2014年11月22日土曜日

人生相談(うつ病などの病気)その4

その3はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/11/part3.html

その4では,うつ病(単極性鬱病)へのスピリチュアルな面からの対処について説明します。

なお,スピリチュアルな能力による取り組みは,治療ではなく,あくまでも人生相談と,神社仏閣で昔から行われている回復祈願として行っています。


□スピリチュアルな面からの対処
うつ病を患っている人の心を袋にたとえると,袋の中で苦しみが気体のように存在し,それがいつまでも漂っている状態として説明しました。

健康な人の心が,袋の口が開いている状態に比べ,うつ病を患っている人の袋は,口が絞られている状態にたとえられます。

スピリチュアルな面からの対処ですが,
(1) 霊視で,うつになった状況と原因(おおまかですが)を説明する
(2) 霊的な力で,苦しみを袋の口から出す
の2つがあります。


□霊視した結果の説明
霊視すると,どのような苦しみか,また原因はどういう種類のものかが,おおまかにわかります。また相談者の守護霊から,うつ病に関するメッセージが届く場合もあります。

状況は本人が最もよく知っているはずですが,外部の者からの説明で,現在の状況を見直すことができます。それで現状をより正確に理解でき,また気持ちを切り替えるきっかけになる場合があります。



□苦しみを袋の口から出す
これは精神感応の一種で,相談者の心とつながって,苦しみを解放させる方法です。一度に10分程度で,数回(5~6回が多いです)に分けて行います。

精神感応で,副作用はありません。ただし,心に負荷がかかり過ぎることだけ,留意する必要があります。そのため,私の方で負荷を感じ取って,無理のないように行っています。数回に分けて行っているのはそれが理由で,少しずつ改善をはかるようにしています。



□うつ病が改善するのですか?
重要な説明事項ですので毎回書きますが,私は医者ではないので,医師法第17条(医師でなければ、医業をなしてはならない。)にある医業は行っていません。

あくまでも人生相談としての回答と,神社仏閣で昔から行われている回復祈願を行っています。


□うつ病ですが相談すべきですか?
まず,心療内科などの専門の医療機関で,診察を受けて治療して下さい。それで改善しない場合,ご相談下さい。

※その5を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/11/part5.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html