2014年11月30日日曜日

人生相談(うつ病などの病気)その5

その4はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/11/part4.html

その4まで,うつ病(単極性鬱病)を取り上げてきました。その5では,躁うつ病(双極性鬱病)について,スピリチュアルな面からの状況を説明します。

なお,スピリチュアルな面からの取り組みは,治療ではなく,あくまでも人生相談と,神社仏閣で昔から行われている回復祈願として行っています。


□うつ病と躁うつ病
表記では違いがわかりにくいため,今回は単極性鬱病,双極性鬱病と表記します。

厚生労働省の資料によれば,日本における双極性鬱病(厚生労働省の表記では双極性障害)の患者さんは,重症・軽症をあわせても1,000人のうち4~7人弱だそうです。単極性鬱病(単極性障害)は100人に10人弱だそうで,それに比べれば少ないです。


□単極性鬱病との相違点
うつ病を患っている人の心を袋にたとえると,袋の中で苦しみが気体のように存在し,それがいつまでも漂っている状態として,これまで説明しました。

双極性鬱病も基本的に同じですが,袋の中で,興奮する感情が気体のように存在する状態と,落ち込んだ感情が気体のように存在する状態が,交互に入れ替わるように見えます。

つまり興奮状態と,反対の落ち込んだ状態が,交互に繰り返されているように見えるということです。

単極性鬱病では,苦しい感情だけが心の中にこもり続けますが,双極性鬱病は興奮状態と落ち込んだ状態の切り替わりで,心が揺さぶられます。


□対処は同じ
双極性鬱病への対処ですが,これは単極性鬱病と同じです。医療の面からは,薬による治療と精神療法があります。

スピリチュアルな面からも,まず霊視した結果を伝え,双極性鬱病になった状況と原因(おおまかですが)を説明します。そこから先は,個別対応になります(個別に異なります)。


※その6を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/12/part6.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html