2013年8月8日木曜日

人生相談(人に言えない悩み)その10

その9はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/08/part9.html

その10は続きとして,体が動かなくなくなってチャンスを逃す悩みの例を取り上げます。なお,ここで掲載する相談例は,実際にあったケースをもとにして作った,架空の話です。


□体が動かなかった相談例
ある女性が相談に来られました。霊視すると,その人の魂にくすみがあるのを感じました。そのくすみに意識を集中すると,過去に縁談があり,自分としてはその相手との結婚を望んでいるのに,体が動かなくなって結婚したいことが伝えられず,破談になった出来事が伝わってきました。

そのことが心に後悔として残り,自分は肝心なときに言いたいことが言えずチャンスを逃している,という自分を責める気持ちが生じ,それが魂のくすみとなっていました。

しかし,霊視をさらに進めていくと,体が動かなくなったのは,その人の守護霊が押さえていたためで,もしその相手と結婚していたら,相性が悪いため,人生が悲惨なものになっていたことが,その人の守護霊からのメッセージとして届きました。

そのため,まずメインの相談内容である現在の状況への打開策を話し,そして生まれてきた目的などを説明し,打ち解けたところでそれを話しました。要約すると,次の内容です。

あなたは過去の縁談で,返事ができずに破談になったことがあるのではないですか?もしそうなら,それはあなたの守護霊が返事できないように押さえていたからです。なぜ押さえていたかというと,その縁談に応じていたら,相性が意外に悪くて,あなたの人生が悲惨なものになっていたからです。ですから,あなたはチャンスを逃していません。むしろ,災いを未然に避けられたので,運のいい人なのです。

その人はずっと話に聞き入り,最後に思い当たることがある,とだけ話して終わりました。後日,その人とメールをやりとりする機会がありました。霊視すると,魂のくすみはなくなっており,吹っ切れた想いを感じました。

過去に囚われないように生きることが望ましいのは,大人なら分かっていることです。しかし,それを自分の心がけだけで実行するとなると,難しい場合があります。その過去の状況を,別の面から別の人が説明することで,吹っ切れる場合があります。そのために,人生相談があります。私はそれを,スピリチュアルな面から行っています。

※その11を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/11/part11.html


□ブログ記事の索引

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html