2012年10月28日日曜日

人生相談(相談内容について)その5


その4はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/10/part4.html

その1の相談内容の分類にあった,「(4) 何らかの問題が生じて,精神的に消耗している。」についての話です。なお,ここで取り上げる事例は,経験をもとに作った,架空のものです。


□通常ではないレベルの精神的な消耗が理由
精神的に消耗しているとは,体力や気力を使い果たしていることであり,生活に影響がでるほど精神面がダウンしているということです。

精神を消耗させる騒動や事件が,立て続けに起き,体力や気力を使い果たす状況がしばらく続き,自分や自分を取り巻く状況はいったいどうなっているのだろうかという思いが,人生相談への動機になっているものです。


□人生相談を申し込む気になった時期
人生相談(事件や騒動によく巻き込まれる)その4 
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/10/part4_22.html
で,次のように書きました。

「そして,そのような人の守護霊からは,現在の状況を説明しないように,との力が加わる場合があります。現在の状況を知ってしまうと,試練にならないからでしょう。

試練が終わるか,ヤマ場を過ぎるまでは,これ以上説明しないようにとの力が加わるケースがあります。」

ここにあるように,精神的な消耗のヤマ場(ピーク)を過ぎるまでは,現在の状況を知らずに生きていくように導く力がかかる場合があります。

その力がかかっている場合,人生相談を申し込むことが,頭に浮かばない,あるいは申し込もうとする気持ちが湧かないように抑えられていることがあります。

逆にいえば,人生相談を申し込むことが頭に浮かんで,申し込もうという気持ちが湧いてきた場合,精神的な消耗のピークを過ぎたことが考えられます。精神的な消耗を十分経験したので,現在の状況を知ることが解禁になったということです。

この場合,人生相談によってこれまでの展開や現在の状況を知ることが,これから人生の次のステージに進む上で必要であることがあります。

たとえば生まれてくる前に,自分に艱難辛苦を課すことと,それにより鍛えられて人前に出る仕事をすることができるようになることを,自分で決めてから生まれてきたとします。そのいきさつを知ることで,今後は人前に出る仕事をするべきであるということがわかり,今後の人生への方向性が見えてきます。


今回の記事は,何のことかわかりにくいところがあるかもしれません。補足して要約すると,次のようになります。

前世の因縁や,生まれてくる前に決めた今生の目的により,今生での試練が計画されます。自分に関するスピリチュアルな状況を知ってしまうと試練にならない場合,その試練が終わるまで(あるいは試練のピークを過ぎるまで),スピリチュアルな状況を知ることが禁じられます。

その場合,スピリチュアルな状況を知ろうと思いついたり,相談する気が起きたということは,試練が終わった(あるいは試練のピークを過ぎた)ので解禁になったといえます。

そして,前世の因縁や,生まれてくる前に決めた今生の目的を知ることが,これからの人生に必要な理解である場合があるということです。

※その6を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/11/part6.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2012年10月22日月曜日

人生相談(事件や騒動によく巻き込まれる)その4

その3はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/09/part3.html

その3で,「優秀ですが霊的に大きな課題を抱えている人」についての質問がありました。


これは,その2で取り上げた,「魂を磨くために様々な試練が用意されている」人を言い換えたものです。そのような人は,能力が高くて優秀で,精神的にも大人ですが,経験しなければならないことを抱えて生まれてきていますので,そのような表現にしました。

今回はその2で取り上げた,「魂を磨くために様々な試練が用意されている」人が,霊的にどう見えるのかについて書きます。



□穏やかに暮らしたいけど事件や騒動に遭遇する

事件や騒動によく巻き込まれる,そして自分でもなぜか騒動を起こしてしまう人を霊視すると,「魂を磨くために様々な試練が用意されている」人かどうかが,たいていわかります。

そしてそのような人は,霊視で上半身を雲が覆っているように見えます。その雲から発せられるエネルギーが,周囲で事件や騒動を引き起こしたり,あるいは本人に事件や騒動を起こさせたりします。

そして,対立や裏切り,意外な人の助け,などを経験し,最後は辛うじて,本人の思い通りの結果や本人が勝つ結果になります。毎回そのパターンで,事件や騒動が繰り返されます。


ではそのような人は不運な人生かというと,そうではありません。最後は本人の思い通りの結果や本人が勝つ結果になることからわかるように,そのような人は守護の力も強いからです。


ですから,事件や騒動を引き起こす力が本人に加わる一方で,それを解決しようとする力も,入れ替わりで本人に加わります。ですから,自分には神と悪魔の両方の力が交互に加わっているようだ,と感じる人もいます。


そして,そのような人の守護霊からは,現在の状況を説明しないように,との力が加わる場合があります。現在の状況を知ってしまうと,試練にならないからでしょう。試練が終わるか,ヤマ場を過ぎるまでは,これ以上説明しないようにとの力が加わるケースがあります。

そのような人との人生相談では,これまでに至った状況や,大まかな人生のパターンを中心に説明するようにしています。そして,それが本人の背中を後押しする,有益なメッセージになります。



□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html

○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html




2012年10月13日土曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その7


その6はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/08/part6.html

その7も,Q&A形式で話を進めます。なお,ここで取り上げている事例は,経験をもとに作成した,架空の話です。



□スピリチュアルな能力を使うと体力は消耗しますか

体力というよりは,集中力を消耗します。つまり人生相談が終わった後は,試験を受験した後のように,軽い放心状態になります。

霊視にしても,守護霊とつながることにしても,集中した状態を維持します。そのため,試験を受験しているのに近い状態になります。



□能力を保つことで注意していることはありますか

2点あります。1つ目は,コンスタントに運動して,体力を維持することです。勉強もそうですが,体力を高めることで集中力も高まり,成果があがります。そのため,健康維持の目的もあって,フィットネスクラブに毎日のように通って運動しています。

2つ目は,自分の精神状態について,ベストコンディションを保つことです。私も生身の人間ですから,気分が変わることもあれば,何かで後悔することもあります。それを無くすことはできませんが,できるだけ減らすようにしています。


映画のスター・ウォーズで,ジェダイマスターのヨーダが,「恐怖(不安や恐れ)は,フォースの暗黒面につながる」という台詞が出てくるシーンがあります。


ジェダイは,フォース(念力のような,架空のエネルギー帯)の使い手で,精神的な境地を高めるために訓練を積んだ自由と正義の守護者という設定です。

不安や恐れはマイナスの感情であり,一時的ならともかく,積み重なっていくと,その人の人生もおかしくなっていくことを暗示した台詞といえます。

その8を掲載しました。

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/01/part8.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2012年10月6日土曜日

人生相談(相談内容について)その4


その3はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/09/part2_30.html

その1の相談内容の分類にあった,「(3) 何らかの判断を迫られている。」についての話です。

なお,ここで取り上げる事例は,経験をもとに作った,架空のものです。


□自分の人生は自分で決断すべきだが
言うまでもないことですが,自分の人生は,自分で決断して生きていくべきものです。しかし,どうすればよいかで判断に迷うことは,生きていれば何度か生じます。自分で決断すべきことは分かっているが,その判断材料が欲しい,という相談です。

たとえば,結婚を申し込まれたがこれに応じるべきか悩んでいる,とか,新しい事業や新しい活動に進出しようと思うが判断がつきかねている,といった相談です。

このような相談で,私がその人の守護霊様(以下,守護霊と省略)につながり,メッセージを得ようとすると,たいていは,Yes/Noの返事はないものの,何らかの判断につながるメッセージがあります。

□守護霊からのメッセージは順を追って届く
初めての人と相談を開始して,守護霊とつながると,最初はいろんなメッセージが私に届きます。これまで伝えたかったことがいくつもあって,それを伝える機会ができたので,まとめて伝わったということです。

しかし,相談を進めていくと,メッセージは次第に少なくなっていきます。たとえば最初に,その人の前世に関することがメッセージで伝わり,次に,今生での人生の展開についてのメッセージが伝わり,そして,今後についてのメッセージが伝わる,といったように順を追って伝わります。

しかし,今後についてのメッセージが伝わると,それ以降はメッセージは伝わらなくなります。これは,伝えるべきことは順を追って伝えたので,伝えることはもうないということです。

また,スピリチュアルなことへの依存症になったような人からの相談ですと,メッセージは全く伝わってきません。伝えることはすべて伝えたので,あとは自分で判断して生きていきなさい,ということです。

その場合でも,依存症を克服して自分で判断して生きていけるようになり,その後で人生の岐路に立ったことで相談に来られた場合は,守護霊からのメッセージが届きます。

※その5を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/10/part5.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html