つが,妊娠できないというものです。

夫婦ともに,妊娠しにくいということもないにもかかわらず,なかなか妊娠できず,妊娠しても流産で終わってしまうというものです。

霊視すると相談者の下腹部に,想念の塊が風船のようについているのが見えました。話を聞くと,相談者の主人に結婚前から好意を寄せている女性がいるそうです。

そして,主人と自分(相談者)が結婚してからは,その女性は自分に恨みを抱くように変わったそうです。それとなく不満が書かれている暑中見舞いを,主人に送ってくるといったことがあるそうです。


□お祓いで解消できるが,繰り返しが必要
この場合も,お祓いで解消できます。ただし,恨みの念はやっかいで,お祓いしても数か月たったら元に戻ることが多く,数か月の間を置いて,お祓いを繰り返す必要があります。

それは,その女性が恨むことをやめないため,相談者の腹部に取り憑いている想念の塊に,エネルギーが補給されるからです。

お祓いを草むしりにたとえると,他の内容でのお祓いは,一度草むしりをしたらそれでもう草は生えてこないか,あるいは少なくとも数年は生えてこないようなものです。

ところが,この内容でのお祓いは,一度草むしりをしても,数か月したら草が生えているようなものです。

ただし,数か月おきのお祓いで出産は実現します。それで解決しますし,お祓いの効果を実感され,出産以外での想念の塊の悪影響を防ぐために,数か月おきのお祓いを希望される場合もあります。

そして,その場合もお祓いを続けるのはしばらくの間であり,一生続ける必要はありません。

それは,その女性が相談者を恨むことを,そのうちやめるか,やめなくても恨むことをパワーダウンさせるからです。

□いつかは恨むことをやめる理由
恨んでいた女性が,そのうち別の男性と結婚して,次第に相談者の主人を忘れるようになり,相談者を恨むこともやめるようになります。

それにより,お祓いの必要性もなくなります。

しばらくしてから相談者の主人に,好意を寄せている女性から,結婚しましたというはがきが届くことがあります。

それは,当てつけがましいことに感じられますが,霊的に見たら,相談者の主人を忘れて生きるという知らせであり,相談者を恨むことをやめる知らせでもあります。

つまり,もうお祓いの必要がなくなり終わったという,喜ばしい知らせでもあるわけです。

※その3を掲載しました。

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/08/3.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2015年8月3日月曜日

人生相談(出産できない理由)その1

私が受ける人生相談では,出産が実現しないという相談もあります。

医療機関で夫婦ともに問題ないとの診断結果を受けているのに,なぜか妊娠できない,あるいは妊娠しても出産できない,という内容です。

霊視すると,さまざまな理由があり,相談者により異なります。
その理由のうち,霊的なものを取り上げます。

なお文中の相談例は,実際にあったいくつもの相談をもとに,創作したものです。


□額の周りに,恨みの念が突き刺さっている
ある女性からの,メールによる相談です。結婚していて,なかなか妊娠できず,妊娠しても流産してしまっているが,医療機関では何も問題はないと診断されているというものです。

相談者を霊視して,すぐに額の周りに恨みの念が,いくつも突き刺さっている状態であるのを感じました。

また,体を圧迫するようなストレスを受けていることもわかりました。

それら以外に,妊娠を邪魔する要素は感じませんでした。

家系を霊視しても,子孫を絶やそうとするマイナスの力は感じられず,先祖からの子孫の繁栄を願う気持ちが流れているのを感じました。

相談者の前世やそれ以前の過去世も霊視しましたが,結婚されていて子供もいて,妊娠を邪魔するカルマの存在も感じませんでした。

額の周りに突き刺さっている恨みの念について,どのような理由でできたのかを突き止めるために,消去法で該当しない理由を消していきながら相談を続けました。

私の経験上,略奪愛や三角関係などの愛憎関係では,恨みの念は下腹部に突き刺さります。額に突き刺さっている恨みの念は,近所付き合いや仕事関係で生じたものが多いです。

そして,相談者の守護霊からは,出産できる可能性がイメージで伝わってきました。それを可視化するため,出産できる可能性をグラフにたとえると,少し前まで曲線が底にあり,今は底をうって上昇しつつある状態であるという内容でした。


□対立から恨みの念を受けていた
相談者の話では,土地を巡って何年も他の人々と対立があり,裁判の判決が出て,半年前にやっと対立が終結したとのことでした。

霊視した結果をうかがった話を突き合わせていくと,その対立で恨みの念を受けて,それが額につきささり,出産を邪魔されていたことがわかってきました。

その恨みの念は,終結で送られてくることがなくなったので,数年で消える見込みですが,終結から半年しか経っていないので,多くが残っていました。

またその対立は,心身への相当なストレスになっており,それも出産を邪魔する要因になっていました。もっとも終結後は,ゆるやかにストレスが解消されつつあることもうかがえました。

そして半年前に終結してから,ゆるやかに回復する時期に入っているので,今は妊娠できる可能性が底をうって上昇している時期ということになります。つまり,守護霊から伝わったイメージとも符合することがわかりました。


□お祓いで時期を早められる
この場合の恨みの念は,数年で消えることが感触としてわかりますが,お祓いで早期になくすこともできます。

当然ですが早く妊娠/出産できるよう,相談者に事情を説明して,お祓いを行いました。一週間ほど続けたら,刺さっていた恨みの念が,ほぼなくなったのを感じました。

その後相談者に,もう霊的には出産を邪魔することはなくなったことと,あとはストレスをためない生活を心がけることを,アドバイスとして説明しました。

相談の最後に,いつから妊娠に挑戦すればよいかとの質問がありました。医者と相談して,母体が安定(流産後の回復など)していたらもういいのではないか,もう霊的に問題はありません,と回答しました。

※その2を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/08/2.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html