2013年1月27日日曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その9


その8はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/01/part8.html

その8の続きとして,祈祷(祈りを捧げること)について書きます。
なお,祈祷の効果は人によりまちまちで,効果がない場合もあります。誇張した内容になってはいけないので,抑えた表現にしています。


□祈祷を行うと,相談者はどう感じるの?

祈祷は,数分間にわたって祈りを捧げることです。神社仏閣で祈るのと基本的に同じことですが,霊的につながっている場合,相談者の魂に働きかける効果が生じることがあります。

過去に,相談者に祈祷したケースで,寄せられた感想があります。なお,これは誰か特定できないことですが,少しまとめ直して掲載します。

・心の中が,水で洗い流されたようだ。
・その日の夜に,月夜の夢を見た。とても温かい,懐かしい感触の夢だった。


□守護霊が霊的な力を送ればいいのでは?

私が相談者の守護霊に促されて祈祷するよりも,その守護霊が相談者に霊的な力を送れば済むのではないか,何で人間がするのか,ということです。私として,その結論は出ていません。ただ,こうではないかという理由を書きます。

このブログで過去に「エネルギーの周波数」で書きましたように,生きている人間とあの世の霊とでは,周波数が違います。人間に作用するエネルギーは,同じ人間が発するエネルギーが周波数が近く,適しているからではないかと思います。

あるいは,私の修行のために,促されているのかもしれません。

その10を掲載しました(ファイル名はpart9.htmlです)。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/02/part9.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2013年1月24日木曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その8


その7はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/10/part7.html

その8も,Q&A形式で話を進めます。なお,ここで取り上げている事例は,経験をもとに作成した,架空の話です。


□スピリチュアルな能力を使う目的は

私のスピリチュアル人生相談では,相談者の守護霊からのメッセージを伝えたり,相談者を霊的な側面が現在どのような状況になっているかをお伝えしています。また,これまでの人生相談で得た経験を合わせて,相談者に最適なアドバイスもお伝えしています。

他でも書きましたが,相談される人が,あるべき人生を送っていただくようになることを,目的として行っています。



□守護霊からの促しがある場合,祈りを捧げることがある

あるべき人生をおくっていただくようになることを目的としていますが,心に,とりわけ潜在意識のレベルで,マイナスの想念が凝り固まっているように存在している場合があります。それの根本的な解決は,本人の取り組みによります。

しかし,相談される方と霊的につながっているときに,その方の魂を高めるように,あるいはその方の魂を癒やすように,祈りを捧げることがあります


以後,この祈りを捧げることを,祈祷(きとう)と呼びます。

※2013.3.26までは別の表記を使っていましたが,更新して「祈祷」に統一しました。

祈祷は,本人の承諾を得た上で,必要を感じたり,相談者の守護霊から祈祷するように促しがあった場合に行うことを原則とします。


現在では,人生相談をお申込みいただいた時点で,祈祷を行うことを本人が承諾したとしています。ご家族に祈祷を行う場合は,事前にご家族に祈祷を行うことを伝えるように,相談者にお願いしています。

その9を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/01/part9.html


□ブログ記事の索引

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html



2013年1月14日月曜日

人生相談(妊娠と流産)その7


その6はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/01/part3.html

今回も,ご相談で説明する事項のうち,一般に公開しても構わないものを選んで取り上げます。



□流産で胎児は苦しみながら亡くなっているの?

お亡くなりになる前後の時点で,胎児と霊的につながったことも何度があります。そのときの感触ですが,全身から次第に力が抜けていき,そのまま安らかに亡くなられているようです。まだ意識が芽生えておらず,感覚も未発達な段階だからです。

この点は,お母さんは気がかりになっています。そのため相談では,前後の状況を詳しく伝えるようにしています。



□次の妊娠で,同じ子が再度宿ったかどうかわかるの?

次の妊娠で同じ子が再度宿ったかどうかですが,その子の意識の感触は記憶しています。全く同じ感触の人で別人だった場合は区別がつきませんが,そういうことは滅多にないので,たいていわかります。

この場合,流産されたときに人生相談を受けて,私がそのお子さんと霊的につながったことが前提になります。


また,少ないケースで必ずとはいえませんが,お母さんの横にいる子の霊から,再度宿ろうとしている意識を感じ取ることで,分かる場合もあります。



その8を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/part5.html
○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2013年1月6日日曜日

人生相談(妊娠と流産)その6


その5はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/12/part2.html

その5の掲載も反響がありました。今回も,ご相談で説明する事項のうち,一般に公開しても構わないものを選んで取り上げます。


□亡くなった胎児は,すぐに天国に戻っていくの?

しばらくはお母さんの周りにいます。その後,天国に戻っていきます。なお,亡くなられると,意識のある状態になります。その段階で,私から亡くなられたお子さんに,母親とのやりとりを伝えますが,「分かっているよ」という返事が返ってくることもあります。

亡くなられたお子さんも,自分が亡くなったことを認識して,前後の状況を分かっている場合があります。



□亡くなった子からのメッセージはあるの?

お亡くなりになるまでは,意識が芽生えていませんのでありません。お母さんの周りにいるときですが,経験上,お母さんへのメッセージはあまりありません。しかし,お子さんの意識は感じ取れます。メッセージがあれば伝え,どのような意識なのかを伝えるのが,相談での回答としています。


□流産は天命といえるの?

これはケースバイケースであり,また非常にナーバスなことです。一般的に言えることはありません。

その7を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/01/part4.html
○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html