2015年4月28日火曜日

人生相談(いじめと引きこもり)その4

その3は,こちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/04/part3.html

その4では,引きこもりの別の原因と対処を取り上げます。

□引きこもりの原因(再掲)
その3で取り上げましたが,引きこもりの原因を独自に分類したものを再掲します。

(1) いじめられて学校や職場などに行くのが苦痛になった
(2) 学校や職場などになじめない(ひどく緊張したり萎縮する)
(3) うつ病などの病気で,外に出るのがしんどい
(4) 行く先々で問題を起こしてしまうので,出たくない

今回はこのうち,(4)を取り上げます。

□行く先々で問題を起こしてしまう
これはいくつかの記事で取り上げていますが,

「人生相談(事件や騒動によく巻き込まれる)その4」
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/10/part4_22.html

が代表的です。

本人は職場や学校で,仲良くやっていきたいと願ってはいますが,なぜか周囲の者が突然怒り出したりして,騒動が起きます。本人にとって訳のわからない騒動ですが,それが繰り返されると,職場や学校で人と関わりたくないと思うようになり,引きこもるようになるというものです。



それは,自分をこれ以上傷つけたくないためでなく,自分からの影響で相手が怒り出したりするのが分かっているので,自分のせいで相手や職場・学校を引っかき回したくない,という気持ちもあります。

□原因はいろいろとある
この種の相談も多い方で,いろいろな原因があります。主なものを挙げます。

(1) 親や先祖が憎しみの人生を送り,その想念が本人に降りかかっている(俗に言う,親の因果が子に報い~)。
(2) 自分が前世かそれより前の過去世で,人を苦しめたりして,負のカルマを背負っている。
(3) 自分が前世かそれより前の過去世で,争いに明け暮れる人生を送り,その影響が出ている。
(4) 本人に修行させるため,あの世からの力が本人にかかり,騒動を起こすように導かれている。

(3)のケースは,過去にも取り上げています。
「人生相談(魂について)その1」
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/04/part1_21.html

今回は,引きこもりの面から(3)のケースを取り上げます。

□魂の構成
まず魂の構成について説明します。私は人間の魂の構成を,大根にたとえています。

大根の白い根が,魂の本体というか本質です。そして緑の葉が,前世やそれより前の過去世です。つまり,過去世の数だけ緑の葉が出ており,それらは共通の白い根でつながっているというものです。


ですから自分の魂で,今生の自分,前世の自分,それより前の過去世の自分,が別人格として一部を占めている状態になっています。そして今生に近い過去世の人格ほど,自分の魂の中を占める割合が高くなります。

そして,今生の自分は穏やかですが,過去世で怒りと争いに満ちた人生があったとします。

普段は,今生の穏やかな自分が前に出ています。しかし,過去世の自分からですが,怒りと憎しみのエネルギーが発散されていて,周囲がそれに触発されると突然怒り出して騒動が起こるというものです。

この状態の人を霊視すると,ときどき本人の頭上から,雷のようにエネルギーが放射されているように見えます。

こうして騒動がたびたび起きると,自分が災いをもたらす存在であると感じるようになります。そして騒動を起こさないよう,外部との関係を絶って引きこもります。

□過去世の自分の感情を解放させる
この原因の場合,過去世の自分の感情を解放させることで,解決できます。どのように解放するのかということですが,私が祈祷で解放させます。

この,相談者の過去世にアクセスして感情を解放させる作業は,私が行う祈祷の中で,も最も高度なものになります。相談者の意識を下っていき,何人かいる過去世の人格の中で該当する人を探し,その人とつながって感情を解放させます。この作業を,10日ほど続けます。

この祈祷の効果は,人により異なります。しかし,効果が全くなかったという人はおられません。半減したという人は何人かおられますが,これまでどんなことをしても変わらなかったものが変わったという感想が,同時に寄せられます。

※その5を掲載しました
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/01/5.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html