2014年9月28日日曜日

人生相談(カウンセリングとの違い)その3

その2はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/09/part2.html

その3もその2に続き,スピリチュアル人生相談(以下,人生相談)と,カウンセリングとの違いについて説明します。

□相談者にとって参謀のような存在
今回は,クライアントにとってのカウンセラーと,相談者にとっての人生相談の回答者が,どのような存在であるかについて,思うところを述べます。

カウンセリングは,クライアントにとって,コーチのような存在であると思っています。コーチとして導く手法をコーチングといいますが,これもコーチを受ける人が,自分で考えて答えを出すようにもっていく手法なので,カウンセリングと共通するところがあると感じます。

これに対して人生相談における回答者は,戦いにおける参謀のような存在であると思っています。参謀とは,軍隊における指揮官を補佐する将校で,状況を説明したり作戦を立てたり,軍備の手配も行います。時には指揮官に意見して,作戦の軌道修正も行います。

スピリチュアルな人生相談では,相談者が本来あるべき人生を送ることができるように,霊的な面から状況を説明し,今後どうすればよいかを意見し,ヒーリングや祈祷で障害を取り除きます。ヒーリングや祈祷で,障害を取り除く点は参謀と異なりますが,回答者は参謀のような存在であるべきというのが,長年の人生相談で得た,私の結論です。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年9月21日日曜日

人生相談(カウンセリングとの違い)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/09/part1.html

その2もその1に続き,スピリチュアル人生相談(以下,人生相談と略します)と,カウンセリングとの違いについて説明します。

なお文中に出てくるケースは,実際にあった経験をもとに,内容を違えて創作したものです。

□自分で問題を解決するように導くのがカウンセリング
その1で,カウンセリングも人生相談も,傾聴,共感,無条件受容は,共通であることを説明しました。その2は,違う点について書きます。

カウンセラーはカウンセリングで,クライアント(カウンセリングを受ける人)が自分で問題点に気づき,どうすればよいかを考えるように導きます。そのためにカウンセラーは,クライアントが抱えている問題点を掘り下げる手伝いをして,気づきを促し,解決の手伝いをします。

つまり,カウンセラーはクライアントが抱えている問題点を自ら解決するのではなく,解決の手伝いをする役割であるということです。

カウンセリングは解決しないのか,と思われるかもしれません。私個人の見解ですが,カウンセリングの神髄とは,クライアントが自分で自分をより深く知り,そして自分で問題を解決していくようにすることと思っています。

□人生相談では現状とどうすればよいかを説明する
これに対して人生相談では,相談内容をうかがい,霊視して,現在や現在に至る状況を説明します。そして,どうすれば解決できるかを提示し,必要に応じてお祓いなどで問題を解決します。

つまり相談を受ける側が,全部ではないにしても,問題を解決します。これがカウンセリングとの違いです。

全部ではないとしたのは,問題の解決のために,たとえば未練を断ち切るといったように,相談者が考えや気持ちを切り替える必要があるからです。そのために相談者に状況を説明し,気づきを促すことはあります。

※その3を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/09/part3.html


□ブログ記事の索引

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年9月14日日曜日

人生相談(カウンセリングとの違い)その1

スピリチュアルな内容の人生相談(以下,人生相談とします)を何十年と続けていますが,私はこれをカウンセリングではなく,人生相談として行っています。今回は,カウンセリングと人生相談の違いについて説明します。

なお文中に出てくるケースは,実際にあった経験をもとに,内容を違えて創作したものです。

□カウンセリングの基本
私は本業(私立学校の教員)の関係で,カウンセリングの講習を受けたことがあります。ロジャースのカウンセリング理論などを学ぶとともに,傾聴(相談者の発言を注意深く聴く)のスキル,共感と無条件受容(相談者を理解し相談者から受け入れてもらえるようにする)のスキルなどを演習しました。

人生相談でも,傾聴は必要です。霊視した結果だけでなく,相談内容を詳しくうかがって,事情が把握できるからです。霊視でなんでもピタリと当てるだろう,と思われる人もおられます。しかし霊視で分かる範囲は限界があり,具体的な出来事まではわかりません。それと相談内容とを合わせることで,適切な回答ができます。

たとえば,相談者の人生を時間軸で霊視することがあります。人生の展開は,川の流れのように見えますが,ある相談者を霊視すると,10代中頃から流れが乱れているように感じました。そのことを相談者に説明すると,その時期に両親が離婚して,人生が乱れだしたという返事がありました。

霊視で,ある時期から人生が乱れだしたことはわかっても,その時期に両親が離婚したという具体的な出来事まではわからず,それをうかがって合わせることで,適切な対応がとれます。

また共感と無条件受容は,スピリチュアルな人生相談ではとりわけ求められます。人に言えない(言っても相手にされない)悩みを抱えておられ,それを理解して解決してくれる人を求めて相談を申し込まれているからです。

私のメールによる人生相談では,最大で3回までやりとりができるようにしています。これは,最初は表面的な悩みを話されることがありますが,2回目では表面的ではない悩みを話され,3回目に相談内容の本質となることを話されることがあるからです。

相談内容の本質となることを話していただくために,常に,共感と無条件受容を自分に課すようにしています。


※その2を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/09/part2.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年9月6日土曜日

人生相談(倫理規程)その4

その3はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/08/part3.html

私が受け付けている人生相談では,独自に倫理規程を設けています。そのうちの,相談者以外の人の霊視に関する倫理規程の説明です。

□相談者以外の人の霊視に関する倫理規程
(1) 霊視した内容のうち,相談者に関係する事柄のみ説明する

相談者以外の人ですが,ご家族もあれば,交際相手もあります。ここでは,交際相手に関する霊視の説明を取り上げます。

□交際相手の霊視
私に人生相談を申し込まれる人の4分の3は女性で,その大半が結婚に関する相談です。特に,40歳前後の女性の結婚に関する相談が最多です。

この相談では,昔交際していた男性の奥さんから今も恨まれていないだろうか,別れた男性とよりを戻したいが男性の気持ちはどうだろうか,といった交際相手(以後,「その人」とします)を霊視してほしいという依頼があります。

相談では,その人のお写真をメールで送ってもらい霊視します。そして,その人の相談者への気持ちを説明します。つまり,その人が相談者に好きな気持ちがあるのか,あるとすればどれくらいなのかを説明します。

また,その人との何らかのつながりがあれば,それを説明するようにしています。このつながりとして,たとえば前世で親子だったとか,仕事を通しての付き合いがあったとか,何らかの関わりがあった場合はそれも説明します。

ですから,その人の守護霊がどのような人であるかや,その人の過去などで,関係のない事柄は説明しません。

□想いを断ち切る手助けをすることになる
相談内容に応じて,その人を霊視した内容を説明しますが,それにより,これからどうすればよいかの結論を促すことになります。

たとえば,相談者がその人との復縁を願っているが,霊視するとその人はよりを戻す気持ちはない,ということがわかる場合があります。それを説明することが,その人への想いを断ち切る手助けになります。また,相談者がストーカー的行為に走るのを,事前に防ぐことができる場合もあります。

反対にその人が,ある条件を満たしたら復縁に応じる気があると感じられる場合,それを説明します。よくあるのが,相談者が交際でがんばりすぎて,その人にとって,いわゆる「重い女」になっていることがあります。この場合,さらっとした感じの交際になるようにアドバイスすることで,復縁の可能性が高まります。

このように,霊視した結果を伝えることは,相談者の結論を促すことになります。それにより相談者だけでなく,場合によりその人も,落ち着くべきところに落ち着くことができるようになります。

なお,霊視した結果だけでなく,相談者とのその人とのいきさつをうかがい,その分析結果も併せて説明するようにしています。つまり霊視した結果と,客観的な経過の分析とを取り合わせて,総合的に判断した結果として説明するようにしています。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html