2014年8月16日土曜日

人生相談(倫理規程)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/08/part1.html

私が受け付けている人生相談では,独自に倫理規程を設けています。そのうちの,ヒーリング・お祓いに関する倫理規程の説明です。

□(3)のケースとは
(3)のケースを再掲します。

(3) 本人が,自分で判断できる状況で承諾しておらず,ご家族からの依頼があった場合,癒し(応急措置に相当すること)や本人の周囲のお祓いを行う。 

(3)のケースですが,ご家族に次々と問題が起きている,あるいは精神的に病んでいる,といった状況で,何とかならないだろうかという依頼が中心になります。これについての原因別の対処を取り上げます。

・家族で攻撃的な言動をとる人がいる
これが最も多い相談で,ご家族で家族や他人に対して,攻撃的な言動をとる人(以後,本人とします)がいるというものです。

霊視すると,本人からはとげとげしいオーラが出ており,口から毒気のある想念を吐いています。その毒気のある想念が家族に届いて家族が病み,その毒気で自分も病んでしまっているという状況が見えます。

この場合,(3)の対処として,本人の回りの毒気を祓い,病んでいる部分を癒すようにしました。根本的な解決にはなっていませんが,本人がほっとしたのを感じました。そして相談者から,本人が落ち着いた,攻撃的なことを言わなくなった,という返事をいただきます。

・恨みの念が溜まっている
溜まった原因はさまざまです。この場合,ご家族が次々と病気にかかる,ご家族の仕事が続かずに辞めることを繰り返している,結婚がまとまらない,という問題が出ます。

霊視すると,個人だけではなく,ご家庭に恨みの念が溜まっているのが見えました。そのため(3)の対処として,個人を対象とせず,ご家庭を対象としてお祓いを行いました。

これは経験上,解決に期間がかかります。一般に半月ほどかかり,二度目の相談を申し込んでもらってお祓いを続け,解決できた場合もあります(最初の相談で,成果が出ていると感じたなら2か月ほど空けて二度目を申し込んでください,そうでなければ申し込む必要はありません,と説明した上で二度目をお申込みいただきました)。

※その3を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/08/part3.html


□ブログ記事の索引

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html