2012年12月9日日曜日

人生相談(憑依について)その3

その2はこちらです。
https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/11/part2.html

今回は憑依されやすい人とは,どのような人なのかについて書きます。


□様々な想いを引きずる人

霊が憑依する理由ですが,何かを伝えたい場合と,その人に取り憑くと居心地が良い場合があります。

前者は別に取り上げるとして,後者の場合,霊にとって自分の想念と同じ波長の想念を発しているからです。たとえば,生前からギャンブル好きな霊は,同じギャンブル好きな人間に取り憑きます。

そのため,様々な想いを引きずりやすい人は,それだけ長期にわたって居心地の良い環境を,霊に提供しているといえます。



□マイナスな想いを発する人

憑依では,精神的な境地の高い霊が取り憑くことは少なく,そうでない霊が取り憑くことが多いです。

そのため,ネガティブな想いを発している人に,憑依が多い傾向があります。


□やたら同情してしまう人

可哀想なものごとを見て,同情することは誰でもあることです。しかし,これの度が過ぎると,その同情の想念にすがろうと集まってきます。

別の機会に詳しく説明しますが,私は,人に愛情は注ぎ,情けはかけないことを信条としています。


違いが分かりにくいことと思いますが,人に無償の愛情を注ぐことは大切であり,人に可哀想などといった情けは持つべきではないと思います。

結局,憑依を防ぐには,人間の世界の人付き合いと同じです。前向きに生きて過ぎた事は気にせず,誰に対しても愛情を持って親切にすべきだが,同情して相手につけ込まれないようにする,ことが望ましいといえます。

その4を掲載しました。

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/10/part4_26.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html