2014年3月30日日曜日

人生相談(カルマについて)その6

その5はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/03/part4_19.html

人生は,それまでの人生や過去世(前世やそれ以前の人生)でのカルマの影響を受けています。今回は,来世に負のカルマを持ち越さないようにする方法の,その2です。
※その6との構成の関係で,その5を一部変更しました。

□憎しみや恨みを捨てるには具体的にどうすればよいでしょうか?
過去に起きた出来事を忘れて生きることができる場合もあれば,忘れられずにトラウマのようにときどき思い出す人もいるでしょう。忘れて思い出せないならそのままで良いですが,後者の場合は対処が必要です。

その場合,その覚えている憎しみや恨みの場面が浮かんだら,「もう憎しみや恨みは捨てた,いつまでもそれにとらわれない」と,自分に言い聞かせることです。

□他者を許し,自分を許す
このときに大切なのが,憎しみや恨みを持った相手を許し,そして反対に自分がそのようなことをした場合には自分を許すことです。許す気持ちを持つ,といっても良いでしょう。

許すことがなかなかできない場合,「これからのことに取り組むので忙しい,いつまでも過去の出来事にとらわれているほど自分は暇じゃない」と自分に言い聞かせることも有効です。

またすべての場合ではありませんが,相手や自分を許して,これまでの想いを手放すことで,あの世からの修復作用の力が働く場合があります。これについては,過去の記事で取り上げています。
「人生相談(事件や騒動によく巻き込まれる)その3」
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/09/part3.html

つまり,自分や他人を許し(許す気持ちを持ち),その想いを手放すことで,それに関する過去の出来事の状況が変わったり,関係する人の気持ちが変わることがあるということです。

過去の出来事にこだわればいつまでも同じ状態が続き,諦めて想いを手放せば状況が変わって解消するのが,想念に関する法則の一つです。

□負のカルマを持ち越さない生き方=望ましい生き方
憎しみや恨みの気持ちを持たず,人や自分を許すことは,負のカルマを持ち越さないだけでなく,これからの人生をよりよいものにします(厳密には,これらの人生が,本来あるべき状態に近づきます)。負のカルマを来世に持ち越すことを避けるというと,脅しのように感じられるかもしれませんが,自分への戒めとして心がけることは,生きていく上での知恵といえるでしょう。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年3月24日月曜日

人生相談(カルマについて)その5

その4はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/03/part4_19.html

人生は,それまでの人生や過去世(前世やそれ以前の人生)でのカルマの影響を受けています。今回は,来世に負のカルマを持ち越さないようにする方法の,その1です。

□人を殺したり,他人の人生を狂わせるようなことをしない
これは当然のことでしょう。人にそのようなことをしたら,来世で自分に返ってくるだけでなく,今生でも報いがあります。

□他人や世の中を,恨まず憎まずに暮らすこと
次に,自分の内面の問題です。生きていれば,恨みや憎しみが生じることがあります。それらを完全になくすことはできないでしょうが,いつまでもそれにとらわれないようにすべきです。

□過去に人を憎んだり恨んだことがありますが?
生身の人間ですから,過去に人を憎んだり恨んだことも,これまでにあったでしょう。過去のそれらの想いは捨てて,来世に持ち越さないという心構えを持てばいいです。程度問題ですが,それで解消します。

人を殺すなどの犯罪を行った場合はともかく,一時的な憎しみや恨みなら,反省して自分が向上するように心がければ,まず問題ありません。心配せずに,恨みや憎しみをもたないような人間になるよう,自分を向上させて下さい。

※その6を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/03/part6.html


□ブログ記事の索引

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年3月19日水曜日

人生相談(カルマについて)その4

その3はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/03/part3.html

人生は,それまでの人生や過去世(前世やそれ以前の人生)でのカルマの影響を受けています。それに関する内容を,Q&A形式で取り上げます。

□前世で生じた負のカルマを経験せずに無くせませんか?
これは,できません。自分のしたことや思ったことが,自分に返ってくるのがカルマの法則です。返ってきたものを経験して,学ぶことが今生におけるテーマの一つです。

□では,前世で生じた負のカルマを減らすことはできますか?
これは,いろいろな人の人生相談を受けて分かってきたことですが,条件が揃えば,少しですが減らせます。

その条件ですが,カルマの精算が8割以上終わった段階で,次のいずれかが求められている場合です。

(1) 世のため人のためになる何らかの施しが求められている場合
(2) 現在の状況(現在の人生のステージ)における悟りが求められている場合

つまりカルマの精算が8割以上済んだ時点で,(1)が求められている場合に(1)を行うか,(2)が求められている場合に(2)を行うことで,残りのカルマが減らされるというか,カルマを経験する期間が短縮されることはあります。(1)もしくは(2)のどちらも求められていない場合もあり,その場合は減らせません。

では,世のため人のためになる何らかの施しとは何か,現在の状況における悟りとは何か,ということですが,それはケースバイケースです。なお施しでは,下心をもたず,原則として見返りを求めずに行えることになります。

※その5を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/03/part5.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年3月6日木曜日

人生相談(カルマについて)その3

その2はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/02/part2.html

人生は,それまでの人生や過去世(前世やそれ以前の人生)でのカルマの影響を受けています。それに関する内容を,Q&A形式で取り上げます。

□対人関係で衝突が絶えないのですが,前世のカルマが原因でしょうか?
対人関係で衝突が絶えない現象は,一般には攻撃的な性格や,配慮の足らない発言をしがちであることや,人を見下すような態度などが理由としてあります。

しかし,人と仲良くやっていきたいのに,自分の意思に反してなぜか衝突してしまう場合,それ以外のディープな理由があります。それに関して,スピリチュアルな面から見て,下記の理由が考えられます。

(1) 自己中心的な性格で,人を跳ね返す気(オーラ)を発している 
(2) 前世で恨みをかった人が取り憑いて,対人関係を邪魔をしている 
(3) 親や先祖が人に恨みを持ち続け,その因果が子に報いている 
(4) 自分の前世での行いがカルマとなり,そのエネルギーが今世に作用している 

このうちの(4)が,前世のカルマが原因として考えられるケースだということです。

□争いをしかける人だった
どういうケースなのかというと,前世で,乱世に生まれて殺伐とした考えが染みついた場合や,他人を排除したり殺したりして勢力を広げようと争っていた場合が該当します。つまり,前世で争いをしかける人であったということです。


□とりあえず文書で連絡する
ではどうすればよいかというと,根本的にカルマの精算が終わるまで,争いの経験をいやというほど積むことになります。もういい分かった,という気持ちになっても,精算が終わるまで続きます。

それでも何とか争いを避ける方法はないかというと,本質的ではない,一時的な回避策があります。人と顔を合わせると争いになるのですから,顔を合わさないようにするということがあります。具体的には,文書で相手とコミュニケーションする方法です。

現代は,メールがありますし,SNSで関係者にだけ連絡する方法もあります。自分からのお知らせや意見の表明には,ちょうど良い手段です。根本的な解決策ではありませんが,対人関係の悪化でどうにかなりそうだ,という場合にこれの積極的利用を勧めています。

※その4を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/03/part4_19.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2014年3月2日日曜日

人生相談(開運について)その4

その3はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/10/part3.html

スピリチュアルな人生相談を受けていると,少数ですが,お金に恵まれるようになることついて相談を受けることがあります。今回は,お金に恵まれるようになる方法の紹介です。

□クラスレスな(気分の)生活を送る
では,お金に恵まれるようにするにはどうすればよいかというと,2つの方針があります。

(1)お金に対する執着を捨てること
(2)お金に恵まれていると思うこと

しかし,簡単にお金に対する執着を捨てられたり,お金に恵まれていると思うようになれるなら,苦労はしません。そのため,そこから先がノウハウになります。このノウハウとして,クラスレスな気分の生活を送るようにすることがあります。つまり裕福とか貧乏とか,そういう感覚から離れた生活を送るということです。では,クラスレスな気分の生活を送るにはどうしたらよいのかということです。

□「値段の高い安いに関係なく、これが良い」
その方法の一つとして,自分と周囲の物やサービスとの関係を突き詰めていくことがあります。突き詰めていくといっても,難しいことではありません。簡単にいえば,自分の身の回りの物やサービスで,「値段の高い安いに関係なく,これが良い」というものを絞り込んでいくということです。

自分の好きな服,食べ物,持ち物などを突き詰めていくと,自然と絞られてきます。たとえば私の場合,鞄はあるブランドのものを使っています。自分が求める使い勝手,質感,耐久性などを突き詰めていくと,それに絞られてきます。それより安い鞄や,ルイ・ヴィトンなどそれより高い鞄も少しだけ持っていますが,普段使うものは使い勝手がベストなそれになります。

理髪店もそうです。昔から行き着けの理髪店があり,そこは私の注文内容を覚えていてくれるので,行けばいつも通りに満足します。そこより高級な理髪店もありますが,最初から説明する必要があります。別に特別な髪型でもないのですが,何も言わずにいつも通りに仕上がって満足できることは,何物にも代えがたいです。

値段の高い安いに関係なく,良いと思う物やサービスを選んでいく(絞り込んでいく)ことで,自分がいくらお金持ちになろうが,これを使うことに変わりはないということがわかってくると,生活に満足感が出てきて,お金に対する執着が減ります。それにより,無駄にお金を使うことが減っていく効果も生じます。

気分転換や新しいものを試すために,普段使っているもの以外の製品やサービスをときどき利用することは,生きている限りあるでしょう。しかし,値段の高い安いに関係なく良いと思うものを絞り込むことで,自分の価値観が確立され,世の中の広告や他人の意見に振り回されることが少なくなります。それが幸福感につながり,そしてそれがお金に恵まれる人生へとつながります。

※その5を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2014/05/part5.html

□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html