2012年9月30日日曜日

人生相談(相談内容について)その3


その2はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/09/part2.html

その1の相談内容の分類にあった,「(2) 何らかのダメージを受けた」についての話です。なお,ここで取り上げる事例は,経験をもとに作った,架空のものです。


□あの世とつながっているような痛みを感じる
最初に言っておきますが,ダメージ(ショック)を受けたことからの回復では,まず,心理カウンセリングか心療内科で相談することが適切なケースが一般的です。

心理カウンセリングで,顕在意識や潜在意識に入り込んだダメージをとらえていくことで,解決する場合があります。

また今は,PTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状を和らげる薬がありますし,フラッシュバック(過去の出来事が脳裏をよぎる現象)を抑える薬もあります。

それらの対象ではなく,たとえばダメージによる痛みがこの世のものではなく,あの世とつながっているような痛みだ,とか,ダメージの人生における意味をとらえたい,といった相談を対象としています。

あの世とつながっているような痛みというのは,何のことか分からない人も多いと思います。これは,わかる人にしか分からない痛みです。

□前世で起きた事件が立場を変えて再現
あの世とつながっているような痛みですが,その原因はケースバイケースで,守秘義務から具体的な内容は書けないです。

よくあるのは,前世であった事件が原因であり,今生でその事件が起きた年齢に達したときに,同様の事件がなぜか起きて,前世の事件が立場を変えて再現されるケースです。

いずれにせよ乗り越えていく必要がありますが,その事情を詳しく知ることで,より効果的に対処できる場合があります。


□人を許さないことが自分にはね返っている
それ以外で,あの世とつながっているような痛みとして,人を許すことができない気質の人が,自分の失敗によるダメージを許さず,いつまでもダメージを引きずる場合があります。

つまり,他人の失敗やいい加減さを許さない気質が,自分にも向けられて,自分の失敗をいつまでも苦しめるというケースです。

この痛みは,自分で自分を狙っているような痛みですので,異質さを感じる傾向にあります。対処ですが,人を許すことや,済んだことは済んだこととして気にしない考えを持つことで,次第に抜け出すことができます。

ただし,これを言うのは簡単ですが,実行は難しいです。それを,どう無理なく持って行くかが相談内容になります。


□ダメージの意味
事件が起きてダメージを受けた場合,その事件が人生の次のステージに進むためのきっかけである場合があります。また,何らかの試練である場合もあります。

これも,乗り越えていく必要があるにせよ,その事情を詳しく知ることで,より前向きに生きていける場合があります。

※その4を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/10/part4.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html