2013年5月18日土曜日

人生相談(家系の影響)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/05/part1.html

その2も,家系の影響をQ&A形式で書いていきます。なお,文中の相談例は,実際にあったケースをもとに作成した,架空の話です。


□結婚がまとまりませんが,家系の影響はありますか
ご先祖は根本的に,家系の存続と子孫の繁栄を願っています。ですから子孫には,結婚して子孫を作ろうとする力がはたらいています。

ただし,結婚を邪魔する力もはたらいている場合があり,その力が上回る場合,結婚がまとまらずに毎回破談するケースになります。

家系が関係しないケースは,このブログで別に取り上げています。
「結婚できない理由」その1
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/04/part1.html


□結婚を邪魔する力とは何ですか?
相談者のご先祖が戦争で人を殺すなど,相手から恨みをかうことをした場合,それを恨んで死んでいった人の恨みの念が,ご先祖の子孫(つまり相談者や相談者の家系の人)に影響を及ぼすことがあります。

たとえていえば,恨みがご先祖を経由して,家系に入り込んだようなものです。また嫁姑の関係や,兄弟間や親戚間で,恨みの念が生じる場合もあります。

この恨みの念は,その家系が絶えて滅ぶように子孫に影響します。ただし,最初に書いたように,家系の存続と子孫の繁栄を願う力もはたらいていますから,それらの力の差し引きで,結婚が決まって家系が存続していきます。


□絶えて滅ぼそうとする力を防ぐにはどうしたらよいですか?
誰にでも共通していえることとして,不満や不安をもっていると,絶えて滅ぼそうとする力の方が,より強く作用します。

ご先祖様には感謝して下さい。その心の状態で,絶えて滅ぼそうとする力の影響が弱くなり,家系の存続と子孫の繁栄を願う力の方が強くなります。

それ以上の対策はケースバイケースであり,私との相談内容になります。

○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)