2014年5月29日木曜日

人生相談(心の防御壁について)その3

その2はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/05/part8.html

今回はその1とその2で取り上げている,ガード(心の防御壁)に関することです。なお,文中に出てくる例は,実際にあった経験をもとに作成した架空の話です。

□ガードの副作用とは何ですか?
まず,その1で説明した,人を寄せ付けないというか,相手を跳ね返すような気が,弱いながらも出るようになります。それにより他人や集団と隔離して,孤立する場合があります。

それ以外の問題点として,次のものがあります。
(1) 心の中で発生した想念が,外に抜けていきにくくなる。
(2) 負のカルマとの相乗効果で,殻に閉じ込められたようになる。

(1)も(2)も人により異なりますが,これが大きな問題になります。今回は(1)について説明します。

□発生した想念が抜けていかないとどうなる?
心の中で考えることで発生した想念ですが,ほとんどが外に抜けていってなくなります。そして一部が心に残り,潜在意識に蓄積されたりします。

ところがガードができると,その想念がガードで阻まれて,外に抜けにくくなります。それにより心の中に長く滞留し,その結果として,いつまでも同じ事を思ったり考えるようになります。

自分としては,いつまでも同じことを考えているのはよくないと,思い直します。しかし,発生した想念が長期間漂っているため,そうもいきません。

□統合失調症とガード
私は医者ではありませんので,これ以降は診察ではなく,研究対象への考察として述べます。統合失調症にかかっている人もガードができやすく,それにより想念が抜けていきにくくなり,症状が悪化するケースがあるように見受けられます。

悪化するケースですが,落ち着きがなくなったり,同じことを言い続ける傾向が見られます。このような場合,ガードを減らしていく根本的な対処も必要ですが,想念が抜けていくように気持ちを切り替えていく対処が,早急に求められることが多いです。

※その4を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/06/part4.html


※関連記事(統合失調症の症状軽減について)
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/01/part13.html


※関連記事(統合失調症による幻聴について)

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/08/part8.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年5月25日日曜日

人生相談(心の防御壁について)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/05/part7.html

その1で取り上げた,ガード(心の防御壁)の続きです。なお,文中に出てくる例は,実際にあった経験をもとに作成した架空の話です。


□ガードをどうすればよいですか
必要なのでできたものですから,状況が変わらない時点では,そのままにしておくことになります。ただし,副作用もありますから,将来的にはなくしていくべきです。

□人生の展開と精神的な境地
では,将来的とはいつなのかということですが,それを知る前に,人生の展開と精神的な境地の高まりとの関係を知る必要があります。

私論ですが,前世の負のカルマを背負って生まれてきた場合,人生の展開は,マズローの欲求5段階説ではないですが,大きく5段階に分けられると見ています。

(1) レベル1
生まれてから,負のカルマが発現するまでの時期。

(2) レベル2
負のカルマが発現し,意思に反して事件や騒動に次々と巻き込まれたり,対人関係での揉め事が次々と起きる。

(3) レベル3
事件や騒動,あるいは対人関係での揉め事が続く。そのため,何か霊的な課題があることに気づき始める。

(4) レベル4
スピリチュアルな人生相談によって霊的な課題がわかり,負のカルマにどう対処していけばよいかが分かってくる。

(5) レベル5
負のカルマが精算され,精神的境地も高まり本来あるべき人生を送る。

このレベルと,ガードとの関係は次のようになります。

(1) レベル1:
(2) レベル2:ガードができはじめる。
(3) レベル3:ガードが強固なものになる。
(4) レベル4:無くせないものの,ガードを減らしていく。
(5) レベル5:必要なときだけガードができる

レベル5の,「必要なときだけガードができる」ですが,これはストレスがかかりそうなときに瞬時にガードができて,そして終わるとガードがなくなるものです。

これを時代劇にたとえていえば,手裏剣が飛んできたら畳を立てて防ぎ,済んだら畳を戻すようなイメージです。あるいは宇宙船が戦うSF映画で,宇宙船が攻撃を受けたら瞬時に防御シールドができて防ぎ,終わったら防御シールドがなくなるようなイメージです。

※その3を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/05/part9.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年5月18日日曜日

人生相談(心の防御壁について)その1

人生相談を受けていると,対人関係がうまくいかない人の心には,防御壁ができているのを感じます。その心の防御壁を,ガードとよぶことにします。この記事は,そのガードに関する経験をまとめたものです。なお,文中に出てくる例は,実際にあった経験をもとに作成した架空の話です。


□ガードとは
ガードは,対人関係で自分を防御するためにできます。これは負のカルマで苦しんだ場合にできやすいですが,負のカルマがなくても,次のような出来事に遭遇した場合にガードができる場合があります。

(1) 穏やかに過ごしたいのに,対人関係でのもめ事が繰り返し起きた。
(2) 自分が所属する集団で,嫉みなどから全員を相手に対立した。
(3) 配偶者からDVを受けた,職場の上司から圧力を受けている。
(4) 統合失調症にかかった。


□ガードができることによる変化
ガードができることで,もめ事が起きても心の中では平静を保つことができるようになります。それにより,ストレスをあまり感じること無く,生活できるようになります。

しかしその一方で,人を寄せ付けないというか,相手を跳ね返すような気が,弱いながらも出るようになります。それにより他人や集団と隔離して,孤立する場合もあります。

※その2を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/05/part8.html


□ブログ記事の索引

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年5月11日日曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その14

その13はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/01/part13.html

その14も,Q&A形式で説明します。なお,ここで取り上げているケースは,実際にあった経験をもとに作成した,架空の話です。


□動物の霊とつながることはできますか?
相談の中で,亡くなられた動物について問い合わせを受けることがあります。動物の霊視は,経験が少ないのですが,犬で亡くなられてから日にちが経っていない場合はできています。

犬からのコミュニケーションは,ワンワンと吠えるだけです。しかし,人間でいえば子供くらいの意識があるように感じます。また,人間と共同生活が長いせいか,人間(飼っている家族)を思う気持ちがあります。


□犬を霊視したケース
ある人が,メールで相談されました。昨年御主人が亡くなり,そして最近愛犬が亡くなられたので,何かあるのだろうかという内容でした。ご主人は別にして,愛犬を霊視しました(あくまでも架空の話です)。

愛犬は,相談者の近くにいたので,すぐにつながれました。犬も人間と同様に,亡くなられてからしばらくは現世をさまよい,その後天国に行くようです。

その犬の記憶では,一年前に御主人が亡くなられたことを,家族のやりとりから知っていました。その後,相談者である奥様は,3か月ほど悲嘆にくれていたようです。そして3か月後,精神的に癒えてきたのを見て犬もうれしくなり,元気よく家の中を走り回るようになりました。

突然元気よく走り回る犬を,「これ,これ,どうしたの。」と抱きしめて奥様が語りかける記憶もありました。その後は犬も奥様も普通に暮らして,そして犬は思い残すことなく亡くなりました。そのため,それらの記憶をできるだけ詳しく伝え,御主人の死とは何も関係がないことを話しました。

※その15を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/06/part15.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年5月3日土曜日

人生相談(開運について)その5

その4はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/03/part4.html

このブログは,結婚できない理由やカルマなどに関する人生相談をメインとし,開運やパワーストーンに関する話は番外編として掲載する方針です。しかし意図に反して,このカテゴリ(開運・パワーストーン)のアクセス数が多いです。興味を持つ人が多いということでしょう。

そこで今回は,その4で取り上げた,お金に恵まれるようになる方法についての質問と回答です。


□高価な品を買うことがやめられないのですが
ブランド品など高価な品物を買ったり,高級レストランなど高価なサービスを利用することは,経験の幅を広げる点で,一通りは経験した方がいいです。ただし,一通りまでで,それ以上は不要といえます。

しかし,なかなかやめられない場合,物やサービスと自分の関係を突き詰めていけばいいです。そうすると,理由として「裕福な気分を味わってみたい」,「他人に差をつけたい」といった動機が浮かび上がってくるでしょう。裕福な気分も,突き詰めれていけば,他人より裕福な気分ということになります。つまり,他人との比較による劣等感や優越感にとらわれていることがわかります。

その解決には,それらとは別の価値観で生活するようになることです。それは,「この世での自分の生活は,お金のあるなしに関係なく,これが最適」という生活スタイルを確立することです。その確立により,他人がどうであろうが関係なくなり,優越感や劣等感から解放されていきます。それは,スピリチュアルな面からみて,生きていく上でのあるべき心の状態です。そして,お金に恵まれる心の状態であるといえます。


□別の効果もある
収入が増えると,一般に生活は裕福になります。しかし,収入の増加以上に贅沢品を買うようになり,一見贅沢しているようで,貯金も増えずむしろ生活が苦しくなっている場合があります。経験上,年収1000万円前後の人で,周囲も高級なものを好む人が多い職場で,そういう人を見かけます。

しかし,「値段の高い安いに関係なく,これがいい」というクラスレスな(気分の)生活を確立していると,収入が増えても,不要に贅沢品を買ったり値段の高いサービスを利用することがないか,あっても少ないものとなります、そうするとお金が残るようになり,貯金が増えてより裕福になります。

クラスレスな(気分の)生活を送ることは,このような効果もあります。

※その6を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2016/05/6.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html