2015年4月4日土曜日

人生相談(いじめと引きこもり)その1

人生相談(想念の影響)その7
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/02/part7.html
で,いじめの影響を霊的な面から説明しました。

その後も自分の子がいじめられているという,親や保護者からの相談も多いですので,この問題を独立して取り上げます。

今回は,人生相談(想念の影響)その7をまとめ直して補足した内容です。

□いじめられている子と想念の塊(生き霊)
プライバシー保護のため個々の事例には触れませんが,共通していえることは,いじめられている子を霊視すると,いじめている子が発した想念の塊(生き霊ともいいます)が取り憑いています。

この想念の塊が本人の体調に悪影響を与え,やる気が出なくなり,無気力な状態に陥いることが多くなります。そのうち本人通学や勉強を投げ出し,事態がさらに悪化します。

□お祓いで早期に解消できる
この想念の塊ですが,一生憑り付くことは少なく,数年経てば消えていく傾向にあります。もっと早期に解消できないのかということですが,お祓いで想念の塊を追い払うことで,多くの場合は早期に解消できます。追い払われた想念の塊は,より所をなくしたため,やがて崩壊してなくなります。

想念の塊を追い払うことにより,不登校を邪魔する要因の一つがなくなります。学校に行くようになった,朝きちんと起きるようになった,との報告が寄せられたこともあります。

□お祓いの期間は?
いじめている子は10代なので,若さから感情のエネルギーが強く,それだけ想念の塊も強いものになります。

この想念の塊の強さですが,個々のケースで程度は異なりますが,総じて言えば2番目のランクの強さが多いです。ちなみに1番目のランクですが,不倫や略奪愛で相手の女性に憎しみを向ける女性のものです。それに比べたら,早期に解消できます。

※その2を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/04/part2.html


□ブログ記事の索引

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html