2012年10月28日日曜日

人生相談(相談内容について)その5


その4はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/10/part4.html

その1の相談内容の分類にあった,「(4) 何らかの問題が生じて,精神的に消耗している。」についての話です。なお,ここで取り上げる事例は,経験をもとに作った,架空のものです。


□通常ではないレベルの精神的な消耗が理由
精神的に消耗しているとは,体力や気力を使い果たしていることであり,生活に影響がでるほど精神面がダウンしているということです。

精神を消耗させる騒動や事件が,立て続けに起き,体力や気力を使い果たす状況がしばらく続き,自分や自分を取り巻く状況はいったいどうなっているのだろうかという思いが,人生相談への動機になっているものです。


□人生相談を申し込む気になった時期
人生相談(事件や騒動によく巻き込まれる)その4 
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/10/part4_22.html
で,次のように書きました。

「そして,そのような人の守護霊からは,現在の状況を説明しないように,との力が加わる場合があります。現在の状況を知ってしまうと,試練にならないからでしょう。

試練が終わるか,ヤマ場を過ぎるまでは,これ以上説明しないようにとの力が加わるケースがあります。」

ここにあるように,精神的な消耗のヤマ場(ピーク)を過ぎるまでは,現在の状況を知らずに生きていくように導く力がかかる場合があります。

その力がかかっている場合,人生相談を申し込むことが,頭に浮かばない,あるいは申し込もうとする気持ちが湧かないように抑えられていることがあります。

逆にいえば,人生相談を申し込むことが頭に浮かんで,申し込もうという気持ちが湧いてきた場合,精神的な消耗のピークを過ぎたことが考えられます。精神的な消耗を十分経験したので,現在の状況を知ることが解禁になったということです。

この場合,人生相談によってこれまでの展開や現在の状況を知ることが,これから人生の次のステージに進む上で必要であることがあります。

たとえば生まれてくる前に,自分に艱難辛苦を課すことと,それにより鍛えられて人前に出る仕事をすることができるようになることを,自分で決めてから生まれてきたとします。そのいきさつを知ることで,今後は人前に出る仕事をするべきであるということがわかり,今後の人生への方向性が見えてきます。


今回の記事は,何のことかわかりにくいところがあるかもしれません。補足して要約すると,次のようになります。

前世の因縁や,生まれてくる前に決めた今生の目的により,今生での試練が計画されます。自分に関するスピリチュアルな状況を知ってしまうと試練にならない場合,その試練が終わるまで(あるいは試練のピークを過ぎるまで),スピリチュアルな状況を知ることが禁じられます。

その場合,スピリチュアルな状況を知ろうと思いついたり,相談する気が起きたということは,試練が終わった(あるいは試練のピークを過ぎた)ので解禁になったといえます。

そして,前世の因縁や,生まれてくる前に決めた今生の目的を知ることが,これからの人生に必要な理解である場合があるということです。

※その6を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/11/part6.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html