2013年4月11日木曜日

幸福は自己満足。不幸は被害妄想


私はあまり,人生訓といった言葉に興味はありません。しかし,いくつか例外があって,名言と感じたものがあります。その一つが上のもので,お笑い芸人の江頭2:50さんの言葉です。

自分は不幸と思っている人の話を聞いてみると,自分にとって不満なことを論って(あげつらって)いることがわかります。しかし,その人を客観的に見ると,不満なこと以上に,満足すべきことがいろいろとあることもわかります。つまり,極端に言えば,不幸と思っているのは,被害妄想と類似した思い込みであるように感じます。

幸福も不幸も,自分の人生の解釈次第であると感じます。自分の人生を満足している,恵まれていると解釈すれば幸福だし,その反対と解釈すれば不幸になります。前者のように解釈すべきですが,長年にわたって積み重ねられた,解釈(ものの見方や考え方)を,自分で変えるのは難しいです。そこが,人生相談の役割の一つであると思っています。

ですから私の人生相談では,相談者の現状が,霊的に視てどうなっているか,どのようないきさつで現状に至っているのか,を説明します。それを知ることで,現実の望ましい解釈ができるようになり,また今後をどうすべきかが把握できるようになります。

江頭2:50さんの言葉には,ほかに「人生は何度だってリセットできんだよ。 俺を見ろ。笑え。 笑って泣け。」,「やろうと思ったら今すぐやれ!人生に保険なんてないんだよ!」,「人としての底辺?いいじゃねぇか。 どんなにどん底にいても、どんなにボロボロになっても生きれば。 生きること自体がお前の輝きだ。」などがあります。


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html