2015年5月31日日曜日

人生相談(結婚できない理由)その8

その7はこちらです。
https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/09/part7.html

今回はこれまで取り上げてきた,交際しても結婚に至らないという状況を繰り返している理由ではなく,特定の交際相手との結婚がまとまらない霊的な理由を取り上げます。

つまり,結婚したい相手がいるけど結婚がまとまらない,という場合で,霊的な理由が関係しているケースです。

なお,文中で取り上げているケースは,実際にあった話をもとに創作したものです。


□守護霊や先祖も相手を品定め
結婚相手は,生まれる前に決めているケースと,決めていないケースがあります。後者は,今生で出会った相手から決めることになります。

そして,結婚したい相手に出会います。その場合,自分が相手を見るように,守護霊や先祖の霊も,お見合いのように相手を品定めします。

その場合の,先祖が品定めした結果が,今回取り上げるケースです。


□家系にふさわしい人を迎え入れる
人には誰しも親がいて,どこかの家系に属しています。この家系ですが,開放的な家系もあれば,閉鎖的な家系もあります。

開放的な家系とは,先祖が品定めをしますが,結婚相手として受け入れられやすい家系です。つまり,品定めの基準が緩い家系です。

これに対し,閉鎖的な家系とは品定めの基準が厳しい家系です。その家系に属する一族の団結力が強く,同じ人がその家系で繰り返し生まれ変わる傾向があります。

たとえば,自分が結婚したいと思っている相手がいて,相手も結婚してもいいと思っている関係であったとします。そして相手の先祖が自分を見ていて,一族に加わる者としてふさわしくないと判断すると,なぜか破談になります。
つまり,相手の家系(先祖)に断られたということです。



破談にもっていく方法ですが,さまざまです。一族の末裔である本人や親に,霊的な力を送って断るように仕向ける方法が一般的ですが,結婚を望んでいる相手に霊的な力を送ってあきらめさせる場合もあります。


□閉鎖的な家系の特徴
このような閉鎖的な家系は,歴史上の有名人の末裔や,昔からの富裕層で見受けられます。自分たちの家系の,末長い繁栄を実現しようとする意識が強いです。

そして,このような閉鎖的な家系に,男女を問わず魅力的な人が結構います。つまり,世の中の適齢期の男女から見て,理想の結婚相手に見える人が多いということです。たとえば,そういう家系に属する女性に,友達の女性が「私が男だったら,あなたと付き合っていた」と言うくらいです。

その理由ですが,いろいろと守られた環境で不自由なく育ったので,育ちがよくて性格も素直だからということがあります。また,選ばれた人だけで構成されている家系ともいえるので,どうしても魅力的な人が多くなる傾向もあります。

ですから,その家系の人が好きで忘れられない,という悩みをもつ人が,少なからず出てきます。


□家系に関する相談例
ある女性からの相談です。自分は過去に交際した男性がいるが,結婚がまとまらず別れた。しかし,別の男性と交際している今もその男性が忘れられない,というものです。

私が霊視すると,その女性の想いが,相手の男性の家の敷地に入ろうとすると,その男性の家系の先祖の霊が数人現れます。そして,早くここから出て行けという無言の意思表示を,にこにこしながらもきつい表情で示します。

相手の男性は,その地方で先祖代々暮らしてきた家系の末裔でした。

では,どうやって忘れられない状態を克服するかですが,霊視した結果や,現在交際中の異性を霊視した結果をできるだけ詳しく説明することになります。それにより,一時的に傷心状態がひどくなりますが,やがて吹っ切れるようになります。

※その9を掲載しました。
https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/06/part9.html


※この記事の続編として,その12を掲載しました。
https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/02/12.html


□ブログ記事の索引
https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2015年5月26日火曜日

人生相談(性別は選べるの?)

人生相談を受け付けていると,メインとなる相談内容(自分の人生がどうなっているか,過去世がどうなっているか,霊的にどうなっているか,など)のほかに,ちょっとした質問があります。その質問の中で,一般的な内容のものを取り上げます。

今回は,生まれる前に自分の性別を選べるのかという相談です。なお,文中の例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。


□生まれる前に性別は選べる
生まれる前に,性別を選ぶことができます。

ではどちらを選ぶのかということですが,それはその人の学び(経験を積むこと)によります。男性としての人生を送ってきた人が,今度は女性としての人生を経験したい場合,女性として生まれます。

反対に女性としての人生を送り,今度は男性としての人生を経験したい場合,男性として生まれます。

また性別を変えずに,何代も男性としての人生を送ってきた人もいれば,何代も女性としての人生を送ってきた人もいます。


□女性での生まれることを繰り返している女性
何代も女性として生まれている女性と,前世は男性であった女性とでは,雰囲気が異なり,何となくその違いがわかります。

何代も女性として生まれている女性ですと,女性ばかりの集団に加わったときに,水を得た魚のように集団の中で振る舞います。

前世が男性であった女性の場合,今生ではなぜか男性から可愛がられることが多かったり,なぜか男友達が多い傾向があります。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2015年5月15日金曜日

人生相談(生まれる前に名前を決めている?)

人生相談を受け付けていると,メインとなる相談内容(自分の人生がどうなっているか,過去世がどうなっているか,霊的にどうなっているか,など)のほかに,ちょっとした質問があります。その質問の中で,一般的な内容のものを取り上げます。

今回は,自分の名前を,生まれる前に決めているのかという相談です。なお,文中の例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。


□生まれる前に名前を決めている場合がある
霊視していて,生まれてくる人全員が,生まれる前に名前を決めているとはいえないようです。一部のケースで,生まれる前に名前を決めていることが見えてくる場合があります。

ではどのようなケースなのか,例をあげます。


□生まれる前に名前を決めてきた例
ある母親からの,娘に関する相談です。霊視すると二人は,前世でも同じ母親と娘の関係でしたが,生き別れのようになっていました。娘の名前は,「幸(さち)」といいました。

そして二人とも亡くなり,あの世で生まれ変わることが決まりました。あの世で母親と娘の二人は,今度は母親と娘の人生をやり直そう,と決めました。

母親は娘に,次の人生ではあなたを離さず大切にする,その証として,次の人生で自分の名前は,あなたの名前を取り入れたものにします,と話しました。

そして母親はこの世に生まれ,産んだ親から「幸子(さちこ)」と命名されました。

産んだ親は,いろいろと周囲と相談して命名していました。しかし,知らず知らずのうちに本人が望んだ,「幸」を取り入れた名前にしていたということです。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2015年5月9日土曜日

人生相談(住むのに適さない場所)

人生相談を受け付けていると,メインとなる相談内容(自分の人生がどうなっているか,過去世がどうなっているか,霊的にどうなっているか,など)のほかに,ちょっとした質問があります。その質問の中で,一般的な内容のものを取り上げます。

今回は,引っ越しで住まいを変わる場合などの,住まい選びに関することです。

□埋立地はどうでしょう
まずこの世で,人は霊と共存していることを認識すべきです。ですから住んでいるところに霊がいても,それは自然なことです。基本的に,「霊がいて当たり前」の方向で考えるべきです。

亡くなられたら,ほとんどの人はあの世に行きます。そして一時的に,この世に戻っている霊もあります。現世への執着が無くならない人,自分が死んだことを自覚していない人,といったごく一部の人が,現世にとどまります。

特に,場所に執着している霊が問題ですが,それは別に取り上げるとして,埋立地は執着する場所ではありません。

ただ,川や沼地を埋め立てたところですと,自然霊が棲んでおられる場合があります。その場合,引っ越す必要はありませんが,同じところに住まわせていただくという意識をもつようにすべきです。それについて,次の記事で書いています。

人生相談(自然霊について)PART1
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/12/part1.html


□大勢の人が亡くなった場所や施設のそばはどうでしょう
結論からいえば心配は不要で,霊視しても,霊がとどまっているということはありません。

この地球上でこれまで,無限ともいえる人が亡くなってきました。特に昔から人が住んでいるところはそうで,そんなことを気にしていたら,この世で住むところはなくなります。

例外は,いわゆる自殺の名所です。しかし,そこは断崖絶壁や樹海などで,そもそも人が住むようなところではありません。


□墓地のそばはどうでしょう
これも同じで,墓地の跡を含めて,気にすることはありません。

人が亡くなられて,その人のお墓を建てて供養するのは大切です。しかし,それをいつまでも残していては墓が増え続けて,この地球上が墓に埋もれてしまいます。ですから,どこかの時点で墓の役目を終えさせることや,墓を統合することが必要です。

墓を建ててから何百年と経過していることを前提にしますが,そこに葬られた人は,すでに生まれ変わっていたり,場合によっては守護霊になったりしています。そのため墓の役目を終えさせても,差し障りがなくなっています。そして一般に,手厚く法要を済ませてから,土地の転用が行われます。

ただ墓地は,霊的な感受性が高い人ですと,お彼岸のように霊的に騒々しくなる(もちろん悪影響はありません)時期は,気になるかもしれません。

これは,たとえば道路沿いの家ですと,家の前を車や歩行者がひっきりなしに通行するので,騒音に敏感な人は気になるかもしれません。それと同じです。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2015年5月2日土曜日

連休中も通常通り運営しています

例年,ゴールデンウィークの時期になると,連休中に人生相談を受け付けているかどうかの問い合わせがあります。

普段は本業(私立学校の教員)の勤務がある関係で,連休中のほうが,学校が休みでスケジュールを空けやすいです。

そのため,連休中も人生相談を受け付けています。

□面談による相談
連休中も受け付けていますが,お申込み日から面談日まで,間に1日は入れたいです。これは,面談前にある程度霊視して,それをまとめた資料を作成したいからです。それを持参して説明し,面談中も霊視して補足します。

□メールによる相談
連休中も受け付けています。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html