2012年11月25日日曜日

人生相談(憑依について)その2


その1はこちらです。
https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/11/part1.html

今回はその1で分類した,レベル2について書きます。


□レベル2は

レベル2は,本人と縁のある人の霊の憑依,あるいはレベル1が長期化した憑依のレベルです。

本人と縁のある人には,家族や先祖だけでなく,敵や味方であった人も含まれます。家族や先祖や味方は,気にすることはありません。

問題は敵であった人です。自分に対する恨みの程度が深ければ,レベル3の悪霊の憑依になりますが,そこまではいかず,たとえていえば,にらんだり罵るだけで何もしないような状態で憑依しています。


□悪意のある霊に成仏を願ってはいけない

レベル2ですと,自分の体に重しが載っているような感じなどがして,憑依を何となく感じる場合があります。

成仏を願うことで,そのような霊との関係が解消して離れていくのではないかと思う人もいますが,そのような悪意のある霊に成仏を願うと,その霊にパワーを送るような結果になってしまいます。それは絶対にしてはいけないことです。


これは,悪意がないが憑依が長期化した霊に対しても同じです。


□マイナスの感情を捨て,毅然として生きる

では,そのような霊が憑依している場合,どうすればよいかということですが,恨みやねたみなどのマイナスの感情をできるだけ持たないようにして,自分を人間的に高めていくことです。

それとともに,憑依に対して毅然とした想いをもつことです。

私達は生身の人間ですから,マイナスの感情を持たないことは不可能にしても,できるだけ少なくするようにして,自分を人間的に高めていくことはできます。


それにより,意識の低い霊は(人間もそうですが)憑依できなくなっていきます。

また,同じ想念で集まり,憑依が長期化した霊に対しては,本人がその想念を断ち切ることで,時間はかかりますが離れていきます。


ではその想念は何なのか,は自分では分かりにくく,私との相談内容になります。

しかし,分からなくても毅然とした想いを持つことで,とりつく島がなくなって,いずれは離れていきます。毅然とした想いを持たずに,可哀想にとか,何とかしなければといった想いを持つと,憑依がさらに長期化します。

その1でも書きましたが,そのような霊の供養は専門家に任せればよいです。私達は憑依を気にせず,自分を人間的に高めていく日々を送ればよいのです。


その3を掲載しました。

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/12/part3.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html