2014年8月31日日曜日

人生相談(倫理規程)その3

その2はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/08/part2.html

その3では,倫理規程に関する質問を取り上げます。なお,ここで取り上げる質問は,人生相談であったやりとりをもとに創作したものです。

□「状況が改善されるのであれば,本人の了解なしにヒーリングなどを行ってもよいと思いますが?」

倫理規程(1)ですが,これは医療と同じ判断を取り入れています。手術をする場合,事前に本人の同意を得た上で行います。それと同じであるということです。たとえ軽微であっても,自分の知らないうちに,何らかの力が自分に加わるというのは,原則として避けるべきであるからです。

ただし,救急医療の現場では,手術が必要で本人の意識がない場合,駆け付けた家族の同意のもとに手術を行います。それに相当することが,倫理規程の(2)です。

なお,救急医療の現場では,家族と連絡がとれない場合,医師の判断で手術を行います。私は,本人もしくは本人の家族から相談を受けてから,ヒーリング等の実施の判断を行いますので,これに相当するケースはありません。

□「倫理規程の(3)は、医療でいえばどういうケースですか?」

本人の身体で傷口が露出している場合,傷口を消毒して,包帯をまくことに相当する措置です。ご家族から依頼があれば,そこまでは行います。私たちの日常でも,義務ではないですが,応急措置をとることが求められる場合があります。それと同じ判断であるということです。

このように倫理規程を定めていますが,モラルとしてどうするか,どこまですべきかは,今後も検討すべき課題であると思っています。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年8月24日日曜日

人生相談(前世について)その5

その4はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/07/part4.html

その5では,相談内容で前世が関係しているケースを取り上げます。なお,ここで取り上げるケースは,実際にあった相談をベースに創作したものです。

□「私は強迫性神経障害で,加害恐怖が強いです。刃物を見るだけで,それで人を刺した恐怖や罪悪感が襲います。これまでの人生で人を刺したことはなく,何故このような病を患ってしまったのでしょうか。」

相談者を霊視しました。前世は戦国時代の武士の妻で,夫である武士が殺された直後に,殺した武士を背中から刃物で刺して応戦しました。その後,夫を殺された光景と刃物で刺した光景が,意識の底に蓄積されていきました。

その事情と,今後に向けての心の対処を説明しました。また,刃物で刺した武士は相談者の周囲にはいないので,相談者を恨んではいないことも伝えました。

しばらくして,相談者からメールがありました。加害恐怖はまだあるもののかなり弱くなり,恐怖や罪悪感が心に突き刺さることはなくなったそうです。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年8月16日土曜日

人生相談(倫理規程)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/08/part1.html

私が受け付けている人生相談では,独自に倫理規程を設けています。そのうちの,ヒーリング・お祓いに関する倫理規程の説明です。

□(3)のケースとは
(3)のケースを再掲します。

(3) 本人が,自分で判断できる状況で承諾しておらず,ご家族からの依頼があった場合,癒し(応急措置に相当すること)や本人の周囲のお祓いを行う。 

(3)のケースですが,ご家族に次々と問題が起きている,あるいは精神的に病んでいる,といった状況で,何とかならないだろうかという依頼が中心になります。これについての原因別の対処を取り上げます。

・家族で攻撃的な言動をとる人がいる
これが最も多い相談で,ご家族で家族や他人に対して,攻撃的な言動をとる人(以後,本人とします)がいるというものです。

霊視すると,本人からはとげとげしいオーラが出ており,口から毒気のある想念を吐いています。その毒気のある想念が家族に届いて家族が病み,その毒気で自分も病んでしまっているという状況が見えます。

この場合,(3)の対処として,本人の回りの毒気を祓い,病んでいる部分を癒すようにしました。根本的な解決にはなっていませんが,本人がほっとしたのを感じました。そして相談者から,本人が落ち着いた,攻撃的なことを言わなくなった,という返事をいただきます。

・恨みの念が溜まっている
溜まった原因はさまざまです。この場合,ご家族が次々と病気にかかる,ご家族の仕事が続かずに辞めることを繰り返している,結婚がまとまらない,という問題が出ます。

霊視すると,個人だけではなく,ご家庭に恨みの念が溜まっているのが見えました。そのため(3)の対処として,個人を対象とせず,ご家庭を対象としてお祓いを行いました。

これは経験上,解決に期間がかかります。一般に半月ほどかかり,二度目の相談を申し込んでもらってお祓いを続け,解決できた場合もあります(最初の相談で,成果が出ていると感じたなら2か月ほど空けて二度目を申し込んでください,そうでなければ申し込む必要はありません,と説明した上で二度目をお申込みいただきました)。

※その3を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/08/part3.html


□ブログ記事の索引

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2014年8月9日土曜日

人生相談(倫理規程)その1


私が受け付けている人生相談では,独自に倫理規程を設けています。今回は,ヒーリング・お祓いに関する倫理規程を説明します。

なお,これらはこれまで取り組んできた相談内容から,試行錯誤して定めたものですが,規定外のケースが生じた場合,変更することがあります。

□ヒーリング・お祓いの承諾
私としては,たとえわずかでも人に何らかのエネルギーを送ることは,事前に本人の承諾を得た上で行うべきであるとの方針をとっています。そのためこれらは,お申込み時に選択していただくようにしています。

といっても面倒なものではなく,お申込みメールの入力時に,ヒーリング希望のチェックを付けていただくだけです。そして人生相談の間に,お祓いが必要と判断した場合,お祓いを行うことを説明した上で,ヒーリングに代えて行います。


□ヒーリング・お祓いに関する倫理規程
次のように定めています。なお,ヒーリング・お祓いをまとめて,ヒーリング等とします。

(1) 原則として,本人の了解なしに,ヒーリング等を行ってはならない。 
(2) 本人が自分で判断できる状況にない場合,家族からの依頼でヒーリングを行う。なお,お祓いが適している場合にはお祓いを行う。
(3) 本人が,自分で判断できる状況で承諾しておらず,ご家族からの依頼があった場合,癒し(応急措置に相当すること)や本人の周囲のお祓いを行う。 

□(2)のケースとは
(2)のケースですが,何らかの出来事からご本人が精神的に病んで,それを何とかしてほしいというご家族からの依頼が中心になります。また,少ないですが霊的な問題がある場合もあります。それらを霊視して判断して,適したものを行うということです。

具体的には,精神的に病まれたのが原因であれば,ダメージを受けた部分を癒す(応急措置に相当すること)ようにしたうえで,意識の底に蓄積されている苦しみや葛藤を,解放するようにします。また霊的な問題であれば,ヒーリングに代えてお祓いを行います。

なお,意識の底に蓄積されている苦しみや葛藤を解放することは,客観的に証明できません。そのため,無料オプションとして行うようにしています。

□(2)のケースの判断
(2)のケースですが,ご家族が何事も代わりに手配している状況であることと,私が霊視した結果(ご本人が自分で判断できない状況は,意識の緩み具合で大まかにわかります)で判断します。

なお,ヒーリング・お祓いは,これまでに相談された皆様から回復/改善の返事をいただいていますが,医療行為ではありません。そのため,昔から行われている回復祈願の扱いになります。

※その2を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/08/part2.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年8月3日日曜日

人生相談(人に言えない悩み)その12

その11はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/11/part11.html

その12もその11の続きとして,Q&A形式で取り上げます。なお,ここで掲載する相談例は,実際にあったケースをもとにして作った,架空の話です。

□危険が近づくと背中や後頭部がざわざわします
危険が近づく前や,良くないことが起こる前になると,背中や後頭部にざわざわとした感触が生じるが,霊的な原因があるのだろうかという相談です。

その人を霊視すると,背中や後頭部に10数体もの精霊がいました。精霊とは,この世と密接に繋がったあの世(精霊界)に存在する霊です。あの世は何層にも重なった世界ですが,精霊界はその一つです。

良くないことが起きる前にざわざわが大きくなるのは,精霊がそれを知らせようとしているからです。ただし,精霊が付いている人は,めずらしいです。

その人の前世を霊視すると,巫女として神に仕えていました。その関係から霊的な存在とやりとりする能力が身についていました。そして,神社の周りの森(鎮守の森)をいたわり,そこ(森と同じ位置の別次元の世界)に棲んでいた精霊を慈しみ,助けるようなことをしました。

精霊はそのお礼として,生まれ変わった後もその人の後ろにいて,助けようとしているのでした。

□守護霊ではない?
守護霊がいることで,ざわざわした感触は生じません。また,危険をざわざわとした感触で知らせることはせず,別の方法で知らせたり導いたりします。精霊は,そこまで人を導く能力はありません。

では精霊はどのような存在かということですが,野球のチームに例えると,人間は選手になります。守護霊は,コーチや監督です。精霊は,ファンといえるでしょう。ファンとしてのアドバイスを叫び,声援を送っているといえますので,大切に接したらよいでしょう。

※その13を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/04/13.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html