2014年9月21日日曜日

人生相談(カウンセリングとの違い)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/09/part1.html

その2もその1に続き,スピリチュアル人生相談(以下,人生相談と略します)と,カウンセリングとの違いについて説明します。

なお文中に出てくるケースは,実際にあった経験をもとに,内容を違えて創作したものです。

□自分で問題を解決するように導くのがカウンセリング
その1で,カウンセリングも人生相談も,傾聴,共感,無条件受容は,共通であることを説明しました。その2は,違う点について書きます。

カウンセラーはカウンセリングで,クライアント(カウンセリングを受ける人)が自分で問題点に気づき,どうすればよいかを考えるように導きます。そのためにカウンセラーは,クライアントが抱えている問題点を掘り下げる手伝いをして,気づきを促し,解決の手伝いをします。

つまり,カウンセラーはクライアントが抱えている問題点を自ら解決するのではなく,解決の手伝いをする役割であるということです。

カウンセリングは解決しないのか,と思われるかもしれません。私個人の見解ですが,カウンセリングの神髄とは,クライアントが自分で自分をより深く知り,そして自分で問題を解決していくようにすることと思っています。

□人生相談では現状とどうすればよいかを説明する
これに対して人生相談では,相談内容をうかがい,霊視して,現在や現在に至る状況を説明します。そして,どうすれば解決できるかを提示し,必要に応じてお祓いなどで問題を解決します。

つまり相談を受ける側が,全部ではないにしても,問題を解決します。これがカウンセリングとの違いです。

全部ではないとしたのは,問題の解決のために,たとえば未練を断ち切るといったように,相談者が考えや気持ちを切り替える必要があるからです。そのために相談者に状況を説明し,気づきを促すことはあります。

※その3を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/09/part3.html


□ブログ記事の索引

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html