2014年10月27日月曜日

人生相談(想念の影響)その6

その5はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/10/part5.html

その6では,想念に関するQ&Aを取り上げます。

なお,私としては人を不安にさせる意図はありません。問題解決に役立つことを目的として,参考になると思われる情報を提供しています。

□レベル1とレベル2の境界は明確ですか?
明確です。悪意として送られてくる想念は塊となって取り憑きますが,想念の蓄積が少ないものをレベル1,蓄積が多いものをレベル2,と分類しています。

レベル1の場合,一時的に邪魔な存在として,取り憑く人の周りを漂っています。

ところが蓄積が増えていくと,ある時点から想念の塊が,自律的に行動するようになります。このように,自律的に行動する状態がレベル2です。

生物の反応で,反応が起きるか起きないかの境界となる値を,閾値(いきち,慣用的にはしきいち)とよびます。想念の塊も,閾値を超えると自律的に行動するようになるということです。

□自ら考えて行動するということですか?
自律的にといっても,私がこれまでに見てきた限り,自ら考えて行動することはありません。刺激に反応して動くといった程度のもので,たとえていえば昆虫のように行動するということです。動物や人間のような知性はもっていません。

□自律的にどのような行動をするのですか
これはまちまちです。たとえば取り憑いた人間が寝ている間は活動せず,起きたら活動を開始して,意識面で圧迫を加えるといったことを行います。

あるいは,普段は意識面で圧迫を加え,取り憑いた人間が食事を始めると,それをきっかけに気持ちの悪い感触を人間に送って,食事の邪魔もすることがあります。

プログラミングの経験がある人向けの例えになって恐縮ですが,レベル2の想念の塊は,イベンド駆動型(きっかけがあると動作する仕組み)であるということです。

※その7を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/02/part7.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html