2014年5月11日日曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その14

その13はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/01/part13.html

その14も,Q&A形式で説明します。なお,ここで取り上げているケースは,実際にあった経験をもとに作成した,架空の話です。


□動物の霊とつながることはできますか?
相談の中で,亡くなられた動物について問い合わせを受けることがあります。動物の霊視は,経験が少ないのですが,犬で亡くなられてから日にちが経っていない場合はできています。

犬からのコミュニケーションは,ワンワンと吠えるだけです。しかし,人間でいえば子供くらいの意識があるように感じます。また,人間と共同生活が長いせいか,人間(飼っている家族)を思う気持ちがあります。


□犬を霊視したケース
ある人が,メールで相談されました。昨年御主人が亡くなり,そして最近愛犬が亡くなられたので,何かあるのだろうかという内容でした。ご主人は別にして,愛犬を霊視しました(あくまでも架空の話です)。

愛犬は,相談者の近くにいたので,すぐにつながれました。犬も人間と同様に,亡くなられてからしばらくは現世をさまよい,その後天国に行くようです。

その犬の記憶では,一年前に御主人が亡くなられたことを,家族のやりとりから知っていました。その後,相談者である奥様は,3か月ほど悲嘆にくれていたようです。そして3か月後,精神的に癒えてきたのを見て犬もうれしくなり,元気よく家の中を走り回るようになりました。

突然元気よく走り回る犬を,「これ,これ,どうしたの。」と抱きしめて奥様が語りかける記憶もありました。その後は犬も奥様も普通に暮らして,そして犬は思い残すことなく亡くなりました。そのため,それらの記憶をできるだけ詳しく伝え,御主人の死とは何も関係がないことを話しました。

※その15を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/06/part15.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html